引越しで冷蔵庫の電源を切り忘れた

冷蔵庫の電源を切り忘れた!引越し直前にできる対策と運搬上のリスク!

引越し前に冷蔵庫の電源を切り忘れてしまったのですが、大丈夫でしょうか?
ひこしお
引越し業界人の「ひこしお」です。
今回は「冷蔵庫の電源の切り忘れ」について説明していきます。

見積もりの際に、営業マンから「冷蔵庫の電源は前日に切っておいてください」と説明されることも多いです。

ただ、荷造りや手続きなどの引越し準備に追われていると、うっかり冷蔵庫の電源を切り忘れることもありますよね。

そこで今回は、

  • 引越し前に冷蔵庫の電源を切るべき理由
  • 冷蔵庫の電源を切り忘れることのリスク
  • 電源を切り忘れた時の対処方法

などを詳しく解説していきます。

冷蔵庫の電源は事前に切っておいた方が無難ですが、切り忘れた場合は、その後の対応も大切です。

ひこしお
本記事をご参考にして、慌てることなく対応してくださいね。

引越しの前に冷蔵庫の電源を切る理由!

引越しの前に冷蔵庫の電源を切ることで、内部の水分が蒸発皿へ集められます。

冷蔵庫の冷却装置には、凍った水分が霜降り状に蓄積されています。

冷蔵庫のコンセントを抜くことで、この霜が溶け、水分を蒸発皿へ集めることができます。

参考蒸発皿は、本体の背面に設置されている場合が多いです。

蒸発皿に溜まった水分は引越し業者が捨ててくれますので、自分で対応する必要はありません。

ちなみに冷蔵庫の水抜きとは、この蒸発皿に溜まった水分を捨てる作業過程全般のことです。

電源を切り忘れた場合、この蒸発皿に水分が溜まらず、水抜きができません。

冷蔵庫の水抜きの方法はこちらで詳しく解説していますので、併せてご確認くださいね。

ひこしお
水抜きされていない冷蔵庫には運搬上のリスクがあるため、見積もりでは電源を切るようにお願いしています。

冷蔵庫の電源を切り忘れても引越し業者は運んでくれる!

引越し業者は、冷蔵庫の電源を切り忘れていた場合でも、問題なく運搬してくれます。

ネット上には、電源の切り忘れた冷蔵庫は、運搬してくれないリスクもあるといった記事も散見されます。

筆者は、大手・中小含め複数の引越し業者で仕事をしてきましたが、このような事例を見聞きしたことはありません。

ひこしお
電源を切り忘れたくらいで運搬を断られるケースはないと思います。

もちろん電源を切り忘れたからといって、運搬に追加料金を請求する業者もないはずです。

冷蔵庫の電源を切り忘れていましたが、安心できました。
ひこしお
ただ電源を切り忘れることにリスクがあるのも事実です。

引越しで冷蔵庫の電源を切り忘れた時のリスク!

冷蔵庫の電源を切り忘れて水抜きが不十分だと、次のようなリスクを伴います。
  • トラック内で冷蔵庫周辺の家財が濡れる
  • 冷蔵庫から水が漏れて新居が水浸しになる
  • 冷蔵庫の内部故障に繋がることもある
ひこしお
それぞれ確認していきましょう。

トラック内で冷蔵庫周辺の家財が濡れる!

運搬中に冷却装置の霜が溶けて蒸発皿に蓄積すると、トラックの振動で水分が漏れ出します。

トラックの中は、冷蔵庫の周囲にタンスやダンボールなどの家財も密集して積んであります。

トラック内で冷蔵庫から水が漏れると、周辺に積んである荷物が水浸しになります。

注意点タンスなど木製品の家具は、水に濡れるとシミになることも珍しくありません。

ダンボールは、水に濡れるとフヤフヤになってしまいます。

冷蔵庫の電源を切り忘れると、他の家財に悪影響を与えてしまうのですね。

冷蔵庫から水が漏れて引越し先が水浸しになる!

引越し中に冷蔵庫の霜が溶けて蒸発皿に溜まると、新居に搬入する際に、床がびしょ濡れになる場合があります。

冷蔵庫を新居へ搬入する時は、本体を斜めにして運び入れることも多いです。

トラックでの運搬中に蒸発皿に水が溜まると、本体を斜めにした際に、大量の水が漏れ出す可能性もあります。

床がびしょ濡れになってしまいますね。汗
ひこしお
せっかくの新居が水浸しになることを避けるためにも、電源の切り忘れには注意して欲しいですね。

冷蔵庫の内部故障に繋がることも!

引越しの最中に冷蔵庫から水が漏れると、冷却機能などの内部故障に繋がる恐れもあります。

冷蔵庫は電化製品ですので、基本的に水漏れは避けた方が無難です。

引越しの過程で水が漏れると、冷えが悪くなるなどの内部故障に繋がる可能性もゼロではありません。

注意点冷蔵庫の内部故障に関しては、引越し業者の保証範囲外です。

水漏れが原因で冷蔵庫の冷えが悪くなったとしても、引越し業者は弁償してくれませんので、注意が必要です。

冷蔵庫は高額家電製品ですので、故障は絶対に避けたいです。
ひこしお
こうしたリスクもあるので、見積もりの際は「冷蔵庫の電源を抜いてください」と説明しています。

引越し前に冷蔵庫の電源を切り忘れた時の対処方法!

冷蔵庫の水抜きの重要性を理解していても、うっかり電源を切り忘れることもありますよね。

電源を切り忘れたリスクを聞かされると、パニックになってしまいます。
ひこしお
まずは落ち着いて、以下の対策をとってくださいね。

すぐに冷蔵庫の電源を抜く!

冷蔵庫の電源を切り忘れたことに気づいたら、すぐにコンセントを抜きましょう。

冷却装置の氷は、冷蔵庫の電源を抜いた瞬間から溶け出します。

夏の暑い時期なら、1時間程度でもある程度の水抜きができます。

注意点冬の寒い時期は、内部の氷が溶けるのに時間がかかります。

可能なら暖房をつけるなどして、なるべく部屋を暖かくしておきましょう。

ひこしお
一般的なファミリータイプの引越しの場合、作業時間も1時間程度はかかります。

引越し業者が到着する直前のタイミングで冷蔵庫の電源を抜いても、ある程度の水抜きは可能ですので、冷静に対処しましょう。

引越し業者へ冷蔵庫の電源を切り忘れたことを伝える!

引越し業者へ冷蔵庫の電源を切り忘れたことを伝えれば、いくつかの水漏れ対策を講じてくれる可能性もあります。

具体的にどのような対応をしてくれるのですか?
ひこしお
代表的な水漏れ対策は以下の通りです。
  • トラックに積む際に冷蔵庫の下にダンボールを敷く
  • 引越し先に搬入する前に蒸発皿の水を抜く
  • 新居の廊下に毛布を敷く
  • なるべく垂直に運ぶ

このように引越し作業を進めることで、冷蔵庫の水抜きがされていなくても、水漏れ被害を軽減することは可能です。

注意点冷蔵庫の電源を切り忘れたからといって、必ずしも上記対応をとってくれるとは限りません。

電源を切ることはお客様の事前準備に含まれているため、水漏れ対策を講じてくれない場合もあります。

ひこしお
何も伝えないよりは100倍マシですので、まずは作業員へその旨を伝えてみましょう。

引越しで冷蔵庫の電源を切るタイミング!

冷蔵庫の電源は、引越しの24時間前には切っておくことをおすすめします。
ひこしお
こちらは、引越しまでに時間のある方を対象にした内容です。

冷却装置に付着した氷を溶かすには、ある程度の時間が必要です。

氷を完全に溶かして水抜きするためにも、可能なら24時間前、最低でも12時間前のタイミングで電源を切って準備しておきましょう。

もちろん冷蔵庫の電源を切ると、中身の冷凍・冷蔵食品を痛めてしまいます。

注意点電源を切り忘れるリスクの方が大きいですので、早めのタイミングでコンセントを抜いておきましょう。

引越しで冷蔵庫の中身の食材を痛めないためには、食材管理スケジュールを立てるなどして、計画的に準備する必要があります。

引越しに向けた冷蔵庫の荷造りのポイントはこちらで解説していますので、併せてご確認くださいね。

引越し前に冷蔵庫の電源を切り忘れても落ち着いて対応しよう!

繰り返しになりますが、引越しの前に冷蔵庫の電源を切り忘れても、運搬を断られたり、追加料金を請求される心配はいりません。

ただ冷蔵庫の電源を切り忘れると、水漏れする危険性があります。

ひこしお
引越し業者のスタッフにとって、冷蔵庫から水漏れすることは、決して珍しい光景ではありません。

まずは引越し業者のスタッフに「冷蔵庫の電源を切り忘れた」と伝えましょう。

引越し業者によっては、ある程度の対策を講じてくれる可能性もあります。

引越しまで余裕のある方は、冷蔵庫の中身の食材管理を明確にして、電源を切る準備を初めていきましょう。

ひこしお
電源を切り忘れたからといって焦らず、落ち着いて対応してくださいね。
関連記事

今回のお悩み 冷蔵庫の吊り上げ料金ってどの位かかるの? 格安で冷蔵庫を吊り上げてくれる業者を知りたい! 冷蔵庫を2階に搬入できるか心配!ひこしお引越し作業員の「ひこしお」です。[…]

引越しで冷蔵庫を吊り上げる時の料金