引越し業者へのお礼の飲み物

現役作業員が選ぶ!引越し業者へのお礼におすすめな飲み物ランキング!

引越し作業員の「ひこしお」です。

引越し業者へのお礼として、飲み物の差し入れをご検討されている方もいらしゃると思います。

せっかくの差し入れですから、上手に選んで引越し業者のハートを掴みたいですよね。そうなると引越し屋が欲する飲み物が何か気になりませんでしょうか。

そこで今回の記事では、引越し業者の立場から、作業員が差し入れにもらって嬉しい飲み物をランキング形式でご紹介させていただきます。

作業のお礼に飲み物をご検討されている方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

引越し業者にお礼の飲み物って必要なの?

そもそもの疑問として、引越し業者にお礼の飲み物を渡す必要はあるのでしょうか。

結論から申し上げれば、引越し作業員に飲み物を渡す必要はありませんし、渡さなかったからといって、作業が雑になることはありません

とはいえ、引越し業者のスタッフも人間ですから、お礼に飲み物をいただけると嬉しいですし、辛い作業も頑張りがいがあるものです。

また差し入れに飲み物をいただくことで、お客様と打ち解けるきっかけになり、その後のコミュニケーションが取りやすくなったりもします。

こうした想いがお客様に届いているのか、実際の引越し現場では、約半数程度のお客様から、飲み物やチップなどの何かしらのお礼の品をいただいています。

引越し現場のスタッフからみれば、実にありがたいことです。大変ありがとうございます。

お礼の飲み物の選び方のコツ!

お礼に飲み物をあげるのですから、引越し業者にはガブガブと飲んでもらいたいですよね。

意外かもしれませんが、引越し業者に飲み物を渡せば何でも喜んでもらえる訳ではありません。そこでお礼に渡す飲み物の選び方のポイントをご紹介いたします。

引越し作業員は、基本的に1日分の飲料水(水・お茶・スポーツドリンクなど)を持参しています。

従って、こうしたジャンルの飲み物はすでに持っている可能性が高く、せっかくお客様からお礼にいただいたのに飲まなかった!なんてケースはよくあります。

引越し業者に喜ばれる飲み物の選び方は、ズバリ「持参していないけど、あれば飲みたいもの」です。

その正体は次章のランキングで早速チェックしていきましょう。

引越し業者がお礼にもらって嬉しい飲み物ランキング!

それでは引越し作業員が差し入れにもらって嬉しい飲み物をランキング形式でご紹介していきます。

どれも引越し屋を唸らせる飲み物ばかりですので、ぜひお礼の品に選んでみてくださいね。

第1位 レッドブル

引越しのお礼にもらって嬉しい飲み物といえば、レッドブルが1番人気で間違いありません。

お礼の飲み物がレッドブルだと、移動中の車内で「あのお客様は引越し屋のことが分かっている。神様だ!」なんて会話が盛り上がるものです。

たまに「〇〇引越しセンターで〇年働いていました!」なんていう元業者の方の現場に行くこともあるのですが、大抵はレッドブルの差し入れをいただけます。

「引越し屋への差し入れ=レッドブル」は、業界内で常識レベルで浸透しているといっても過言ではないかもしれません。

第2位 モンスター

レッドブルと同じくらい人気のエナジードリンクとして、モンスターがあります。

引越し作業員の中にも「レッドブルよりモンスター派!」なんて人はたくさんいますし、私もモンスター派です。

そうした意味では、モンスターをお礼の飲み物として渡すことも大変おすすめです。

ただモンスターは、緑・赤・ピンク・青・黄緑・白といった具合に、たくさんの種類(味)に分かれていて、人それぞれ好みのタイプも異なります。

そうした意味で、種類の選択が難しいかもしれません。

とはいえ、モンスターといえば緑が定番ですので、種類に迷ったら、緑を差し入れに選べば間違いありません。

第3位 コカ・コーラ

コカ・コーラも差し入れで喜ばれる鉄板の飲み物です。誰しも運動後に、コーラをガブ飲みしたい衝動にかられた経験はあるのではないでしょうか。

引越し後の作業員の心情はまさにこんな感じです。

とはいえ引越しの作業前からコーラを用意しておいても、作業中にぬるくなってしまうので、事前に準備しておくわけにもいきません。

そんな時にお客様から差し入れとしてコカ・コーラをいただけたら、圧倒的感謝しかありません!

ちなみにコーラの種類は、ダイエットコカ・コーラではなく、普通のコカ・コーラがおすすめです。

引越し業者は作業中に大量のカロリーを消費していますので、コーラくらいの糖質はあまり気にしていない人が多いですよ。

第4位 ホットコーヒー(冬季限定)

冬季限定ですが、ホットコーヒーもおすすめな差し入れです。

誰しも寒い日は暖かい飲み物を飲みたいですよね。それは引越し業者のスタッフも同じです。

特に作業員がジャンパーと着ているくらい寒い状況の場合、ホットコーヒーはかなりおすすめな差し入れです。

ホットコーヒーにはブラック・微糖・加糖と種類がありますが、断然ブラックがおすすめです。

どういうわけかブラック以外のコーヒーはあまり人気がありませんので、頭の片隅に入れておいてくださいね。

引越し業者が内心いらないと思う飲み物!

もちろんお礼に飲み物をいただけたら嬉しいことには間違いありませんが、それでもトラック内で「俺この飲み物いらないからあげる!」なんてケースも多々あります。

下記に掲載している飲み物はあまり人気がありませんので、差し入れをご検討の方はご留意いただければと思います。

ウーロン茶

ウーロン茶は引越し業者にとって「悪魔の飲み物」です。

専門家ではないので詳しくないですが、ウーロン茶には利尿作用があります。言い換えると、ウーロン茶飲めば飲むほど、体の水分が奪われてしまうのです。

真夏の炎天下でビールを飲みながら運動したら、熱中症のリスクが高まりますよね。ウーロン茶にも同じようなことが言えるのです。

ウーロン茶をお礼にいただいても基本的には飲みませんので、くれぐれもご注意ください。

コーヒー

冬季限定でホットのブラックコーヒーはおすすめとご紹介しましたが、それ以外の季節にコーヒーはおすすめできません。

ご自身の過去の経験を振り返っていただきたいのですが、運動した直後にコーヒーを飲みますでしょうか。ほとんどの方は飲まないと思います。

引越し業者のスタッフも、作業で疲れている状態で「コーヒー飲みたい!」とはなりづらいです。

またコーヒーにも利尿作用がありますので、熱中症のリスクが高くなりやすく、この点も人気のない理由になっています。

水・お茶

水やお茶は差し入れの鉄板でもありますが、上でご紹介した通り、引越しスタッフが既に持参している可能性が高いです。

また水やお茶をお礼にいただけるお客様はたくさんいらっしゃるので、トラックの中に水やお茶が大量にある!なんてことも珍しくありません。

こうした中で水やお茶を差し入れにいただいても、その在庫の中に埋もれてしまいます。

もちろんお礼の品としていただければ嬉しいのですが、需要はさほど高くないと言えます。

引越し業者にお礼の飲み物を渡すベストタイミングはいつ?

せっかく引越し業者にお礼の飲み物を渡すのですから、一番喜ばれるタイミングで渡したいですよね。

飲み物を渡すベストタイミングは、ズバリ「旧居で荷物を積み終わった時」です。

あるいは、旧居での積み込み作業中に休憩を挟む場合、そのタイミングで差し入れを渡しても問題ありません。

こうしたタイミングでレッドブルやモンスターなどのエナジードリンク系を渡せば確実に飲んでくれますし、「飲み物ごちそうさまでした。おかげさまで元気出ました!」といった具合に、会話のきっかけにもなります。

ちなみに旧居で引越し業者が最初の挨拶に来たタイミングでお礼の飲み物を渡すことはおすすめいたしません。意外と置き場所に困りますし、ぬるくなってしまって、せっかくの差し入れが台無しになってしまうからです。

飲み物以外でお礼におすすめなものって何があるの?

引越し業者に渡すお礼としては、チップ(ご祝儀)も有名です。

もちろん引越し業者にご祝儀を渡さなくても、作業がいい加減になったりはしませんので、その点は安心してください。

ただ引越し業は祝儀が出やすい職種であることは間違いありませんし、お礼に祝儀を渡そうか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこであくまで参考情報として、私の体感的に、1/4〜5件くらいの割合で、1,000円〜3,000円/人くらいのご祝儀をいただいているかと思います。なんともありがたいお話で頭が上がりません。

ご祝儀に関しては『引っ越しにチップは必要?引越し作業員が本音で解説!』で詳しくまとめていますので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

お礼の飲み物で引越し業者のハートをつかもう!

いかがでしたでしょうか。引越し業者のスタッフが喜ぶ飲み物はご確認いただけましたでしょうか。

差し入れの飲み物としておすすめなのは、レッドブルやモンスターなどのエナジードリンク系、コカ・コーラなどの清涼飲料水です。

もちろん引越し業者に差し入れを渡す必要はありませんが、こうした飲み物をお礼に渡せば、引越し業者のハートを鷲掴みできること必至です!

ぜひご検討してみてくださいね。

関連記事

引越しの際は、近隣住民の方々に挨拶に伺うか迷いますよね。顔も知らない相手に挨拶しに行くとなると、多少なりとも不安や緊張が付きまといますよね。そもそも引越し先で挨拶をする必要はあるのでしょうか。そこで今回のコラムでは、引越しの[…]

引越しの挨拶の必要性