引越しの混載便のデメリット

混載便のデメリットを徹底解説!引越し業者の選び方で問題は解決できる!

今回のご相談
  • 混載便のデメリットが心配
  • 混載便のデメリットを詳しく知りたい
  • デメリットの対策方法を教えて欲しい
ひこしお
引越し作業員の「ひこしお」です。
今回は、こうしたお悩みにお応えしていきます。

混載便を利用すれば、長距離の引越しでも、料金を大幅に安くできます。

ただ混載便には、次のようなデメリットも囁かれています。

  • 引越しの日数がかかる
  • 到着日時を指定できない
  • 荷物の紛失リスクがある
  • 荷物の破損リスクが高まる
  • 長距離引越し以外は利用できない
混載便を利用したいのですが、デメリットが気になります。汗
ひこしお
引越し業界に勤める筆者が、混載便のデメリットと対策方法を詳しく解説していきます。

混載便を上手に活用すれば、費用面で大きな効果があることは間違いありません。

誤った情報に惑わされることなく、ご納得のいく形で引越しプランを決めてくださいね。

チャーター便との比較でみる混載便のデメリット!

混載便のデメリットとは、チャーター便と比較した際のデメリットですよね。

そこでまずは、引越しプランにおける「混載便」と「チャーター便」の違いを簡単に整理しましょう。

  • 混載便とは、複数のお客様の荷物を、1台のトラックでまとめて輸送するプラン
  • チャーター便とは、お客様の都合に合わせてトラックを手配するプラン

両者の違いを下記の表にまとめました。

特徴混載便チャーター便
料金安い高い
日数長め短い
日時指定不可
中距離以下の利用不可
混載便のデメリットが何となく見えてきました。
それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

混載便の引越しは時間がかかる!

混載便の最大のデメリットは、引越しに日数を要してしまうことです。
ひこしお
ただこのデメリットは、引越し業者を上手に選定することで、解決できる可能性もあります。

詳しく見ていきましょう。

混載便が日数を要す理由!

混載便は、同一方面への複数のお客様の引越しが集まってからトラックで輸送するため、引越しに日数を要す傾向があります。

「東京⇄名古屋」や「東京⇄大阪」などの大都市圏間での混載便なら、引越し件数も多いため、それほど時間を待たずに引越しできる可能性もあります。

注意点ただ大都市圏を外れた引越しの場合、同一方面へ引越しするお客様が集まるのに時間がかかり、すぐに荷物を運んでもらえないデメリットがあります。
急ぎで地方都市へ引越したい時は、混載便は避けた方が良いですか?
ひこしお
地方都市への引越しでもタイミング次第では、すぐにトラックを手配できる可能性もあります。

急ぎで混載便対応できる引越し業者の探し方!

すでに同一方面へ輸送する荷物が集まっている引越し業者へ混載便を依頼すれば、日数を待たずに対応してもらえます。

荷物の集荷状況は引越し業者によって様々ですので、ある程度荷物が集まっている業者に依頼すれば、すぐに引越しできます。

そんな都合の良い引越し業者を、どうやったら探せるのですか?
ひこしお
引越し一括見積もりサイト」から複数の業者に見積もりを依頼すれば、最短で対応できる業者が簡単に見つかりますよ。

参考引越し一括見積もりサイトとは、

  • 引越しの日程(大体で可)
  • 荷物の量(大体で可)
  • 特記事項(混載便希望)

などの情報を入力するだけで、複数の業者へ見積もりを依頼できるサービスです。

おすすめな引越し一括見積もりサイトはこちら

このサービスを利用すれば、混載便に対応できる引越し業者から、すぐに連絡をもらえます。

ひこしお
それぞれの業者の必要日数や料金などの条件を比較すれば、自分にぴったりな引越し業者を探すのも簡単ですね。
日数のかかる混載便のデメリットを解消できそうですね。

混載便は引越しの到着日時を指定できない!

混載便は、業者の都合が優先されがちなため、引越しの到着日程や時間帯を指定できない場合が多いです。

もちろん、事前に「◯日の午前中に到着予定です」などの最低限の連絡はあります。

ただ、お客様から詳細な日時指定をできないことも、混載便ならではのデメリットと言えます。

注意点荷物が到着する日程や時間帯を指定すると、追加料金が発生する可能性もありますので、注意してください。
ひこしお
到着日時の指定に関しては、引越し業者によって対応が異なりますので、見積もりの際に確認しておきましょう。

混載便は引越しの荷物の紛失リスクがある!

稀にですが、混載便の荷物が無くなる事故も発生しています。
荷物が無くなるのは、デメリットではすみません。焦
ひこしお
荷物が無くなってしまう理由や、その対策をご紹介していきます。

混載便で荷物が紛失する理由!

混載便は、荷物の積み卸しを何度も行うため、その過程で荷物を紛失する場合が稀にあります。

混載便は、同一方面への荷物をまとめて輸送するため、積んできた荷物を各拠点や集荷センターなどで、トラックから下ろします。

拠点では、「他の混載便」や「長距離チャーター便」「一時保管品」など、他の引越しの荷物もたくさん下ろしています。

この過程で荷物が混ざり、紛失するケースが稀にあります。

注意点もちろん、荷物が混ざらないように、トラック毎に置き場所を明確にして作業しています。それでも不慣れな新人スタッフが作業していると、荷物を誤った場所に置いてしまうことがあります。

これは見逃せないデメリットですね。汗
ひこしお
紛失問題を防ぐためにも、荷物管理の厳重な引越し業者を利用しましょう。

荷物の紛失を避ける引越し業者の選び方!

混載便を利用するときは、荷物数をカウントして管理する引越し業者を選びましょう。
ひこしお
引越し業者も、混載便に紛失のデメリットがあることは承知しています。

引越し業者の中には、混載便の荷物に番号シールを張り、個数を明確に管理する業者もあります。

荷物を積み降ろすたびに個数を確認するので、荷物を紛失するリスクを未然に防げます。

筆者の知っている範囲内で、番号シールを使って荷物を管理している業者は、下記の2社です。

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター

上記以外にも、荷物を番号で管理する引越し業者はあると思います。
詳しくは見積もりの際に営業マンに確認してくださいね。

荷物の個数を数えてくれるなら、安心して依頼できそうです。
関連記事

引越し業界大手のサカイでも、値引きのコツさえ掴んでおけば、驚くほど簡単に値引きを引き出せます。ひこしおこんにちは。元サカイ営業マンの「ひこしお」です。今回は、サカイ引越センターから値引きを引き出す[…]

サカイ引越センター

混載便は引越し中の荷物の破損リスクが高まる!

混載便は、チャーター便よりも、荷物の破損リスクが若干高まります。
ひこしお
その理由や対策を確認していきましょう。

混載便で物損が起きやすい理由!

混載便は、各拠点で何度も荷物の積み替え作業を行うため、チャーター便よりも物損が起きやすい傾向にあります。

荷物を最も破損しやすいタイミングは、手で持ち運んでいる作業中です。

混載便は積み替え作業が多いため、それだけ物損の確率も高くなってしまいます。

また混載便は、チャーター便と異なり、荷物の内容を知らないスタッフが積み替え作業を行ないます。

これもチャーター便よりも物損リスクが高まる原因の一つです。

もちろん混載便でも物損が起きる確率は低いですので、特に心配する必要はありません。

ひこしお
それでも心配な方は、次のような方法で用心しておきましょう。

混載便の物損を補償してくれる引越し業者を選ぼう!

荷物の破損対策としては、物損を起こされた時に、確実に補償してもらえる業者を利用することです。

このサイトでは、筆者の引越し経験や口コミ情報より、荷物の破損対応に手厚い会社として「サカイ引越センター」をご紹介させていただきます。

注意点物損対応は会社ごとに様々ですので、SNSなどの口コミも参考にして判断しましょう。

また物損に関しては『ストップ泣き寝入り!引越し業者から物損事故を補償させるマル秘テクニック!』で解説していますので、この機会にご確認いただければと思います。

長距離引越し以外は混載便を利用できない!

中距離程度の引越しの場合、混載便のプランが設けられていないことが多いです。

中距離とは、都道府県を1〜2県またぐ程度の移動距離とイメージしてください。

混載便は、長距離引越し向けのサービスです。

中距離で混載便を採用している引越し業者は殆どありませんので、この点もデメリットに感じるかもしれません。

中距離の引越しなら、混載便を利用しなくても、簡単に料金を安くできます。

上でご紹介している「引越し一括見積もりサイト」を利用して複数の業者の料金を比較すれば、きっとご納得のいく費用プランが見つかりますよ。

混載便のデメリットを回避して引越ししよう!

引越しのプランで混載便を利用した時のデメリットはご確認いただけましたでしょうか。

混載便のデメリットを回避するためには、

  • 引越し一括見積もりサイト」を利用し、
  • 混載便に対応できる業者を複数探し、
  • 各業者の料金や日数などの条件を比較し、
  • 自分に最適な引越し業者を選定する

ことがポイントです。

デメリットが囁かれる混載便ですが、上手に活用すれば、引越しの費用を大幅に節約することも可能です。

ひこしお
混載便を上手に活用して、少しでも引越しの料金を抑えてくださいね。

早速「引越し一括見積もりサイト」で見積もりをとってみます。