見積もりから荷物が減った

知らなきゃ損!見積もりから引越しの荷物が減った時の対応を徹底解説!

引越し作業員の「ひこしお」です。

荷物を整理したり冷蔵庫を処分するなどして、訪問見積もりの時より荷物が減ったなんてケースもありますね。

見積もりから荷物が減ったら、引越し料金もサービスしてくれるのでしょうか。

そこで今回の記事では
  • 荷物が減った時の料金への影響
  • 料金を値下げしてもらうコツ
などについて詳しく解説していきます。
ひこしお
引越しの荷物が減った方は必見ですよ。

見積もりから荷物が減ったら引越し料金は安くなるの?

まず結論から申し上げますと、引越し当日に「荷物が減ったから料金もサービスして!」と交渉しても安くなることはありません

荷物が減ったのにどうしてですか?

引越し当日に荷物が減っていたとしても

  • 当日の作業員の人件費が変わらない
  • 使用するトラックの種類や台数が変わらない

といった理由で、引越し料金を安くできないのです。それぞれ詳しくご説明していきます。

引越し当日の人件費は変わらない!

引越し当日にお客様のお宅に伺う作業員の人数は、訪問見積もりに伺った段階で既に決まっています。

多少荷物が減ったとしても当日の作業員の人数は変わりませんので、その分の人件費が値引かれることもないのです。

もちろん厳密には荷物が減ったことで作業時間が短縮するので、時給換算で人件費は減るかもしれません。

ただ具体的に何分時間を短縮できたなんて計算することは現実的ではないので、料金をサービスできないのです。

使用するトラックが変わらない!

訪問見積もりでは、お部屋の荷物の量に応じて何トンのトラックを何台手配するかを決めています。

引越し当日の荷物が減ったとしても、この車両は手配されているので車両料金をサービスすることもできません。

「見積もりではトラック2台と聞いていたけど、荷物が減ったので1台で積みきれた!」なんてケースでも、引越しの費用をサービスしてくれることはないと思っておきましょう。

荷物が減ったら引越し業者に連絡する必要はあるの?

荷物が減っても見積もりが安くならないなら引越し業者へ事前に連絡する必要もないですよね?
ひこしお
そなことはありません。実は連絡した方が良い場合もあります。

引越し業者へ連絡するか否は、荷物がどのくらい減ったかによって判断すると良いです。詳しく見ていきましょう。

引越しの荷物がかなり減った場合!

引越しの荷物がかなり減った場合、事前にその旨を見積もり担当者に相談して、もう一度訪問見積もりを依頼してみましょう。

実際に荷物が少なくなっていることを確認してもらえば、引越し業者も

  • 引越しに使うトラックのサイズを小さくする
  • 引越し当日の作業員の人数を少なくする

といった対応を取れるかもしれません。その分だけ費用を削減できるので、当初の見積もり金額から多少サービスしてくれる可能性は十分にあります。

下記のようなものを処分している場合はかなり荷物が減っていることが予想されますので、引越し業者へ連絡してみましょう。

  • タンスや冷蔵庫などの大物家具・家電
  • 自転車やバイク
  • ダンボール20箱以上の小物

 

ひこしお
荷物が大幅に減った場合は引越し業者に相談しよう!

引越しの荷物が少ししか減っていない場合!

荷物が少ししか減っていない場合は、残念ながら見積もり金額を見直してもらえる可能性は低いです。

目安としては

  • テレビや小タンスなどの中小物家具・家電
  • ダンボール10箱程度の小物

程度とイメージしていただければと思います。

多少の荷物減では当日手配するトラックのサイズや台数を変更できませんし、作業員の人数を変えることもありません。

引越し業者にとっての費用が変わらないので、見積もり金額がサービスされることもないのですね。

荷物が少ししか減っていないなら、敢えて引越し業者に連絡する必要はなさそうですね。
ひこしお
そうですね。
もしご自分で荷物の量を判断できないときは遠慮なく引越し業者へ相談してくださいね。

引越しの料金に納得できない場合!

  • 引越しの荷物が減ったのに訪問見積もりに来てくれない!
  • 訪問見積もりは来てくれたけど料金が安くならない!

なんてケースもあるかと思います。

引越し業者に不信感を抱いてしまいますよね。特に荷物が大幅に減った方ならなおさらからと思います。

そんな時は思い切って他の引越し業者に相見積もりを取ってみるのもおすすめです。

まだ相見積もりを取っていない方でしたら、「引越し一括見積もりサイト」を利用して、複数の業者に見積もりを依頼してみるのもおすすめです。

参考

引越し一括見積もりサイトとは、同時に複数の引越し業者へ見積もりを依頼できる大変便利なサービスです。引越しの費用を安くする上で必須のツールですよ。

詳細はこちら

すでに連絡を取っている業者がある場合は、そちらの営業マンに電話してみましょう。

「〇〇引越しセンターと契約したのですが、それから荷物が大幅に減ったのに値下げしてくれません。御社でもっと安くしてくれるなら契約を切り替えようと思っています。」なんて本音をぶつけてみましょう。

ひこしお
どこの引越し業者も契約を取るのに必死ですから、きっと快く対応してくれるはずですよ。

引越しの契約はキャンセルしても大丈夫なの?

もう引越しの契約をしてしまったけど今さらキャンセルなんてできるのかしら?

引越しの契約は、当日から遡って3日以上前に連絡すれば、無料でキャンセルできます。

これは標準引越約款という法律によって決められていますので、全ての引越し業者に共通して言えます。

ただ引越し予定日の3日前を過ぎてしまうと、いよいよキャンセル料が発生してきます。

ひこしお
引越しの契約をキャンセルする場合は、なるべく早めに連絡してくださいね

引越しのキャンセルに関しては『引越しのキャンセル料金を徹底解説!費用が発生するのは何日前から?』で詳しくまとめていますので、こちらもご参考にしてくださいね。

引越しの荷物が大幅に減ったら業者へ相談しよう!

いかがでしたでしょうか。

引越しの当日になってから「荷物が減ったのですけど、その分だけ費用をサービスしてくれませんか?」と相談するのは無理な話でした。

ただ荷物が大幅に減った場合なら、事前に業者へ連絡することで、料金を多少サービスしてくれる可能性はあります

まずは見積もり担当者に連絡して、もう一度訪問見積もりを依頼してみましょう!