一括見積もりサイトに登録したら訪問見積もりを行う

ちゃんと訪問見積もりしてる?引越し一括見積もりと併せて料金を抑えるコツ!

引越し作業員の「ひこしお」です。

引越し一括見積もりサイトへ登録したら、業者に訪問見積もりを依頼していますでしょうか。一括見積もりでは最安値の業者を簡単にチェックできますので、訪問見積もりの必要性を薄く感じているかもしれません。ただ業者訪問を断ることは凄く損な選択と言えます。

そこで今回の記事では、一括見積もりサイトを利用した場合でも訪問見積もりが必要な理由や、値引き交渉を優位に進めるコツについて詳しくご紹介していきます。

一括見積もりサイトを活用して最安値で引越しをするためにも、訪問見積もりは重要なステップです。ぜひ要点を押さえて、効率的に業者と価格交渉を進めてくださいね。



一括見積もりサイト登録後は業者訪問で詳細を詰めよう!

一括見積もりサイトでは複数の業者から見積もり金額を提示していただけるのに、訪問見積もりを依頼するメリットはあるのでしょうか。結論から申し上げると、引越し料金を安くするために訪問見積もりは必須です。この章ではその具体的な理由をご説明していきます。

訪問見積もりで引越しの料金が安くなる!

引越し業者は一括見積もりサイトに登録された荷物の情報をもとに料金を計算します。ただ正確に物量を確認できないため、荷物の量に少し余裕を持たせた料金計算となり、割高になってしまう恐れがあります。

例えばトラックのサイズに余裕を持たせて、ワンランク大きなトラックを手配されてしまうと、それだけで料金も高額になってしまいます。

訪問見積もりを依頼すれば、引越し業者は正確に物量を計算できます。このため料金計算にマージンを持たせる必要もなく、その分だけ割安になる傾向があるのです。

また業者が訪問することで、値引き交渉ができるようになります。値引き交渉のコツは後半でまとめていますので、そちらもご参考にしてくださいね。

単身パックは訪問見積もり不要!

唯一例外として、単身パックなら訪問見積もりは不要です。

単身パックの場合、引越し業者が用意する専用コンテナに荷物を入れて運搬する流れになります。単身パックはコンテナに入りきる荷物しか運搬いたしません。このため物量を確認する必要がないのです。

またコンテナ毎に料金が設定されていますので、訪問見積もりで値引き交渉をすることも難しいです。単身パックでも業者ごとに料金設定やコンテナサイズが若干異なりますので、一括見積もりサイトを利用して比較してみてくださいね。

一括見積もりから業者訪問までの流れ!

初めて一括見積もりサイトを利用する場合、訪問見積もりまでのフローが気になりますよね。業者訪問までのステップは下記イメージの通りですので、一括見積もりの前に事前チェックしておきましょう。

引越し一括見積もりサイトに情報を登録!

まずは引越し一括見積もりサイトに荷物料や住所、電話番号、メールアドレスなどの基礎情報を登録します。引越し一括見積もりサイトにはたくさんの種類がありますが、ここではおすすめなサービスを2つご紹介したいと思います。

業者とすぐに電話でコンタクトを取りたい方は、最大10社に見積もり依頼できる「引越し価格ガイド」がおすすめです。

引越し業者からの電話なしで料金比較をしたい方は、引越し侍の「今すぐネットで料金比較」がおすすめです。

引越し一括見積もりサイトの特徴や選び方は『絶対に後悔しない!引越し一括見積もりサイトの選び方とおすすめランキング!』で詳しく特集していますので、こちらも併せてご参考にしていただければと思います。

引越し業者と訪問見積もりの日程を調整!

「引越し価格ガイド」などの一括見積もりサイトに登録をすると、業者からすぐに電話がかかってきます。業者から「訪問見積もりをしたいのですが、ご都合はいかがでしょうか」と聞いてきますので、都合の良い日を提示してくださいね。

一方で引越し侍の「今すぐネットで料金比較」のような一括見積もりサイトでは、電話番号を入力せずに料金比較できるため、業者から連絡がくることはありません。「今すぐネットで料金比較」で業者訪問を依頼する時は、料金比較画面の「Web予約」から進んでいきます。もちろんこれは本契約ではありませんので、安心してWeb予約へ遷移できますよ。

訪問見積もり当日の流れ!

初めて訪問見積もりを経験される方にとって、当日にどのような流れになるか気になりますよね。引越し業者によって多少の違いはありますが、概ね下記の流れで進行していきますので、事前に予習しておきましょう。

引越しの荷物量の確認!

訪問見積もりでは、お部屋の荷物を入念に確認していきます。営業担当マンが各部屋に入室して確認していきますので、事前にお部屋を片付けておくと良いかもしれませんね。

見られたくない荷物がある場合は、トイレやお風呂に仮置きしておけば問題ありません。営業マンに「ここはお風呂なので入室はご遠慮願います」と伝えれば、無理に入ることはありません。トイレや風呂の荷物量はどの家庭でも大差ないですので、見積もり金額に影響を与えることもないです。

またエアコンの移設有無や不用品の回収有無なども確認されますので、事前に対応を決めておきましょう。ちなみに引越し業者に不用品を回収してもらうと、割高になる可能性があります。不用品は不用品回収業者に引き取ってもらった方が安い可能性がありますので、専門業者に見積もりをとられることをおすすめいたします。



自社の宣伝PR!

こちらは意外な情報かと思いますので、驚いた方もいらっしゃるかもしれません。

訪問見積もりでは、自社の宣伝PRの説明も受けることになります。例えば「顧客満足度がNo1です」とか「他業者よりも1円でも高ければ相談してください」と言った自社の強みが説明されます。

引越し業者によって宣伝内容は異なりますが、大半の業者は自社の宣伝タイムを設けているはずです。自社パンフレットが用いて説明されることが一般的ですが、中にはパソコンに映像を映して説明する業者もありますよ。

見積もり金額の提示!

自社宣伝が終わると、いよいよ見積もり金額が提示されます。見積もり書は手書きの場合が多いですが、大手引越し業者の中には、携帯用のプリンターを持参して出力する会社もあります。

見積書は、他社と価格交渉をする際の貴重な資料となりますので、契約意向のない場合も捨てずに保管しておきましょう。

また引越し料金の値引き交渉はこのタイミングを利用して行いましょう。詳しいテクニックは次章でご確認くださいね。

契約時はダンボールなどが配布される!

見積もり内容を承認して契約を結んだ場合、引越し業者からダンボールやガムテープなどの資材が提供されることが多いです。引越しの荷造りは少しでも早く進めたいものですので、このタイミングでダンボールを提供してくれるのはありがたいですよね。

ただし契約を結んでいないのにダンボールを置いていくと言われた場合は注意してください。こうした業者は、ダンボールを置いていくことで強引に契約を取ろうとしています。

また契約を結ばなかった場合は、ダンボールを返却するように求められる可能性もあります。未契約の段階でダンボールを受け取ってしまうと、面倒な手続きが発生してしまう可能性もありますので、気をつけていただければと思います。

訪問見積もりで引越し業者から値引きを引き出すコツ!

訪問見積もりは引越し業者との値引き交渉の山場とも言えます。営業マンは1日に何件もの見積もりをしていて交渉慣れしていますので、無策に挑んでも思うような成果を得られないかもしれません。

この章では、引越し業社から値引きを引き出すコツを見ていきましょう。

即決価格がある場合は提示しよう!

引越しの値引き交渉は、お客様と営業マンとの駆け引きの連続とも言えます。お互いに手の内を見せたくないため、引越し業者からいきなり大胆な金額が提示されることは少ないと思います。

そこでこちらから「○万円以内なら契約します!」とボーダーラインを提示する方法をおすすめしたいと思います。

もちろん提示金額は、相場の範囲内で安値の金額に設定することがポイントです。引越しの料金相場は、上でご紹介した引越し侍の「今すぐネットで料金比較」を使ってチェックしておきましょう。

このように発信することで、引越し業者は引き受けるか否かの2択の選択に迫られます。面倒な駆け引きを行うことなく、大胆な価格を引き出すコツでもありますので、ぜひご活用していただければと思います。

複数の引越し業者に見積もりを取っていることを伝えよう!

営業マンは、できることならその場で契約を結びたいと思っています。「今契約していただければ○万円値引きします!」なんて落とし文句を使ってくるかもしれません。

とは言え、こちら側としては複数の引越し業者に相見積もりを取って、少しでも安い業者を探したいですよね。

そこで「他にも〇〇引越しセンターや△△引越し社に見積もりを依頼していますので、この場での契約は考えていません。御社も含めて、最安値の業者に依頼しようと思っています。」などと牽制を交えながら伝えましょう。

こうすれば強引に契約に迫られる心配もありません。また営業マンから「他社よりも高い場合は勉強しますので、ご連絡ください」なんて言ってもらえる可能性も十分に期待できます。

本命の引越し業者には最後に訪問してもらおう!

〇〇引越しセンターにお願いしたい!と思っている会社がある場合は、その会社が最後になるように訪問見積もりの順番を組み立てましょう。

既に数社分の見積書が溜まっているはずですので、それを材料に値引き交渉をしやすくなります。具体的な交渉術としては「サービス品質や口コミの良い御社にお願いしたいのですが、料金が少し気になります。もう少し安くなりませんでしょうか」と言った内容を伝え、値引きできないか相談してみましょう。

単に「安くして」と伝えるよりも、競合他社の見積書が手元にあった方が断然交渉しやすいです。見積もりの順番も上手に工夫して、本命の会社から最大限の値引きを引き出してくださいね。

担当営業マンへの印象を良くする!

営業マンは値引きの裁量権を持っているため、この範囲内であれば独断で値引きを行えます。また裁量を超える場合でも、上司と相談して値引きに応じてくれる場合もあります。

このように引越し料金を値引きしてくれるか否かは、その営業マンの意向次第と言えます。それだけに営業マンへの印象は、少しでもよく取り計らうに越したことはありませんね。

印象を上げるコツとしては、営業マンの話をしっかり聞いた上で、上記のような値引き交渉をすることです。営業マンの話を遮り、一方的に「安くして」と伝えるだけでは営業に嫌がられますので、注意が必要です。

またスリッパを用意したり、飲み物を出すなどのちょっとした気遣いができると、なおさら良いかと思います。

営業マンも人間ですので、心情次第で判断も変わってきます。営業マンに印象良く接して、目一杯の値引きを引き出しましょう。

引越し業者に訪問見積もりを依頼するときの注意事項!

訪問見積もりを依頼するときは注意すべきポイントもございます。このポイントを知らないと、引越し業者からの心象を損ね、価格交渉に応じてくれない可能性もありますので、絶対に気をつけてくださいね。

同じ時間帯に複数の引越し業者を招くのは厳禁!

複数の業者に訪問見積もりを依頼するにはそれなりの時間を要します。仮に1社1時間と仮定しても、3社から見積もりを取れば3時間は必要な計算になります。それだけに全業者一括で訪問してもらいたい思われる方もいらっしゃるかと思います。

ただ訪問見積もりは1社1社個別で行うようにスケジュール調整してください。引越し業界では、他業者が訪問している間は干渉しないことが暗黙のルールになっています。

お客様との約束の時間に訪問したのに他業者が見積もりしていては、その業社も困惑してしまいます。これでは業社からの心象を悪くしてしまうのも仕方ありません。

お客様が引越し業社を選ぶように、引越し業社もまたお客様を選んでいます。訪問スケジュールの決め方で値引きのチャンスを犠牲にすることのないように、くれぐれも気をつけていただければと思います。

引越しの荷物量は明確にしておく!

訪問見積もりでは必ず荷物の量を明確にしておきましょう。家具・家電の買い替え有無はギリギリまで判断が悩ましいと思いますが、業者訪問までには決着をつけるようにしてください。

もちろん引越し業社も商売ですので、例えば冷蔵庫がある場合と無い場合で、それぞれの見積もりを計算してくれるかもしれません。ただ値引き交渉を進めることを想定すると、これは著しくマイナス要因です。

引越しの荷物量が変わると、トラックのサイズも変わる可能性がありましたね。荷物量が保留のままでは、業者も引越し当日の段取りを組むことができません。これでは値引き交渉の土台に立つことは難しいと言わざるを得ません。

引越し一括見積もりを完了したら業者の訪問スケジュールを立てよう!

いかがでしたでしょうか。一括見積もりサイトを利用すれば、最安値の業者を簡単に発見できます。そこに加えて訪問見積もりを依頼すれば、さらなる値引きを期待することもできます。

業者も訪問見積もりを望んでいますので、Win-Winの関係になるためにも、ぜひ業者訪問を受け入れてくださいね。訪問見積もりは価格交渉の山場とも言えます。上では業者から値引きを引き出すコツをたくさんご紹介していますので、ぜひご活用ください。

それでは一括見積もりの後は業者訪問のスケジュールを組み立てて、より安く引越しを完了してくださいね!