引越しの混載便の荷物紛失

混載便の荷物の紛失は防げる!引越し業者推奨の対策を総まとめ!

今回のご相談
  • 混載便は荷物の紛失が起きるって本当?
  • 荷物の紛失を防ぐ方法を知りたい!
  • 引越しで荷物が無くなった時の対応を知りたい!
ひこしお
引越し作業員の「ひこしお」です。
今回は、このようなお悩みにお応えしていきます。
注意点長距離でも格安料金で引越しできる「混載便」プランですが、稀に荷物の紛失トラブルが発生することもあります。
荷物を紛失されては、どんなに引越し料金が安くても困ります。
ひこしお
自分で荷物の管理を行えば、混載便の荷物紛失は未然に防げます。

そこで今回は、

  • 混載便で荷物が無くなる理由
  • 荷物の紛失を未然に防ぐ方法
  • 万が一荷物が無くなった時の対応

について詳しく解説していきます。

ひこしお
長距離引越しで混載便をご利用予定の方は必見です!

引越しの混載便で荷物が紛失しやすい理由!

混載便は、チャーター便よりも荷物の紛失が起きやすい傾向にあります。

チャーター便とは、お客様専用のトラックを手配する引越しプランのことです。

ひこしお

まずは混載便で荷物を紛失しやすい原因を見ていきましょう。

混載便は荷物の積み卸しを何度も行う!

混載便は、各事業所で荷物の積み卸し作業を頻繁に行うため、その過程で、荷物を紛失するリスクがあります。
頻繁に荷物を積み替えるのは何故ですか?
ひこしお
2tトラックで積んできた荷物を、10tトラックに積み替えて輸送するからです。

事業所では、「混載便」以外にも「長距離チャーター便」や「一時保管品」など、荷物をトラックから下ろす作業を頻繁にしています。

注意点複数のトラックの積み卸し作業を同時進行で行っているため、荷物が混ざり、紛失に繋がるケースが稀に発生します。

もちろん荷物が混ざらないように、様々な対策が施されています。

それでも不慣れな新人スタッフなどが、誤って荷物を違う場所へ持っていくなどして、紛失トラブルが発生することもあります。

混載便は大型トラックに複数のお客様の荷物を積む!

混載便は、10tトラックに複数のお客様の荷物をまとめて積み込むため、トラックの中で荷物が混ざるリスクもあります。
10tトラックに何軒分の荷物を積み込むのですか?
ひこしお
単身プラン程度の荷物なら、5件前後をまとめて積むこともあります。

もちろん大型トラックへ積み込む際は、「養生パネル」や「仕切版」を用いて、荷物が混ざらないように万全を期しています。

注意点コンテナ内で荷物が仕切り版を飛び越えるなどの理由で、荷物が混ざり、紛失トラブルに繋がる場合もあります。

混載便で引越しの荷物の紛失を防ぐ方法!

荷造りの方法を工夫することで、混載便の紛失トラブルを回避できます。
ひこしお
引越し業者のスタッフ推奨の対策術を見ていきましょう。

小物類は全てダンボールに梱包する!

混載便で紛失しやすい荷物は、ダンボールに梱包されていない小物です。

荷造りされていない小物は、トラックへ積みづらいため、積み込み時に一旦はじくスタッフもいます。

また未梱包の小物は、トラックの最上段に積まれるため、長距離移動の間に、仕切り版を乗り越えてしまうリスクもあります。

小物をダンボールに荷造りしておけば、このような紛失トラブルは全て解決できますね。

小物の梱包方法はこちらで詳しく解説していますので、ぜひご参考にしてくださいね。

小物を梱包するダンボールが足りない場合は、見積もり担当者に連絡してみましょう。

ひこしお
新品か中古のいずれかのダンボールをサービスでもらえるはずですよ。

引越しの荷物のチェックリストを作る!

引越しの荷物に「通し番号」を付け、荷物の点数を把握しておきましょう。

通し番号をつけておけば、荷物の個数を簡単に確認できます。

ひこしお
混載便は「単身プラン」利用者が多いと思いますので、荷物量も少なく、個数管理も簡単ですよね。

ダンボールなどの箱に、ペンで直接「番号」を記載しておきましょう。

上でご紹介したように、小物類をダンボールに荷造りしておけば、番号管理するのも簡単です。

家具や電化製品などは、マスキングテープや養生テープを貼り、その上から番号を記載すると良いですよ。

ひこしお
余裕があれば、番号管理に加えて、荷物のチェックリストを作成しておくと完璧です。

トラックへの積み込み時に引越し業者と荷物の個数を確認する!

荷物の個数を明確にしておけば、万が一紛失が発生した時に、引越し業者に責任を追求できます。

荷物をトラックへ積み込む前に、引越し業者と荷物の個数を擦り合わせておきましょう。

引越し業者によっては、荷物に「番号シール」を貼って、個数を確認する業者もあります。

筆者が知っている範囲で、混載便の番号管理をしている業者は下記の2社です。

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
双方で個数を確認すれば、ダブルチェックにも繋がりますね。
ひこしお
紛失トラブルを避けるためにも荷物の個数チェックは必須です。

新居で混載便の荷物が全部あることを確認する!

新居で荷物を下ろす際は、通し番号が全部揃っていることを確認しましょう。
通し番号が揃っていれば、紛失なく引越しできた証拠ですよね。

荷物の個数が足りない場合は、「荷物チェックリスト」と「通し番号」を照合し、何が紛失しているか明確にしましょう。

その場で引越し業者に「◯番の△△が足りません」と伝えれば、流石に言い逃れできません。

ひこしお
引越し業者も紛失を認め、すぐに何かしらの方法で費用面の補償をしてもらえるはずです。
注意点荷物の番号管理をしていないと、「そんな物は無かったと思いますよ!?」なんて曖昧な対応をされるリスクもありますので、気をつけましょう。

混載便で荷物の紛失を防ぐその他のポイント!

荷物を番号管理すれば、混載便の紛失トラブルも解決できそうですね!
ひこしお
紛失を回避する方法は、まだ他にもあります。

上記以外で紛失を未然に防ぐ方法をご紹介していきます。

信頼できる引越し業者を利用する!

混載便を活用する場合は、荷物管理を厳格に行っている引越し業者を利用しましょう。

冒頭でご紹介した通り、混載便は次のような理由で、荷物の紛失が発生しやすいです。

  • 荷物の積み下ろし作業を頻繁に行う
  • 10tトラックに複数のお客様の荷物をまとめて積み込む
注意点荷物管理のいい加減な業者に依頼すると、それだけ紛失トラブルも起きやすくなります。

紛失が起きた時の対応も、業者によって様々です。

紛失時は費用面で補償してもらえる業者を利用することも大事なポイントです。

見積もりの際は、荷物の管理方法や紛失時の補償範囲を確認し、納得のできる業者を選んでくださいね。

おすすめな引越し業者を教えてください!
ひこしお
個人的には、サービス内容が充実していて、料金面での補償範囲も手厚い「サカイ引越センター」がおすすめです。
関連記事

引越し業界大手のサカイでも、値引きのコツさえ掴んでおけば、驚くほど簡単に値引きを引き出せます。ひこしおこんにちは。元サカイ営業マンの「ひこしお」です。今回は、サカイ引越センターから値引きを引き出す[…]

サカイ引越センター

貴重品は引越し業者に預けない!

貴重品の紛失は、引越し業者も費用面の責任を取ってくれません。

引越しの際は、必ず貴重品を自己管理するようにしましょう。

ちなみに印鑑も貴重品に該当します。

引越しの期間中は、何かと手続きも多いですので、印鑑を使用する機会もたくさんあります。

印鑑を誤って梱包してしまうと、開梱するまで使えなくなってしまいますので、注意しましょう。

貴重品の梱包方法はこちらで詳しくご説明しておりますので、併せてご確認くださいね。

ブランド品は分からないように梱包する!

引越しの最中での盗難リスクは、ゼロではありません。

長距離の混載便は、事務所に一旦荷物を下ろすことが一般的です。

引越し業者の事務所は、アルバイトや派遣スタッフも含め、様々な人間が出入りしています。

注意点エルメスやルイビィトンなどの高級バッグが生身の状態で置かれていると、盗まれてしまうリスクも否定できません。
ひこしお

高級ブランド品は必ずダンボールへ梱包し、中身が分からないように荷造りしておきましょう。

またバッグの梱包方法が悪いと、カバンの型崩れの原因になります。

バッグの正しい梱包方法は『引越しでバッグの傷・型崩れ防止!カバンの梱包方法やコツまとめ!』で解説していますので、この機会にチェックしてくださいね。

引越しの荷物の紛失が疑われるときの対応!

引越し作業が完了し、新居で荷解きをしていると、「アレが無い!」なんてケースもあると思います。

荷物のチェックリストを作っていなかったので、その場で業者に追求できませんでした。汗
ひこしお
荷物の紛失が疑われるときの対処方法を見ていきましょう。

部屋にある引越しの荷物を再チェック!

まずは紛失物がお部屋の荷物に紛れていないか、再度チェックしてみましょう。

引越し業者で勤めていると、お客様から「荷物が無いのですが」といった連絡を受けることも珍しくありません。

注意点お客様の新居から紛失物が見つかることも少なくありません。

ダンボールに荷造りした荷物の存在を忘れていて、無くなったと勘違いされる方もいらっしゃいます。

また「家電製品」や「テレビの配線」などの荷物は、引越し業者がサービスでダンボールに梱包している場合も多いです。

ひこしお
ダンボールなどの箱類は全て開梱し、本当に荷物が紛失しているか確認してくださいね。

引越し業者へ連絡!

引越しの荷物の紛失は、3ヶ月以内に業者へ連絡しないと、時効になります。

引越し業者は、国土交通省と「標準引越運送約款」を締結しており、サービス内容や料金補償などの取り決めがされています。

この約款には、「荷物の紛失の責任は、荷物を引き渡した日から3ヶ月以内にお客様から通知がない場合、消滅する」と明記されています。

注意点少しずつダンボールの開梱を進る方も多いと思います。

それでも荷解きは3ヶ月以内に終わらせ、紛失物がある場合に、すぐ連絡できるようにしましょう。

ひこしお
引越し業者への連絡先は、見積もりに来た営業マンが適任です。

「3ヶ月以内」にとらわれず、荷物の紛失がある場合は、少しでも早く連絡しましょうね。

引越しが終わったら、すぐに荷物が全部揃っているか確認します。

混載便でも引越しの荷物の紛失は防げる!

いかがでしたでしょうか。

混載便は長距離引越しでも格安料金で対応できますが、荷物の紛失トラブルに見舞われるお客様がいるのも事実です。

荷物の紛失問題は、混載便のデメリットの代表格でもあります。

混載便の荷物紛失を防ぐためには、

  • 信頼できる引越し業者を利用する
  • 紛失しやすい小物類は、全てダンボールに梱包する
  • 荷物リストを作成し、通し番号をつけて管理する
  • 新居で全部の荷物が揃っていることを確認する

ことがポイントです。

万が一荷物が紛失している場合は、すぐに引越し業者へ連絡することも忘れないでくださいね。

ひこしお
自分でも荷物の管理をしておけば、混載便の紛失も怖くありません。
早速、荷物のチェックリストを作成しようと思います。