引越しギリギリで見積もり

まだ間に合う!ギリギリで引越しの見積もりを取る方法と注意点!

今回のお悩み
  • 引越しの見積もりはギリギリでも大丈夫?
  • ギリギリでも見積もりを取れる引越し業者はどこ?
ひこしお
引越し業界人の「ひこしお」です。
本日はこのようなお悩みにお応えしていきます。

いろいろな事情が重なって、引越しの見積もりがギリギリになってしまった方もいらっしゃいますよね。

引越しギリギリでも見積もりを取ることは可能ですが、いくつかの注意点もあります。

そこで今回は、

  • ギリギリで引越しの見積もりを取るときの注意点
  • ギリギリのタイミングで引越しの見積もりを依頼する方法

などを詳しく解説していきます。

引越しまでギリギリの方は、見積もりの取り方がとても大切です。

注意点見積もりの取り方を誤ると、引越し業者を手配できず、「引越し難民」になってしまう恐れもあります。
ひこしお
本記事を存分に活用して、引越し難民になることなく、無事に引越しを乗り切りましょう。

引越しまで一週間を切ったらギリギリと意識しよう!

世間的には、引越しの2週間から1ヶ月前に見積もりを取ることが平均的とされています。

引越しまで2週間を切ると、あまり時間的な余裕のない状態と言えます。

1週間を切っているのに見積もりを依頼していない場合は、まさにギリギリの状態です。

悠長に構えていると、引越し業者の見つからない「引越し難民」になってしまう危険性もあります。

引越しまでギリギリなので、今すぐに見積もりを依頼しようと思います。
ひこしお
その前にギリギリで見積もりを取る際の注意点を確認しておきましょう。

ギリギリに引越しの見積もりを取るときの注意点!

引越しまでギリギリの状態で見積もりを依頼すると、次のような問題が生じやすいです。

  • 引越し業者によっては対応してもらえない
  • 引越し料金が相場より高くなりやすい
  • 荷物を梱包する時間が限られる
ひこしお
それぞれの問題と解決策を見ていきましょう。

引越し業者によっては対応してもらえない!

引越し業者によっては、ギリギリのタイミングでの見積もりに対応できない可能性があります。

ギリギリの見積もりの対応可否は、その引越し業者の繁忙状況と密接な関係があります。

引越しまで1週間を切ってくると、業者のトラックの配車スケジュールも埋まってきます。

注意点すでにトラックが予約で満車になっていると、その日は引越しを断られるかもしれません。

特に3月の引越し繁忙シーズンの場合、ギリギリに見積もりを依頼すると、作業を断られる可能性も高くなります。

特定の「〇〇引越しセンター」のみに見積もりを依頼していると、作業を断られた時に、引越し難民になってしまいます。

ひこしお
ギリギリのタイミングで引越しの見積もりを依頼するときは、複数の会社と連絡を取り、対応できる業者を探し出しましょう。

引越し料金が相場より高くなりやすい!

引越しの料金は、前もって予約を取るほど、安くなる傾向があります。

ギリギリのタイミングで見積もりを依頼すると、料金も相場より高額になりやすいです。

引越しの1週間前になると、引越し業者の配車スケジュールも、ある程度は埋まってきます。

そこに新規で引越しを追加すると、業者に以下の追加費用が発生してきます。

  • 社員の休日出勤手当
  • アルバイト作業員の追加手配
  • トラックの手配(提携運送会社からなど)

こうした費用が上乗せされ、引越し料金も割高になりやすい事情があります。

また引越しまでギリギリのタイミングだと、お客様も「早く業者を決めなければ!」という焦りが生じてきます。

この焦りに乗じて、平均より高めの料金を設定しても契約を取れてしまう背景もあります。

ひこしお
引越しまでギリギリでも、複数の業者に見積もりをとって、料金を比較しましょう。

荷物を梱包する時間が限られる!

引越しまでギリギリの場合、荷物の梱包作業も急ピッチで進める必要があります。

単身の引越しなら荷造りもすぐ終わりますが、家族タイプの引越しは荷造りにも時間がかかります。

引越し当日までに荷造りが間に合わないと、次のようなリスクを伴います。

  • 梱包補助に追加料金を請求される
  • 未梱包の荷物を運んでもらえない

詳しくは『知らないと大変!引越しの荷造りが終わらない危険性と対処方法!』で解説していますので、不安な方はこちらもご確認ください。

お客様によっては、初めから荷物の梱包を引越し業者に依頼する方もいらっしゃると思います。

注意点ただ引越しまでギリギリの場合、引越し業者も梱包作業員を手配する余裕がなく、対応できない可能性もあります。
ひこしお
ギリギリで見積もりを取る際は、荷物の梱包作業が間に合うかも考慮しましょう。

引越し一括見積もりサイトを利用すればギリギリでも安心!

「引越し侍」などの「引越し一括見積もりサイト」を利用すれば、ギリギリの状態でも、複数の業者に速攻で見積もりを依頼できます。

引越し侍
引越しまでギリギリの方は、少しでも多くの業者に連絡をして、対応できる会社を探し出す必要があります。

自分からたくさんの引越し業者へ連絡するのは大変です。汗
ひこしお
引越し一括見積もりサイトを利用すれば、業者から連絡をもらえるため、面倒な手間を一切省略できます。

参考引越し一括見積もりサイトとは、

  • 引越し希望日
  • 住所
  • 荷物(省略可)

などの簡単な情報を入力するだけで、同時に複数の業者へ見積もりを依頼できるサービスです。

「引越し一括見積もりサイト」の中でもおすすめなサービスは「引越し侍」です。

引越し侍は、提携業者数320社以上と、類似サービスの中でも圧倒的に多いです。

大手はもちろん、中小引越しセンターまで幅広く網羅されているため、引越しまでギリギリの方でも、確実に対応できる業者を探し出せます。

ひこしお
それぞれの業者の料金を比較すれば、引越しの費用を抑えることもできます。
早速「引越し侍」から見積もりを取ろうと思います。

引越し先の住所は市区町村レベルで見積もりを依頼できる!

新居が確定するまで見積もりを保留にしていると、上でご紹介したように、状況が刻一刻と悪くなっていきます。

引越しの見積もりがギリギリになる原因として、「新居の住所が未確定で見積もりを依頼できない」という方がいらっしゃいます。

引越し先の住所は、市区町村レベルで確定していれば、見積もりを依頼して問題ありません。

ひこしお
新居の住所は、移動距離を把握するために利用します。

市区町村レベルで住所が確定していれば、大体の移動距離を把握できるため、引越しの費用も算出できます。

ひこしお
市区町村レベルで住所が決まったら、「引越し侍」などのサービスで見積もりを依頼しましょう。

引越しまでギリギリなら今すぐに見積もりを依頼しよう!

いかがでしたでしょうか。簡単に上記の内容をまとめていきましょう。

引越しまでギリギリの場合、

  • 引越し業者によっては対応できない
  • 引越し料金が相場より高くなりやすい

などの注意事項があります。

見積もりを依頼する際は、特定の「〇〇引越しセンター」1社に絞らず、少しでも多くの業者に依頼することが大事なポイントです。

check引越し一括見積もりサイトを利用すれば、複数の業者に見積もりを依頼して料金を比較できるため、ギリギリでも好条件の会社を探し出せます。

特に「引越し侍」は、提携している引越し業者の数が圧倒的に多くておすすめです。

ひこしお
引越しまでギリギリの方にとって、「引越し侍」
は必須ツールです。
私も引越し侍で見積もりを依頼しようと思います。