引越しの荷物が増えたときの対応や見積もり料金への影響まとめ!

引越し作業員の「ひこしお」です。

引越しの見積もりの後に荷物が増えた!なんてこともありますよね。

当初は処分予定のものが荷物に加わったり、新しく家具・家電を購入したなどの理由で、荷物が増えるケースは珍しくありません。

そこで今回の記事では、引越しの荷物が増えた時の対応や料金との関係について詳しくご紹介していきます。

増えた荷物をそのままにしておくと、引越し当日に思わぬトラブルに発展してしまうかもしれません。

引越しをスムーズに終わらせるためにも、ぜひご参考になさってくださいね。

見積もり後に荷物が増えたら引越し業者に連絡しよう!

結論から申し上げますと、引越しで荷物が増えた場合は引越し業者へ連絡することをおすすめいたします。

見積もりではお客様の荷物のチェックリストをつけており、当日の作業員はこのチェックリストを確認しています。

増えた荷物にチェックリストが付いていない場合、「こちらの荷物は見積もりに含まれていないと思うのですが…」なんてことになる可能性もあります。

特に大物家具・家電の荷物が増えた場合は要注意です。

引越し当日に面倒なことを避けるためにも、荷物が増えたら、まずは見積もり担当者に連絡するようにしましょう。

見積もり後に荷物が増えたら引越し料金が高くなるの?

引越し業者に荷物が増えたと報告すると、料金が高くなってしまわないか心配ですよね。

増えた荷物の量や種類によって答えが変わってきますので、それぞれ解説していきます。

多少の荷物増で引越し料金は高くならない!

まずは朗報です。

トラックに積み切る範囲内の荷物の増加なら、追加料金を請求されることなく、見積もり通りの金額で対応するのが相場です。

見積もりではトラックに確実に荷物が入りきるように、少し余裕を持って物量をみています。

多少荷物が増えた程度でトラックに積みきらなくなることはありませんので、見積もり金額も変動しないのですね。多少とは、ダンボールに換算して10箱程度の荷物量とお考えいただければと思います。

見積もり担当者に事前に連絡をしておけば「その位ならサービスでやりますよ!」なんて形で快く対応してくれますよ。

大物の荷物が増えると料金が割増になることも!

当初の見積もりから大物の荷物が増えた場合は、当初手配していたトラックに荷物が入りきらなくなるケースも出てきます。

すると引越し業者もトラックを大きめのサイズに変更したり、追加車両を手配するなどの対応が求められ、必然的に見積もり料金も上乗せされる可能性があります。

もちろん、手配予定のトラックに積みきると判断されれば、特に追加料金が発生することなく対応してくれます。

ただ増えた荷物によってトラックのサイズや台数を変更する必要があると判断された場合は料金も割り増しになってしまうのです。

特に下記のような荷物の場合は、見積もりの金額が変更になってしまうかもしれません。

大型の家具・家電

冷蔵庫やタンスなどの大型家具・家電が見積もりから漏れることは滅多にないと思いますが、それでも下記のようなケースは実在します。

「冷蔵庫の買い替えを予定していたので冷蔵庫を荷物から除外していたけど、やっぱり買い替えるのはやめた。」

「新居にクローゼットがあるからタンスは廃棄予定だったけど、引越し先のアパートが変更になり、クローゼットがないからタンスも必要になった。」

もしこのような事情で大物の荷物が増えた場合は、必ず引越し業者の見積もり担当者に連絡するようにしてくださいね。

自転車

見積もり時の荷物の伝え忘れとして多いのが自転車です。

また「引越し当日は自転車で新居に移動する予定だったけど、天気が悪そうだし電車で移動したいから、自転車もトラックで運んでほしい!」なんてケースもあるかと思います。

自転車が1台増えた程度では何とかなるケースも多いですが、2〜3台増えるとなると、さすがにトラックに積みきらなくなる恐れが出てきます。

当初の見積もりから自転車が数台増えた場合は、引越し業者への連絡が必須と言えますね。

付帯作業の伴う荷物は料金が割増に!

付帯作業の伴う代表的な荷物は「エアコン」です。

増えた荷物にエアコンが含まれる場合は、すぐに引越し業者へ連絡するようにしてください。

引越し業者の作業員は、エアコンの運搬はできても、エアコンの取り外し作業はできません。エアコンの脱着作業は専門の資格を持った電気屋さんでないと対応できないのです。

見積もり担当者に「エアコンが増えました」と連絡すれば、引越し業者が電気屋さんを手配してくれるので、お客様で電気屋さんを探す必要はありません。

ただ引越し料金が割増になることは避けられませんので、この点はご了承くださいね。

荷物が増えたら再見積もりもアリ!

引越しの荷物が増えたことを伝えると、料金が上乗せされる可能性もありました。上乗せ料金に納得できない場合は、別の業者に相見積もりをとってみると、安くなるかもしれません。

例えばお客様が単身の引っ越しを予定していて、単身専門業者と契約していたと仮定しましょう。

単身専門の引越し業者は、2トンショートと呼ばれる小さいサイズのトラックを集中運用しています。

お客様の荷物が増えたことで2トンショート1台で積みきらなくなると、トラックがもう1台必要になり、料金もかなり上乗せされてしまいます。

ただ別の業者に依頼すれば、2トンロングや3トンといった大きめのサイズのトラック1台で引越しできるので、料金も抑えられるのです。

これは単身の話に限らず、ファミリータイプの引越しでも同じようなことが言えます。

引越しのキャンセル料は、当日から遡って3日以上前にすれば発生しません。どうしても金額に納得できない場合は、最終手段として、別の業者に再見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。新生活にはお金がかかりますが、引越し料金の比重はかなりのものです。できることなら引越しの費用は少しでも安くしたいものですよね。そこで今回の記事では、引越しの料金を安くする方法を10個ご紹介して[…]

引越しの料金を安くする方法

引越し当日にトラックに荷物が入りきらないとどうなるの?

荷物が増えたことを引越し業者に内緒にしているとトラックに荷物が積みきらなくなる可能性があります。

そこで荷物が積みきらなかった場合にどうなるかもご紹介させていただきます。

無料で追加車両を手配してくれる!

実際の引越し現場では、営業マンの見積もりミスにより、トラックに荷物が積みきらないケースもあります。この場合は引越し業者に責任があるので、無料で追加車両を手配するのが相場です。

この特性を逆手に取ると、荷物が増えたことが引越し業者にバレなければ、無料で車両を追加手配してくれます。

例えば荷物に自転車が増えたとしても、「見積もりで伝えていますよ!」と嘘を付けば、騙されてくれるかもしれません。

ただ「見積もり担当者に確認しますのでお待ちください」なんて話になると、非常に面倒なのは言うまでもありません。

もちろん嘘は良くありませんしハイリスクですのでおすすめいたしません。

追加料金を支払い車両を手配してもらう!

お客様の未申告の荷物が原因でトラックに積みきらないことが明らかな場合、トラックの手配に追加料金が発生する場合もあります。

引越し業者にとって車両代と人件費が余分に発生してしまうので、追加料金がかかるのは仕方のないことですよね。

ネットの記事で「荷物を積みきれなくても現場作業員に追加料金を請求する権限がないから無料で対応してくれる」なんて情報を見たことがありますが、これは誤りです。

そもそも追加のトラックを手配するのは、会社で配車をコントロールしているお偉いさんです。お偉いさんは料金を決める権限があるので、荷物が増えた場合に追加料金を請求することは十分に可能です。

誤った情報に騙されないように気をつけていただければと思います。

旧居に荷物を置いていく!

お客様が追加料金の支払いに納得いただけない場合、見積もりで未申告の荷物を旧居に置いていくこともあります。

契約時に含まれていない荷物ですから、置いていかれても文句は言えませんよね。

また2〜4月などの引越し繁忙期はトラックがフル稼働していますので、トラックを追加で手配する余力のないケースも多々あります。

追加料金の支払い有無にかかわらず、問答無用で増えた荷物を運んでもらえない可能性もあるので注意が必要と言えます。

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの見積もりで荷物を伝え忘れた!なんて困っている方は必見です。 トラックに積み切れるだろうか? 追加料金が発生するのではないか?きっと、このような不安を抱えているの[…]

引越しの見積もりで荷物を伝え忘れる

引越しで荷物が増えた時は業者に連絡しておこう!

いかがでしたでしょうか。見積もりの後に荷物が増えた場合の対応はご確認いただけましたでしょうか。

「荷物が増えたことを引越し業者に報告すると料金が高くなるのでは?」と心配になる気持ちはよくわかります。

ダンボールに換算して数箱程度の荷物が増えたくらいでは、見積もり料金が変わることはまずありません。

それ以上に荷物が増えた場合は、いよいよトラックに積みきらなくなる危険性があり、注意が必要です。

引越しの荷物が増えたら、とりあえず見積もり担当者に相談してみましょう。