引越しで冷蔵庫のマットを敷く

冷蔵庫の床傷・凹み防止に!引越しでマットを敷くメリットと対応業者!

本日のお悩み
  • 冷蔵庫のマットって本当に必要なの?
  • 冷蔵庫サイズの下敷きを販売している引越し業者はどこ?
  • マットの設置にかかる費用はどのくらい?
ひこしお
引越し作業員の「ひこしお」です。
今回は「冷蔵庫のマット」に関するお悩みにお応えしていきます。

引越しは、冷蔵庫の下にマットを敷く絶好の機会です。

とはいえ、下敷きの必要性に疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。

マットを敷く際の費用も気になります。
ひこしお
これらのお悩みを全て解決していきましょう。

マットの効果や料金を整理して、納得した上で、購入是非を判断なさってくださいね。

引越しで冷蔵庫の下にマットを敷くメリット!

冷蔵庫の下にマットを敷くと、次のような効果を期待できます。

  • 床を傷から保護
  • 床の腐食防止
ひこしお
それぞれ詳しく見ていきましょう。

床を傷から保護!

大型の冷蔵庫は70kgを超える重量物なので、マットを敷かないと、床に凹みや擦り傷が付きます。

特に最近の冷蔵庫は大型化していて、重量もよりヘビー級になりつつあります。

ひこしお
100kgを超える冷蔵庫も珍しくありません。

そんなに重いと、フローリングに凹み傷が付くのも納得できます。

注意点フローリングに凹みや擦り傷が付いてしまうと、退去時に、修理費用を請求される場合があります。

凹み擦り傷の修理は、パテ対応になり、数万円程度の出費が予想されます。

下敷きにマットを敷いておけば、フローリングの凹みや傷も防止できますね。

床の腐食防止!

冷蔵庫から結露した水分が滴って床に蓄積し、フローリングが腐食するケースもあります。

冷蔵庫は風通しの悪い場所に設置されていることが多いため、結露した水分の蒸発にも時間がかかります。

注意点結露した水分で床が腐食すると、退去時に高額な現状回復費用を請求される恐れがあります。

床の腐食の修理は、フローリングを張り替えることになり、10万円弱の費用が発生することも珍しくありません。

下敷きにプラスチック素材のマットを敷いておけば、下敷きの上で水分が蒸発するので、床の腐食を未然に防止できます。

注意点マットの素材の選び方も大切です。

繊維素材のマットは、水分を吸収してしまうので、フローリングを腐食から保護できません。

ひこしお
マットの素材は、水を通さないプラスチックタイプにされることをおすすめします。
退去時に修理費用を払うくらいないら、初めからマットを敷いた方が良さそうですね。

冷蔵庫用の下敷きマットの購入方法!

冷蔵庫サイズのマットを購入するには、次の2通りの方法があります。

  • ホームセンターなどで購入する
  • 引越し業者から購入する
ひこしお
それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ホームセンターなどでマットを購入する場合!

ご自分でマットを購入するメリットは、手軽でリーズナブルに調達できることです。

ニトリやIKEAなどのホームセンターに行けば、冷蔵庫サイズのマットを購入できます。

Amazonや楽天などのネットショッピングでも購入できますよね。
注意点自分でマットを購入した場合、引越し業者によっては、下敷きの設置作業まで行ってくれない可能性があります。

もちろん、新居の冷蔵庫置き場にマットが敷いてあれば、その上に冷蔵庫をセットしてくれます。

注意点冷蔵庫のマットは、旧居からの荷物の中にあることが多いです。

マットがまだトラックに積んである状態で、冷蔵庫が搬入されると、下敷きなしで置かれる可能性が高いです。

これではフローリングに傷がついてしまいますね。

またこの場合、マットの設置作業を依頼すると2度手間になるため、追加料金を請求されることもあります。

ひこしお
ご自分で冷蔵庫のマットを調達する場合は、事前に新居にセットしておくことをおすすめします。

引越し業者からマットを購入する場合!

引越し業者からマットを購入するメリットは、設置まで行ってくれることです。

引越し業者の中には、冷蔵庫サイズの下敷きを販売している業者もあります。こうした業者を利用すれば、自分でマットを購入する手間も省けます。

引越し業者からマットを購入すると、多少割高に感じるかもしれません。ただこの料金は、下敷きのセッティング費用まで含まれています。

注意点100kg前後の冷蔵庫の下に、見た目もよくマットを敷く作業は、容易ではありません。
設置まで考えると、引越し業者からマットを購入するメリットが見えてきますね。
ひこしお
冷蔵庫マットの設置は、日常的に行っている引越し業者へお任せください。

冷蔵庫サイズのマットを購入できる引越し業者と料金相場!

全ての引越し業者が、冷蔵庫サイズのマットを販売しているわけではありません。

引越し業者からマットを購入する際は、業者の選び方も大事なポイントです。

ひこしお
業者の選び方を見ていきましょう。

サカイ引越センター!

サカイ引越センター」では、5,000円で冷蔵庫サイズのマット(通称ポリカ)を購入できます。

こちらの値段は、ポリカの設置料金も込みの価格です。

ポリカは分厚いプラスチック素材で作られているので、強度の面でも申し分ありません。

注意点格安で販売されいてるマットの場合、次のリスクもあります。

  • 下敷きが薄く、凹み傷から守りきれない
  • 冷蔵庫の重量でひび割れし、見た目が悪くなる

サカイ引越しセンターのポリカは、多少割高ですが、それだけ分厚く頑丈に作られています。

設置作業まで込みで5,000円と考えたら、アリだと思います。
ひこしお
まずは見積もりで営業マンに相談してくださいね。

引越し一括見積もりサイトを使用する場合!

引越し一括見積もりサイト」を使用する際は、備考欄に「冷蔵庫用のマットを購入希望」と記載して依頼しましょう。

引越し一括見積もりサイトって何ですか?

参考引越し一括見積もりサイトとは、複数の業者に同時に見積もりを依頼できるサービスです。

各社の料金を容易に比較できるため、引越し料金を大幅に安くできます。

引越し一括見積もりサイトの利用に必要な情報

  • 引越し予定日(大体で可)
  • 引越し先の住所(大体で可)
  • 荷物の量(大体で可)
  • オプション有無(冷蔵庫マットの購入)

引越し一括見積もりサイトの詳細はこちら

備考欄に「冷蔵庫マットを購入希望」と記載しておけば、下敷きを販売している業者から簡単に見積もりを取れます。

ひこしお
それぞれの業者の料金を比較すれば、誰でも最安値で引越しできます。

引越し一括見積もりサイトの中でも「引越し侍」は、提携業者数320社以上と圧倒的に多くておすすめです。

私も「引越し侍」を利用して、引越し料金を節約しようと思います。

すでに引越しの契約をしている場合の対応!

引越しの契約を済ませた後から、冷蔵庫のマットの必要性を感じた方もいらっしゃると思います。

この場合におすすめな対処方法は次の通りです。

  • 引越し業者に冷蔵庫マットの物販がないか問い合わせる
  • 自分で冷蔵庫マットを購入して引越し業者に設置してもらう
ひこしお
それぞれ見ていきましょう。

引越し業者に冷蔵庫マットの物販がないか確認!

大手引越しセンターなら、冷蔵庫のマットを物販している可能性があります。

上では、冷蔵庫マットの購入におすすめな引越し業者として、サカイ引越センターをご紹介しました。

サカイ引越センターなら、在庫次第ですが、引越し当日にマットを購入することも可能です。

サカイ引越センター以外の業者でも、冷蔵庫の下敷きを取り扱っている業者はあります。

ひこしお
まずは見積もり担当者に連絡して、冷蔵庫のマットを購入できるか問い合わせてみましょう。

自分で冷蔵庫マットを購入して引越し業者に設置してもらう!

お客様が購入した冷蔵庫マットをサービスで設置する引越し業者もあります。

契約済みの引越し業者に、冷蔵庫サイズのマットの取り扱いがない場合は、自分で購入する必要があります。

見積もり担当者へ連絡して「マットを購入するので、冷蔵庫の下に敷いて欲しい」と相談してみましょう。

ひこしお
事前に説明することで、引越し業者もサービスで対応してくれる可能性が高くなります。
注意点事前連絡なしで、引越し当日に「下敷きを敷いてください」と依頼すると、追加料金を請求される場合があります。

それでも追加料金を請求される場合は、事前に新居へマットを運ぶなどして、冷蔵庫の搬入前に下敷きをセッティングしておきましょう。

引越しのついでに冷蔵庫の下にマットを敷こう!

冷蔵庫の下にマットを敷く必要性や、引越し業者の活用方法はご確認いただけましたでしょうか。

ポイントをまとめると、

  • 冷蔵庫の下にマットを敷けば、フローリングの傷や腐食を防止できる
  • マットのセッティングは大変なので、引越し業者へ依頼するのがおすすめ
  • サカイ引越センター」は、セッティング費用込みで5,000円で対応
  • 引越し一括見積もりサイト」利用時は、備考欄に「冷蔵庫マット希望」と記載

このようになりました。

注意点冷蔵庫の下にマットを敷かないと、退去時に傷や腐食の修理代金を請求されるリスクもあります。

マイホームを購入される方も、フローリングに傷や腐食が発生することは避けたいですよね。

ひこしお
引越しはマットを敷く絶好のタイミングですので、この機会を逃さないようにしましょう。
早速、マットを敷いてくれる引越し業者に見積もりを依頼してみます。