自分で引越しした時の失敗事例

絶対に失敗しない!自分で引越しするときの注意ポイントはココだ!

今回のご相談
  • 自分で引越し予定だけど失敗しないか心配!
  • 先人達の失敗事例を活かしたい!
ひこしお
こんにちは、引越し作業員の「ひこしお」です。
今回はこのようなお悩みに応えていきたいと思います。

引越しの費用を節約するために、自分で引越し予定の方もいらっしゃいますよね。

自分で引越しした場合の失敗事例としては、下記のようなケースが想定されます。

  • 引越し業者に依頼するよりも割高になった
  • 引越しの準備に失敗した
  • 引越しの作業が想像以上に大変だった
  • 荷物が車に入り切らなかった
  • 引越し当日に雨が降って荷物がびしょ濡れになった
  • 建物に養生が必要と言われて作業できなかった
ひこしお

それぞれ詳しく解説していきますので、自分で引越しする際の参考にしてくださいね。

引越し業者に依頼するよりも割高になった!

単身の引越しの場合、引越し業者に依頼した場合の料金相場は、30,000〜50,000円程度です。

引越し一括見積もりサイト」を利用して複数の業者の料金を比較すれば、30,000円未満で引越しできる可能性も十分にあります。

参考
引越し一括見積もりサイトとは、

  • お名前
  • 新旧住所
  • 荷物

などの簡易情報を入力するだけで、同時に複数の業者から見積もりを取れる大変便利なサービスです。

複数の引越し業者の料金を見比べられますので、誰でも簡単に安く引越しできます。

苦労して自分で引越しをしても、結果的に引越し業者よりも割高になってしまったら大失敗ですよね。

ご自分で引越しする際でも、

  • 車両代
  • 友達へのお礼代

などの費用が発生します。

また想定外の出費が発生する可能性も十分にあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

車両代など

お車を所有されていない方は、レンタカーを借りる必要があります。

例えば日本レンタカーを利用した場合、車種と時間に応じて下記の料金が発生してきます。

車種半日1日
軽自動車5,390円6,820円
ミニバン9,900円13,200円
ハイエース13,750円15,950円
2tショート15,950円19,800円
ひこしお
利用する車種と時間によっては、車両代だけでも15,000円〜20,000円程度の費用が発生します。
これに加えて、保険料やガソリン代、高速代などの料金も必要ですよね。

友達へのお礼代

ご自分で引越しする場合は、友達に協力をお願いするケースも多いですよね。

その友達には、何かしらのお礼をするのが一般的ではないでしょうか。

例えば「焼肉食べ放題」を奢るなどのお礼をした場合、その分でも10,000円程度の費用が発生してきます。

人間関係もあるので、友達へお礼しないわけにはいきませんね…

想定外の出費

ご自分で引越しする場合は、想定外の出費も覚悟しなければなりません。

想定外の出費とは、

  • 駐禁
  • 荷物の破損
  • 建物の損害賠償

などが該当します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

駐禁

引越し作業中に駐禁を取られてしまうと、普通車で12,000円の料金が発生します。

つい引越しの作業に夢中になり、車から目を離してしまうこともありますよね。

その一瞬の隙に駐禁を取られて失敗したなんてケースは決して珍しくありません。

ひこしお
引越し業者の人間でもたまに駐禁を切られてしまうので、くれぐれもお気をつけくださいね。

荷物の破損

ご自分で引越しをした場合、荷物の破損も自己責任です。

引越し業者が物損した場合なら、もちろん引越し業者が弁償してくれます。

ただご自分で引越しした場合は、当然ですが、自己負担で買い直さなければなりません。

例えば電子レンジを落として壊してしまった場合、数万円規模での追加出費となってしまいます。

お手伝いを依頼した友達が物損した場合は、さらに厄介です。

ひこしお
人間関係の都合上、友達には高額な弁償費用を請求しづらいのではないでしょうか。
Name
自分で買い直すことになり、余計な出費が増えてしまいそうです。

自分で引越しをしたら高額物損して失敗した!なんて話はよく耳にしますので、くれぐれも気をつけてくださいね。

建物の損害賠償

建物を損傷してしまうと、高額な損害賠償を請求される可能性があります。

ご自分で引越しする際は、冷蔵庫や洗濯機などの家電、タンスや食器棚などの家具も自分で運ぶ必要があります。

不慣れな作業の間に、万が一でも部屋の壁を損傷してしまうと、退去時に高額な現状回復費用を請求される危険性があります。

ひこしお
冷蔵庫などの重量家電を部屋の壁にぶつけると、簡単に穴が空いてしまいます。

被害の程度によっては数万円から十万円以上の費用が発生してきます。

これでは失敗では済まず、大事件に繋がってしまいますね。
ひこしお
ご自分で引越しした時の料金面に不安を感じる方は、引越し業者にも見積もりを取ってみてはいかがですか。

引越しの準備に失敗した!

ご自分で引越しする際は、

  • 車の手配
  • 梱包資材の調達

といった準備を自分でしなければなりません。

こうした段取りに失敗してしまうと、引越し当日にスムーズに作業できなくなってしまいます。

下記に具体的な準備事項をまとめていますので、早速みていきましょう。

車の手配!

車なんてレンタカーを借りるだけじゃないですか?
ひこしお
レンタカーを借りる際は、そのサイズ選びに失敗しやすいです。

小さめの車を選んで荷物が入り切らないと大変ですし、大きすぎる車だとレンタル料金が割高になってしまいます。

見積もりのプロである引越し業者の営業マンも、物量を見誤って失敗することはあります。それくらい車のサイズを決めるのは難しいです。

運転免許の規制にも注意しなければなりません。

免許を取得した時期によって、運転できる車種が異なってきます。
下記に目安をご紹介していますので、チェックしてみましょう。(△は車両総重量5t未満なら可)

免許取得日ミニバン1.5t2.5t
平成19年6月1日以前
平成19年6月2日~平成29年3月11日
平成29年3月12日以降××

平成29年3月12日以降に免許を取得された方は特に注意が必要です。

ひこしお
レンタル予定の車を運転できないと失敗の元ですので、事前にしっかり確認しておきましょう。

梱包資材の準備!

自分でダンボール、ガムテープ、クッション材などを準備する必要があります。

引越し業者に依頼すれば、もちろん上記のアイテムは業者が準備してくれます。

ただ自分で引越しする場合は、当然ですが、自分で揃える必要がありますよね。

ひこしお
引越しに慣れていない方だと、どの程度ダンボールを準備すれば良いか、判断が難しいですよね。

ダンボールが足りなくなったけど、購入する足がない!なんて失敗事例もありますので、注意してくださいね。

ダンボールは少し多めに購入するようにします。

引越しの荷造りに必要なものは『完全版!引越しの荷造りに必要なものや道具を総まとめ!』でまとめています。荷造りに失敗しないためにも、ぜひチェックしてくださいね。

慣れない引越し作業で疲労困憊した!

引越しは想像以上の重労働です。
ひこしお
慣れている引越し作業員でも、アパートの階段現場では疲れを感じます。
引越しに慣れていない人は、なおさら疲れが溜まりそうですね。

引越しのアルバイトに来る人の中には、少なからずの確率で、階段現場で動けなくなる方がいます。

それほどダンボールを持って階段を上り下りするのは重労働です。

「こんなに引越しが大変だとは思っていなくて失敗した!」なんてことのないように、ご自分の体力ともよく相談してみましょう。

冷蔵庫を部屋から運び出せなかった!

ご自分で引越しする時の最大の山場は、冷蔵庫やタンスなどの大物家具・家電の搬入出です。
ひこしお
引越し作業員でも冷蔵庫のお部屋への搬入出は一苦労です。

お部屋の廊下や階段に十分なスペースがない場合は、冷蔵庫を様々な角度に調整して、少しずつ出し入れを繰り返していきます。

Name
荷物に大型冷蔵庫がある場合は、部屋の導線がしっかりあるか確認した方が良さそうですね。

ご自分で冷蔵庫などの搬入出が難しいと感じたら、思い切って引越し業者に依頼するのもおすすめです。

ひこしお
無理に作業しては物損などの失敗の元になってしまいますので、気をつけてくださいね。

荷物が車に入り切らずに失敗した!

1回で荷物が積み切らずに往復作業になると、時間・体力をさらに消耗します。

自分の荷物は、見た目よりも少なく見えるものです。

いざ車に荷物を積んでみたら、想定以上に物量があり、車に入り切らなかったなんてケースはよくあります。

荷物が入り切らないと、往復作業が必要になりますので、時間や体力をさらに消耗してしまいます。

またレンタカーを利用している場合、時間プランによっては延長料金が発生する可能性もあります。

旧居と新居の住所が離れていたら、大変なことになってしまいますね。

ひこしお
レンタカーを手配するときは、少し大きめのサイズにすると失敗を避けられますよ。

引越し当日に雨が降って大失敗!

引越し当日に雨が降ると、荷物がびしょ濡れになってしまいます。

引越し業者を利用すれば、雨の日でも、荷物への被害を最小限に抑えてくれます。

ただご自分で引越しをすると、どうしても雨対策が不十分になりがちで、荷物がびしょ濡れになりやすいです。

ひこしお
ダンボールは水に濡れるとボロボロになるので、底抜けのリスクもあります。
Name
軽トラックなどの屋根のない車を利用していたら目も当てられませんね。

ネット上では「軽トラにビニールシートを被せておけば大丈夫!」なんて記事を見かけますが、非常に危険ですので、お勧めできません。

注意点
車の運転中に風圧でビニールシートが飛んで行ってしまうと、他の車が重大事故に巻き込まれる可能性もあります。単なる失敗では済まされず、危険運転などの刑事訴訟に発展するリスクもありますので、くれぐれも注意しましょう。

養生が必要と言われて作業できなかった!

建物に養生しないと、引越し作業できない物件もあります。
参考
養生とは、建物の壁を守るために、プラスティック製のパネルを壁に貼る作業のことです。
もちろん引越し業者に依頼する場合は、サービスで対応してくれます。

ご自分で引越しする方は、基本的には養生をせずに作業される方が大半ではないでしょうか。

ただ物件によっては、養生なしでは作業できない可能性もありますので注意が必要です。

管理人から「自分で引越しするときも養生してください!」と言われてしまったら、途方に暮れてしまいます。

Name

新居での新生活を考えると、管理人さんの言葉は無視できませんね。

ひこしお
自分で引越しする際は、事前に管理人さんに養生が必要か確認しておくとよいかもしれませんね。

ご自分で養生するときのポイントは『引越しの養生とは?自分で養生する時のポイントや費用はどのくらい?』でまとめています。

養生パネルの代わりに使えるツールも含めてご紹介していますので、ぜひご確認くださいね。

自分で引越しした時の失敗事例を活かそう!

いかがでしたでしょうか。

慣れない引越し作業を自分で行うと、様々な失敗のリスクがありましたね。

失敗事例をまとめると、

  • 引越し業者に依頼するよりも割高になった
  • 引越しの準備に失敗した
  • 引越しの作業が想像以上に大変だった
  • 荷物が車に入り切らなかった
  • 引越し当日に雨が降って荷物がびしょ濡れになった
  • 建物に養生が必要と言われて作業できなかった

といった例がありました。

ひこしお
最大の失敗は、引越し業者を利用するよりも割高になってしまうことではないでしょうか。
その他の失敗事例も踏まえると、引越し業者に任せてしまうのもアリな気がしてきました。

もちろんご自分で引越しをされるのは素晴らしい行動力と思います。

上でご紹介した失敗事例を参考にして、引越しを無事に成功させてくださいね。

ただもし引越しに不安を感じたら、プロの引越し業者に任せてしまうのもおすすめですよ。

ひこしお
引越し一括見積もりサイト」を利用すれば、単身で30,000円以下で対応してくれる業者が見つかる可能性も十分あります。
Name
とりあえず見積もりだけで取ってみて、料金に納得できなかったら自分で引越しするのも良さそうですね。

「引越し一括見積もりサイト」の詳細はこちら