引越しで冷蔵庫を処分

知らないと大変!引越し屋おすすめの冷蔵庫の処分方法とは?

引越し作業員の「ひこしお」です。

引越しを機に冷蔵庫を新調するなどして、古くなった冷蔵庫を処分される方もたくさんいらっしゃると思います。

冷蔵庫は家具の中でも特に大物ですので、処分するのも大変なイメージをお持ちではないでしょうか。冷蔵庫は粗大ゴミで処分できないことも悩みの種かと思います。

そこで今回の記事では
  • 冷蔵庫の処分と家電リサイクル法
  • 引越しの際に冷蔵庫を処分するおすすめな方法
などについて詳しく解説していきます。

手間をかけず、そして格安で冷蔵庫を処分する方法をまとめていますので、自分の引越しにあった選択肢を探してみてくださいね。

冷蔵庫の処分と家電リサイクル法について!

冷蔵庫を処分する際は「家電リサイクル法」という法律を押さえておく必要があります。

冷蔵庫には、レアメタルを初めとした貴金属類が使用されています。これらは希少物質ですので、処分の際に冷蔵庫から取り出して再利用することが一般的です。

ただ、この作業は適切な方法で行わないと、環境破壊物質が流出する危険性あります。

このため冷蔵庫のリサイクルは、公的機関から認可を受けた専門業者で行わなければならず、その際に発生する費用は、冷蔵庫の処分者が負担するという決まりがあるのです。

これが家電リサイクル法です。

冷蔵庫の処分(リサイクル)に発生する費用は、そのサイズに応じて下記の通りです。

内容量170L以下171L以上
料金3,740円4,730円

引越しで冷蔵庫を処分する際は、上記の金額に加えて作業量や運搬料が加算されますので、頭の片隅に入れておいてください。

引越しで不用になった冷蔵庫を処分するおすすめな方法2選!

インターネットで検索すと、冷蔵庫の処分方法は何通りも出てきますが、正直に言って、あまり現実的ではない方法も散見されます。

そこで引越し経験豊富な筆者がおすすめしたい処分方法を厳選して3つご紹介させていただきます。

引越し業者に冷蔵庫を処分してもらう!

引越し業者の中には、不要になった冷蔵庫の処分を引き受けてくれる業者が存在します。荷物を運ぶと同時に冷蔵庫も処分してくれるので、時間も手間も節約できて効率的ですよね。

ただ全ての引越し業者が冷蔵庫の処分を引き受けてくれる訳ではございませんので、その点は注意が必要です。

冷蔵庫の処分には上で紹介した「家電リサイクル法」が影響しているので、対応できる業者は限られてしまうのです。

ちなみに大手引越し業者で冷蔵庫の処分に対応したおすすめな業者として「サカイ引越センター」をご紹介しておきます。

サカイは値引き交渉にも応じてくれやすく、冷蔵庫の処分も含めた引越しのトータル料金でかなりの値引きを期待でき、個人的に一番おすすめな方法です。

関連記事

引越し業界大手のサカイでも、値引きのコツさえ掴んでおけば、驚くほど簡単に値引きを引き出せます。ひこしおこんにちは。元サカイ営業マンの「ひこしお」です。今回は、サカイ引越センターから値引きを引き出す[…]

サカイ引越センター

新品の冷蔵庫を購入したお店に処分を依頼する!

引越しを機に冷蔵庫を新品で購入される方もいらっしゃるかと思います。この場合、新しい冷蔵庫を購入した小売店に、古い冷蔵庫の処分を依頼することも可能です。

もちろん、作業料金や運搬料金は別途発生してしまいますが。。。

ただ小売店の運搬業者は、引越し作業員ほど専門スキルを持っていませんので、条件によっては「搬出できない」と断れてしまう可能性もあり、注意が必要です(窓の脱着※・吊り下げ作業など)。

※引越し業者にとって窓の脱着は日常茶飯事ですが、再取り付け時の立て付け調整が必要なため、小売店の業者では対応してくれない場合があります。

そこで小売店を活用した上手な冷蔵庫の処分方法をご紹介いたします。

まず引越し業者に処分予定の冷蔵庫をご新居まで運搬してもらい、小売店が新品の冷蔵庫を新居に持ってきたタイミングで、処分する冷蔵庫を回収してもらう方法です。

処分予定の冷蔵庫は屋外や玄関・窓のすぐそばに置いておくと、小売店の業者もスムーズに作業できるかと思います。

この際は事前に引越し業者と小売店の双方に段取りを説明しておきましょうね。

冷蔵庫を処分するなら引越し業者の選び方が大事!

引越しで冷蔵庫を処分する場合、いずれのケースでも引越し業者を上手に活用することがポイントでした。

特に冷蔵庫を引越し業者に引き取ってもらう場合は業者が限定されますので、より一層、業者選びが大切です。

そこで引越し業者の上手な選び方をご紹介していこうと思います。

ニーズにぴったりな業者が見つかる「引越し一括見積もりサイト」!

引越し業者を探す時は、同時に複数の業者へ見積もりを依頼できる「引越し一括見積もりサイト」を利用することをおすすめいたします。

1度の見積もりで複数の業者と連絡を取れますので、ご希望の処分方法に対応できる業者を簡単に探し出せます

またそれぞれの業者の料金を比較すれば、冷蔵庫の処分代金を含めた総額でも、引越し料金を安く済ませられます。

引越しを成功させる必須ツールといっても過言ではありませんね。

おすすめな引越し一括見積もりサイト3選!

一言に「引越し一括見積もりサイト」と言っても、たくさんの種類がございます。以下に、それぞれの特徴を踏まえ、おすすめな「引越し一括見積もりサイト」を3つご紹介していますので、ぜひご活用なさってくださいね。

SUUMO引越し見積もり

SUUMO引越し見積もり

「引越し一括見積もり」は電話が殺到して大変だから嫌だ!という意見をよく聞きます。

たくさんの業者から連絡をいただけるのはメリットでもあるのですが、状況や時間帯によっては、逆に迷惑に感じてしまうこともありますよね。

SUUMO引越し見積もり」は、業者とのやりとりをメールで済ませることができます。これらな「業者からの電話が鳴り止まない!」なんて不快な思いをすることもありません。

面倒な電話対応をせずに業者と連絡を取れる大変人気のサービスになっていますので、ぜひご活用してみてはいかがでしょうか。

ズバット引越し比較

引越し一括見積もりサイトは荷物リストにチェックを入れるのが面倒だから嫌だ!といった方もいらっしゃるかと思います。

ズバット引越し比較」は、面倒な荷物リストにチェックを入れることなく、業者に見積もりを依頼できる大変便利なサービスです。

単身引越しの電話見積もりを除き、業者の営業マンが訪問見積もりに来てくれますので、荷物リストにチェックを入れる必要性は少ないと感じます。

最短1分程度で一括見積もりを依頼できる便利なサービスですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

引越し価格ガイド

引越し価格ガイド

冷蔵庫の処分料金も含めた総額で引越し料金を安くしたい場合、少しでも多くの引越し業者から見積もりを取り、料金を比較することがポイントになってきます。

そんな方へは、登録業者数NO1の「引越し価格ガイド」がおすすめです。1度の見積もり依頼で最大10社程度から連絡が来ますので、それだけ料金が安くなる可能性も高くなると言えますね。

引越し価格ガイドは運用年数や利用実績もトップクラスの老舗サービスですので、安心してご利用いただけますよ。

冷蔵庫の処分でお勧めできない方法!

インターネット上には下記のよな処分方法も掲載されていますが、個人的にはあまりおすすめできません。

以下にその他の処分方法とおすすめしない理由を簡単にまとめましたので、興味のある方は併せてチェックしてみてください。

冷蔵庫をリサイクルショップに持ち込む!

冷蔵庫が新しめで目立つ傷のない綺麗な冷蔵庫なら、リサイクルショップが買い取ってくれます。

もしリサイクルショップに販売できれば、家電リサイクル費用を負担する必要はありませんし、逆にお金をもらえます。

一見すると素晴らしい方法に見えるのですが、果たしてご自分で冷蔵庫をリサイクルショップまで運搬することは可能でしょうか

単身用の小さな冷蔵庫ですら難しいと思いますが、ましてファミリータイプの大型冷蔵庫を自力で運ぶなんて現実的でないですよね。

トラックを保有しているなどの特殊な状況を除き、あまり考えなくて良い方法かと思います。

冷蔵庫をメルカリやヤフオクで転売する!

メルカリやヤフオクでは冷蔵庫などの家財も販売されています。もし冷蔵庫をメルカリやヤフオクで販売できるのなら、処分費用を負担することなく、逆に収入を得ることができます。

ただ仮に冷蔵庫を出品して購入希望者が見つかったとして、冷蔵庫を運送することができるでしょうか。

やはりこれもなかなか難しい選択肢に感じてしまいます。

不用品回収業者へ依頼する!

冷蔵庫以外にも不用な家具がたくさんある場合は、不用品回収業者にまとめて処分を依頼する方法も有力です。

ですが冷蔵庫1点のみや家具数点で不用品回収業者を呼んでしまうと、費用が割高になる可能性が高く、個人的にはあまりおすすめできません。

不用品回収業者に見積もりを取ってみると、単身用の冷蔵庫で10,000円弱、ファミリー用の冷蔵庫なら15,000円程度の費用を請求されることが一般的と思われます。

引越し業者に処分を依頼することに比べてかなり割高になってしまうのではないでしょうか。

引越しで不要になった冷蔵庫は計画的に処分しよう!

いかがでしたでしょうか。不要になった冷蔵庫の処分方法は見つかりましたでしょうか。

引越しを機に冷蔵庫を処分する場合は、引越し業者に一部または全部を手伝ってもらう方法がおすすめです。

冷蔵庫を直接引き取ってくれる引越し業者が見つかればベストと思いますが、それ以外にも、引越し業者に冷蔵庫を粗大ゴミ置き場まで運んでもらうなどすれば、割安で、手間をかけずに処分できます。

引越し業者を選ぶ際は「引越し一括見積もりサイト」で複数の業者に相見積もりを取ることも大事なポイントでしたね。

引越し日が近くなってから慌てることのないように、計画的に準備していきましょう。