引越しの見積もりで聞かれること

引越しの見積もりで聞かれることはコレ!典型質問10パターン掲載!

引越し作業員の「ひこしお」です。

見積もりで聞かれることを知っていれば、急な質問に困ることもありません。またスムーズに受け答えすることで、営業スタッフから引越し慣れしていると思われ、足元を見られる心配も無くなります。

見積もりで聞かれることは、どの引越し業者も殆ど同じです。そこで今回は、引越しの見積もりで聞かれることをを詳しくご紹介していきます。

引越しを無事に終えるためにも見積もりは重要なポイントですので、ぜひご参考になさってくださいね。

引越しの基本情報!

見積もりを依頼すると、まずは引越しの基本情報から聞かれることになります。実際に聞かれることは下記にあげていますので、事前にチェックしておきましょう。

引越し予定日

当然ではありますが、引越しの予定日は必ず聞かれることです。すでに明確な日付が決まっている場合は、その日程を伝えましょう。日程は第1希望、第2希望、第3希望くらいまで提示すると、より調整がスムーズになります

まだ漠然とした日程しか決まっていない場合は「○月に引越し予定です」と伝えれば問題ありません。

特に日程にはこだわらず、とにかく引越し料金を安くしたい方は「○月○日から○月○日までの間で、一番料金が安くなるタイミングでお願いします」などと伝えると、引越し業者が調整してくれますよ。

新居の住所

新居の住所も必ず聞かれることです。引越し業者は、住所情報を元に移動距離を計算し、見積もりの料金を算出しています

まだ新居が決まっていない方の場合は、「○○市に引越し予定」と伝えれば、一応は問題ありません。新居が正式に決まったら、すぐに引越し業者と連絡を取るようにしてくださいね。

引越しの荷物量

荷物の量に応じて、トラックのサイズや台数が変わってきます。また荷物の量は、引越し料金とも密接な関係がござます。そのため見積もりでは、荷物について細かく聞かれることになります。

そこで見積もり前に「引越しの荷物」と「処分品」を明確にしておきましょう。特にタンスや冷蔵庫などの家具・家電は料金を大きく左右しますので、曖昧な回答にならないように注意してくださいね。

訪問見積もりでは、業者と一緒に家財を確認し、荷物の量を確認していきます。ただ電話見積もりの場合、荷物の量を口頭で伝える必要がありますので、伝え忘れのないように注意が必要です。

荷物の伝え忘れがあると、引越し当日に追加料金を請求されるなどのトラブルが発生する可能性もありますので、気をつけてくださいね。

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの見積もりで荷物を伝え忘れた!なんて困っている方は必見です。「トラックに積み切れるだろうか?」「追加料金が発生する[…]

引越しの見積もりで荷物を伝え忘れる

希望の時間帯

引越しの時間帯は、大きく分けて「午前便」「午後便」「フリー便」の3種類ございます。

午前便は朝9:00頃から作業開始になるプランで、一番人気です。午後便は、昼過ぎから夕方頃にかけて作業が行われます。

フリー便は、上記の便が終了次第、作業開始になるプランです。直前まで何時スタートになるか分かりません。大抵の場合は夕方までに作業が始まりますが、夜遅くまで業者が来ないケースもあります。

そして引越し料金との関係性は、午前便→午後便→フリー便の順番に安くなります。見積もりでは引越しの時間帯も聞かれることになりますので、ご都合と料金を天秤にかけ、どの時間帯を希望するか決めておくと良いですね。

新居の物件情報!

新居の物件情報に関しても詳細に聞かれることになります。代表的な質問パターンは下記の通りですので、答えられるように準備しておきましょう。

トラックの駐車可否

新居に荷物を搬入する上で、トラックの停め場所は非常に重要です。理想を言うなら、トラックは建物にベタ付けして駐車したいところです。

そのため「建物周辺の道路事情」は聞かれることになります。具体的には、道路の道幅や通行量などの質問が予想されます。

建物付近にトラックを駐車できない場合は、作業員の増員などの対応が必要になりますので、大事なポイントです。

エレベーターの有無

マンションやアパートに引越しされる方は、エレベーターの有無も聞かれることになります。

エレベーター無しの物件では、作業工数を多めに計算したり、作業スタッフを増員するなどの対応が必要になります。このため見積もり料金も多少割高になる傾向にあります。

エレベーター無しの引越しの料金相場は『エレベーターなしの引越しの料金相場はどのくらい?注意点も解説!』で詳しくまとめていますので、該当される方はこちらもご参考になさってくださいね。

間取り

新居の間取りも聞かれることになるかもしれません。間取り図があれば、それを提示してあげるのが理想的です。すでに家具の配置が決まっている場合は、間取り図に記載して渡しておくと、当日の引越し作業がスムーズに行われます

戸建て物件の場合では、キッチンが何階かも聞かれることです。キッチンが2階の場合、冷蔵庫の吊り上げ作業が必要になる可能もあるからです。冷蔵庫の吊り上げが必要な場合は、見積もりでその旨を伝えておくことで、作業料金を安くできる可能性があります。

詳しくは『冷蔵庫の吊り上げ料金はどのくらい?相場や格安にする方法を総まとめ!』で解説しています。冷蔵庫の吊り上げ作業が必要か判断するセルフチェックポイントも掲載していますので、ぜひご参考になさってください。

オプションサービスの有無!

引越しの見積もりでは、オプションサービスの有無も聞かれることです。下記に代表的なオプションサービスを掲載していますので、見積もり前に必要有無を判断しておきましょう。

荷造り・荷解き代行サービス

引越し業者は、荷造りや荷解きの代行サービスを実施しています。このサービスを利用すれば、面倒な荷造り・荷解きを行う必要はありません。

荷造りサービスを依頼すると、引越し前日までに梱包スタッフが派遣されて対応してもらえます。もちろん料金は有料ですが、荷造りが大変と言う方にはおすすめなサービスです。

もちろん引越し料金を安くしたい方には不要ですので、断ってくださいね。

エアコンの脱着作業

これは荷物にエアコンが含まれる方を対象にしたサービスです。エアコンの引越しは、「電気屋がエアコンの脱着をし、引越し屋が運搬する」流れになります。

そのためエアコンの脱着作業はオプションサービスになっています。このオプションを利用すれば、引越し業者が電気屋さんを手配してくれますので、ご利用される方も多いサービスです。

ただ当然ですが、引越し業者は仲介手数料を取っているため、少々割高になっています。エアコンの脱着料金を安くしたい場合は、ご自分で電気屋さんを手配する方法もおすすめです

自分で電気屋さんを探すのは大変という方でも、「エアコンサポートセンター」などのサービスを利用すれば、最安値の業者を簡単にチェックできますよ。

関連記事

引越しの際にエアコンの移設を検討している方も多いかと思います。その際に気になるのがエアコンの移設料金です。エアコンの引越し料金は案件[…]

エアコンの引越し料金

不用品の処分

引越しを機に、冷蔵庫やタンスなどの家具・家電を処分される方もいらっしゃると思います。

一部の引越し業者では、こうした不用品の処分を引き受けるサービスを実施しています。そのため見積もりで「不用品は弊社で処分しましょうか?」と聞かれることがあります。タンスや冷蔵庫は粗大ゴミで処分するのも大変ですので、引越し業者が引き取ってもらえると助かりますよね。

ただ不用品を処分する際は、不用品回収業者に依頼した方が格安で引き取ってもらえる可能性は高いです。不用品処分費用の一括見積もりサイトもございますので、事前にこちらを利用して比較してみるのもおすすめな方法ですよ。

見積もりで聞かれることを整理しよう!

いかがでしたでしょうか。引越しの見積もりで聞かれることは確認できましたでしょうか。

見積もりの際は、荷物量や新居情報を中心に聞かれることになります。特に荷物量は引越し料金を左右しますので、見積もりを受ける前に明確にしておきましょう

また新居の搬入方法についても聞かれる可能性は高いです。できれば上記の内容に答えられるように事前準備しておくと完璧ですね。

それでは引越しの見積もりで聞かれることを整理して、万全の準備で見積もりに備えてくださいね。

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの訪問見積もりを依頼したけど、お部屋が汚くて大丈夫かな?と不安に感じている方は必見です。ネット上では「部屋[…]

引越しの訪問見積もりで部屋が汚い場合の悪影響