引越しの見積もりは何ヶ月前から?

引越しの見積もりは何ヶ月前から可能?理想のタイミングと対応業者!

本日のお悩み
  • 引越しの見積もりは何ヶ月前に取るべき?
  • そもそも何ヶ月前から見積もりを依頼できるの?
  • 何ヶ月も前から見積もりを取るメリットはあるの?
ひこしお
引越し業界人の「ひこしお」です。
本日は、このようなお悩みにお応えしていきます。

引越しの準備は早めが良いとは言いますが、見積もりを取るタイミングも同様です。

他の人より早く見積もりを依頼すれば、それだけ料金やサービス面で優位に契約できます。

注意点もちろん、早ければ何でも良いという訳ではありません。

ある程度の引越しの基本情報が揃っていないと、業者も見積もり料金を算出できません。

大事なポイントは、

  • 何ヶ月前から見積もりを依頼できるか事前に把握し、
  • 引越しの目処がついたタイミングですぐに見積もりを取る

ことです。

ひこしお
本記事を存分に活用して、最高のタイミングで見積もりを依頼しましょう。

引越しの見積もりは少しでも早い方が良い!

引越しの見積もりを取るタイミングは、早ければ早いほど有利に働きます。

何ヶ月も前から引越しの予約をすれば、より好条件で引越しができます。

具体的には、次のようなメリットがあります。

  • 引越し料金が安くなる可能性が高い
  • 希望日に引越しできる
  • 荷造りや各種手続きに余裕を持てる
ひこしお
それぞれ解説していきますね。

引越し料金が安くなる可能性が高い!

引越し業者の料金設定は、繁忙状況によって大きく異なります。
ひこしお
一言で言うと、忙しい日は高くなり、暇な日は安くなりやすいです。

何ヶ月も前から見積もりを取れば、まだ契約を取れていない可能性が高く、料金も安く設定されやすいです。

注意点引越しの1〜2週間前に見積もりを取ると、すでに契約で埋まっていることも多く、料金も割高に設定されがちです。

引越しの料金を安くするためにも、前もって見積もりを取ることは、王道のテクニックです。

ひこしお
3月などの繁忙期は、引越しの費用も高騰します。
何ヶ月も前から見積もりをとって、少しでも費用を抑えたいですね。

希望日に引越しできる

引越しの直前に見積もりを依頼すると、すでにトラックが満車になっていて、希望日に対応してもらえない場合もあります。

特に3月の繁忙期は、こうしたケースも増えます。

また「土日」「祝日」「大安」は、通年して引越し件数が集中しやすく、直前では予約を取りづらいです。

繁忙期や上記日程に引越し予定の方は、なるべく前もって見積もりを依頼するよう心がけてくださいね。

何ヶ月も前から見積もりを取れば、繁忙期でも希望日に予約を入れられるのですね。
ひこしお
3月は引越し件数が爆発的に増えるので、2ヶ月以上前から見積もりを取りましょう。

引越しの荷造りや手続きに余裕を持てる

引越しに伴う「荷造り」や「手続き」は、想像以上に大変で時間がかかります。

引越しの1週間前に予約をした場合は、荷造りも大慌ててです。

何ヶ月も前から引越しの予約をしていれば、その日に合わせて、ゆっくりと荷物の梱包を進められます。

注意点引越しの荷造りが終わっていない場合、追加費用が発生したり、荷物の運搬を断られる可能性もあります。

荷造りが終わらない危険性はこちらで詳しく解説しています。

また引越しでは、何かと手続きに追われるものです。

代表的な手続きを下にまとめてみました。

  • 賃貸物件の解約
  • 光通信サービスの変更・解約
  • 電気・ガス・水道の変更・解約
  • 粗大ゴミの申請
注意点粗大ゴミは、自治体ごとに回収日が定められています。

引越しまでに余裕のない場合、スケジュール的に粗大ゴミで処分できない可能性もあるので注意が必要です。

引越しの準備は大変です。汗
ひこしお
何ヶ月も前から引越しの契約をしていれば、余裕を持って準備できますよ。

引越しの見積もりは何ヶ月前から依頼できるの?

利用するサービスや引越し業者によって、何ヶ月前から見積もりを取れるか異なります。
  • 「引越し一括見積もりサイト」は3ヶ月前から利用可
  • 「サカイ引越センター」は何ヶ月前からでも利用可
ひこしお
それぞれ詳しく見ていきましょう。

引越し一括見積もりサイトは3ヶ月前から!

引越し侍」に代表される「引越し一括見積もりサイト」では、引越しの3ヶ月前から見積もりを依頼できる仕様になっています。
引越し一括見積もりサイトとは何ですか?
ひこしお
複数の引越し業者へ同時に見積もりを依頼できるサービスです。
参考引越し一括見積もりサイトとは、

  • 引越し予定日(大体で可)
  • 住所(大体で可)
  • 荷物の量(大体で可)
  • オプション有無(エアコンの脱着など)

などの簡易情報を入力するだけで、最大10社程度へ同時に見積もりを依頼できるサービスです。

引越し一括見積もりサイトの詳細はこちら

このサービスを利用すれば、それぞれの業者の料金を比較できるため、最安値の業者を簡単に探し出せます。

ひこしお
引越し予定日まで3ヶ月を切っている方は、ぜひ引越し一括見積もりサイトをご活用くださいね。
早速、引越し侍から見積もりを依頼しようと思います。

サカイ引越センターは何ヶ月前でも利用可能!

引越し業界最大手の「サカイ引越センター」では、「何ヶ月前」の縛りに問わられることなく、いつでも見積もりを取れます。
1年以上先の引越しの見積もりでも対応してくれるのですか?
ひこしお
引越しの基本情報が揃っていれば大丈夫です。

サカイ引越センターの公式サイトでは、2年以上先の日付でも、見積もりを依頼できます。

お子様のご入学などの事情で、3月の繁忙期に引越し予定の方もいらっしゃると思います。

これだけ前もって予約すれば、繁忙期の引越しも怖くありません。

ひこしお
3ヶ月以上先の引越しが決まっている方は、サカイ引越センターに見積もりを依頼してみましょう。

引越しの見積もりに必要な最低限の情報!

引越しに関する最低限の情報がないと、見積もり料金を提示してもらえない可能性があります。

サカイ引越センターを利用すれば、引越しの何ヶ月前からでも、見積もりを依頼できました。

ただ以下の最低限の情報が揃っていないと、引越しの見積書をもらえない場合もあります。

  • 引越し予定日(大体で可)
  • 新居の住所(市区町村レベルで可)
  • 荷物の量(大体で可)
参考新居の住所は、大体の輸送距離を把握するために利用します。

引越し先の物件が決まっていない場合は、取り敢えず、市区町村レベルの住所で問題ありません。

新居の物件を契約したら、住所の詳細を引越し業者へ連絡してくださいね。

訪問見積もりでは、荷物の量や輸送距離を確認し、トラックの台数や作業員の人数を計算します。

注意点荷物や住所などの情報が曖昧だと、正確な引越し料金を算出できません。

具体的な引越し内容が決まり次第、再度訪問見積もりを依頼して頂くことになります。

何ヶ月も先の引越しだと、こうした情報も曖昧になりがちです。

ひこしお
見積もりは、上記の「最低限の情報」を準備できてから依頼しましょう。

引越しが決まったら何ヶ月前でも予約しよう!

何ヶ月前から引越しの見積もりを依頼できるかご確認いただけましたでしょうか。

ポイントをまとめると、

  • 引越しの見積もりは、少しでも早く依頼した方が良い
  • 引越し一括見積もりサイトは、3ヶ月前から利用できる
  • サカイ引越センターは、何ヶ月前でも利用できる
  • 見積もり時は、最低限の基本情報が必要
  • このようになりましたね。

    何ヶ月も前から訪問見積もりを依頼すれば、費用やサービス面など、優位な条件で引越しの契約を結べます。

    また荷造りや手続きといった準備にも、余裕を持って対応できます。

    ひこしお
    引越しが決まったら、何ヶ月前でも見積もりを依頼しましょう。
    引越しの準備はまだ先の話と思っていましたが、今から見積もりを依頼しようと思います。