引越し当日の荷造り

引越し当日の荷造りのポイント!梱包を忘れがちな荷物はコレだ!

引越し作業員の「ひこしお」です。

引越しの荷造りは前日までに終わらせておくことが理想的ですが、生活用品等なかなか当日まで梱包できないものもございますよね。

また当日になって荷造りに不備がないか不安を抱いている方もいらっしゃると思います。

そこで今回の記事では、現役引越作業員の筆者が当日の荷造りのポイントをまとめてご紹介していきます。

引越しの当日になってから慌てることのないように、ぜひご参考にしくださいね。

引越しの当日に確認すべき荷造りリスト!

この章では、引越し当日まで梱包しづらい生活用品などの扱いや、つい荷造りを忘れがちな荷物を掲載していますので、早速チェックしてみましょう。

貴重品の整理!

引越し当日は、業者のスタッフが到着するまでに貴重品の荷造りを済ませておきましょう。

財布や預金通帳はもちろん、印鑑や鍵類、パスポートなどの身分証明書も全て貴重品です。カバンなどにまとめて荷造りしておき、引越しの作業中は常に目を離さないようにしましょう。

実際の引越し現場では、現金や財布が無造作にテーブルに置かれているお客様も散見します。引越し業者を信頼していただいていることは嬉しいのですが、危機意識が薄いように感じてしまいます。

また貴重品は、引越し業者に運搬してもらうのではなく、必ずご自身で新居まで携帯するようにしてくださいね。

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しでうっかり貴重品をダンボールに荷造りしてしまうと、取り返しのつかない事態になってしまう恐れもあります。そこで今回は、引越しでの貴重品の管理について詳しくご説明していきます。貴重品の荷造りのコツは[…]

引越しでの貴重品の荷造り

生活用品の梱包!

引越しの荷造りはできるだけ前日までに済ませておきたいですが、生活用品まで梱包してしまうと、当日が不便になってしまいますよね。

このためハンドソープやハンドタオル、ティッシュ、トイレットペーパー、歯磨きセットなどは、引越し当日に荷造りをしても大丈夫です。

見積もりの段階である程度の時間帯を教えてくれますし、大半の引越し業者は、当日に「あと何分くらいで到着します!」と事前連絡をいただます。

こうした時間帯を目安にすれば、生活用品を当日に荷造りしても十分に間に合いますよね。

加湿器・加湿空気清浄機の水抜き!

加湿器や加湿空気清浄機は、引越し当日までに水タンクを空にしておきましょう。

加湿器や加湿空気清浄機に水が入った状態で運搬すると、トラックの中で水が漏れてしまい、周りの荷物がビショ濡れになる危険性があります。

気の利いた引越し作業員なら当日に水抜きをしてくれますが、水が入った状態のまま運ぶスタッフもいますので、ご自身で水抜きを済ませておくことをおすすめいたします。

冷蔵庫の食品の梱包!

引越しの際は、冷蔵庫の中身を空にしておく必要があります。

引越し業者によっては中身が入っていても良いと言われることもあるかと思いますが、冷蔵庫の中身がグシャグシャになったり、汁物の液漏れ、プラスチックの破損といったリスクもありますので、おすすめいたしません。

冷蔵庫の中身は引越し当日までにクーラーボックスや段ボールへ梱包し、業者が到着する前に荷造りを終わらせておきましょう。

また冷蔵庫の荷造りが終わったタイミングで、可能なら冷蔵庫の電源も抜いておきましょう。こうすることで冷蔵庫の「水抜き」ができ、引越し当日に冷蔵庫から水が漏れにくくなります。

詳しくは『知らないと危険!引越しで冷蔵庫の荷造りが必要な理由と事前準備のポイント!』で解説していますので、併せてご確認いただければと思います。

洗濯機の荷造り!

引越し当日は、洗濯機の中身が空っぽになっていることが理想的です。引越しの当日に発生した洗濯衣類は、洗濯機の中には入れず、袋や段ボールに梱包するなどして荷造りしておきましょう。

実際の引越し現場では、洗濯機に衣類が入ったままのお客様が散見されますので、ご注意していただければと思います。

またもし余裕があれば、洗濯機の水抜きをしておくことをおすすめいたします。水抜きをしておかないと、引越し作業中に洗濯機から水が漏れてしまう可能性があるからです。

洗濯機の水抜きのやり方は『引越し前に洗濯機から水抜きする方法!ドラム式洗濯機にも対応!』でまとめていますので、併せてご確認いただければと思います。

石油ストーブの灯油タンクを空にする!

寒い時期は、石油ストーブを使用されている方もたくさんいらっしゃると思います。

石油ストーブは石油タンクが空になっていないと引越し業者は運搬してくれませんので、引越し当日までに石油タンクを空にしておきましょう。

ご新居へ自家用車で移動される方ならご自分で石油ストーブを運搬することも可能かと思いますが、電車移動の方は、特に注意していただきたい荷造りのポイントです。

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの荷造りは、途方もなく大変な作業に感じるかもしれません。いつになっても終わりが見えず、やる気が底を尽きてしまった方もいらっしゃることでしょう。そこで今回の記事では、引越しの荷造りのやる気[…]

引越しの荷造りのやる気を上げる方法

引越し当日でも荷造りする必要のない荷物リスト!

引越し当日でも荷造りする必要性のない荷物も存在します。下記に掲載している荷物は引越し業者の作業員が当日梱包してくれますので、荷造りの参考にしてくださいね。

照明

照明類は、引越し業者が取り外して段ボールや布に梱包してくれますので、特にお客様ご自身で荷造りする必要はございません。

稀にシャンデリアなど、脱着や梱包に専門スキルが求められる照明は作業をお断りするケースもございますが、その場合は見積もりの段階で営業マンから何かしらの説明がされます。

余談ですが、ご新居での照明の取り付け作業は、引越し業者がサービスでやってくれる場合と、お客様で対応しなければならない場合があります。

もしまだ見積もりを取る前なら、見積もりの時に営業マンに確認してみましょう。複数の業者に見積もりをとって、照明の取り付けまで対応してくれる業者を探してみるのもおすすめですよ。

掃除機

引越しで家具や家電などの荷物を搬出すると、意外とゴミやホコリが出てくるものです。引越し前にゴミは掃除機で吸い取りたいですよね。

掃除機を梱包してしまうと、引越し当日に掃除機をかけられなくなってしまいますので注意しましょう。

この辺りは引越し業者もよく理解していますので、「最後に軽く掃除したいので、掃除機は最後に運んでもらえませんか?」と言えば、快く対応してくれますよ。

電化製品

電子レンジや空気清浄機、トースター、炊飯器などの電化製品は、引越し当日に作業員が梱包してくれますので、荷造りの必要はありません。

ただ上に掲載した通り、加湿空気清浄機など水が含まれる家電製品の場合、引越し当日までに水抜きが必要ということを頭の片隅に入れておきましょう。

引越し当日までに荷造りが終わらないとどうなるの?

もしかしたら「引越し当日までに荷造りが間に合わなそう!」なんて方もご覧になっているかと思います。

ただ引越しの荷造りが終わらないことを甘くみてはいけません。引越し業者によっては、ダンボールに梱包されていない荷物の運搬を断られてしまう可能性もあるのです。

引越し業者はあくまで「お客様が梱包した荷物を運搬する」ことが仕事であり、契約上もそうなっています。荷造りの済んでいない荷物を運んでもらえなくても文句は言えないのです。

もし危機感を感じた方がいらっしゃいましたら『知らないと大変!引越しの荷造りが終わらない危険性と対処方法!』も併せてご確認いただけたらと思います。

引越し当日までにしっかりと荷造りを終わらせよう!

いかがでしたでしょうか。引越し当日まで梱包しづらい生活用品の扱い方や、つい荷造りを忘れてしまいがちな荷物はご確認いただけましたでしょうか。

心当たりのあるものがありましたら、引越し当日まで忘れないように、頭に入れておいてくださいね。

当日の荷造りもバッチリ終わらせて、万全の準備で引越しに備えましょう!

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの見積もりで荷物を伝え忘れた!なんて困っている方は必見です。 トラックに積み切れるだろうか? 追加料金が発生するのではないか?きっと、このような不安を抱えているの[…]

引越しの見積もりで荷物を伝え忘れる