引越しの見積もりのからくり

業界人が暴露!引越しの見積もりのからくりと料金を安くする方法!

本日のお悩み
  • 引越しの見積もりが業者毎に異なるからくりは?
  • からくりを活かした値引き方法を知りたい!
ひこしお
引越し業界人の「ひこしお」です。
本日は見積もりのからくりについてお応えしていきます。

ご存知の通り、引越しの料金は業者毎に大きく異なります。
だからこそ国民生活センターも、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめしています。

今回の記事では、もう一歩踏み込んで、見積もり金額が異なる「からくり」を詳しく見ていきましょう。

ひこしお
見積もりのからくりを抑えて、業者との値引き交渉を効率的に進めてくださいね。

引越しの見積もり料金のからくり!

引越しの見積もり=「定価」−「値引き」

引越しの見積もりのからくりを理解するには、「定価」と「値引き」に分割して考えると分かりやすいです。

ひこしお
それぞれ詳しく解説していきます。

引越しの見積もりの定価について!

引越しの定価=「基本料金」+「実費」+「割増料金」+「オプション料金」

見積もりシステムのある大手引越センターなら、荷物量や移動距離を入力すると、この定価が自動的に算出されます。

ひこしお
それぞれの項目ごとに、より詳しくみていきましょう。

基本料金

基本料金とは、引越しの「作業時間」や「移動距離」に応じて決められた費用のことです。

基本料金に関しては、国土交通省より目安金額がアナウンスされているため、引越し業者ごとの差異は少ないです。

基本料金の目安は下記の通りです。

輸送距離作業時間2tまで4tまで
100kmまで4時間以内20,00024,000
同上8時間以内34,00040,000
150kmまで44,00050,000
200kmまで52,00059,000
ひこしお
お客様の引越しにどのくらいの基本料金が加算されているかチェックしてみましょう。

実費

実費とは、「人件費」や「資材費」などの合計料金のことです。

人件費は、作業員の人数が増えるほど加算されていきます。

作業員の人数を決めるからくりは、次の3つです。

  • 荷物の量
  • 横持ちの距離
  • エレベーター有無
エレベーターの有無で見積もりが変わるのは意外です。
ひこしお
エレベーターのない階段現場の場合、作業時間が長くなりやすいため、作業員を増員して対応する傾向があります。

階段現場の階数ごとの割増費用は『エレベーターなしの引越しの料金相場はどのくらい?注意点も解説!』でご確認くださいね。

資材費は、業者から提供される引越しツールのことです。

主な引越し資材は次の通りです。

  • ダンボール
  • ガムテープ
  • クッション材
  • 家具の梱包資材(パッド・ジャバラなど)
引越し業者から「ダンボールは無料」と言われましたよ?
ひこしお
ダンボール無料にもからくりがあって、定価に含まれているため、オプション料金が発生しないということです。

割増料金

引越しの日程や時間帯によっては、見積もりに割増料金が加算される場合があります。

割増料金が発生するからくりは、次の通りです。

  • 日曜・祝日
  • 深夜・早朝(夜10時〜翌5時)
  • 冬季(豪雪地帯限定)

割増料金のからくりを理解していれば、こうした日程や時間帯を回避することで、引越しの費用を安くできます。

世間的にも、日曜や祝日は、引越しの料金が高いイメージがあります。
ひこしお
見積もりのからくり的に、割増費用が発生しているからですね。

オプション料金

オプション料金とは、引越しの付帯作業を依頼した際に発生する費用のことです。

代表的なオプション料金には、次のようなものがあります。

注意点こうした作業は、引越し業者のサービス対象外になるため、お客様で別途対応する必要があります。

ただ大手引越センターを利用すれば、外注の専門業者と提携しているため、付帯作業として一括で見積もりを出してくれます。

その際に発生するのがオプション料金ですね。

また大手引越センターは「耐震ジェル」や「冷蔵庫マット」「近所への挨拶品」などの物販を行っていることも珍しくありません。

ひこしお
こうした商品を購入する場合も、オプションで費用が発生します。

引越しの見積もりの値引きについて!

引越しの見積もりでは、必ずと言っていいほど、値引きがあります。

上で紹介した方法で定価を算出すると、一般的な引越し料金相場よりも高額になります。

そのままでは業者競合でお客様を獲得できないため、最後に「値引き」という形で料金を調整します。

値引きの裁量は営業マンにも付与されているため、訪問見積もりで価格交渉すれば、その場で値引き対応してくれます。

ひこしお
見積もりのからくりを理解する上で、この「値引き」が重要なキーポイントになります。

引越しの見積もり料金が会社ごとにバラバラなからくり!

見積もり金額がバラバラなからくりは、業者ごとに「値引き」額が大きく異なるためです。

上では、引越しの見積もりを「定価」と「値引き」の2点からみてきました。

  • 定価は、業者ごとに大した費用差はありません
  • 値引きは、業者ごとに物凄い料金差が生まれます

引越し料金を安くするためには、業者から値引きをうまく引き出すことが重要と言えます。

ひこしお
値引きの多寡のからくりは、その引越し業者の繁忙状況にあります。

同じ月でも、日付ごとに繁忙状況は大きく異なります。

  • 引越し件数の飽和している日は、無理に新規契約を取る必要もないので、値引きも消極的です
  • 引越し件数の少ない日は、値引き金額を大きくして、赤字ギリギリのラインで契約を取りにいきます

引越し業者毎にその日の繁忙状況は異なため、見積もりも業者ごとに大きく異なってくるのです。

見積もりのからくりが見えてきました。
ひこしお
このからくりを活かして、引越し料金を安くする方法を見ていきましょう。

見積もりのからくりを知って引越し料金を安くする方法!

見積もりを複数の業者に依頼すれば、比較的件数に余裕のある業者から、思い切った料金を提示してもらえます。

どの引越し業者に余裕があるかはケースバイケースなため、実際に見積もりをとって、料金を比較することがベストです。

複数の業者に見積もりを依頼するのは大変ではないですか?
ひこしお
引越し一括見積もりサイト」を利用すれば簡単です。

参考引越し一括見積もりサイトとは、

  • 引越しの日付(大体で可)
  • 荷物の量(省略可)
  • 住所(大体で可)
  • オプション有無

などの情報を入力するだけで、たくさんの業者に見積もりを依頼できるサービスです。

一度の入力対応で複数の業者に見積もりを依頼できるのは便利ですね。

見積もりのからくりをもう一つ言うと、引越し業者は、お客様がこのサービスを利用しているか判別できます。

check引越し一括見積もりサイト経由の案件は、競合他者との価格競争が予想されるため、値引きも積極的です。
ひこしお
特に「引越し侍」は、提携業者が320社以上と圧倒的に多いため、きっと格安料金を提示する業者が現れますよ。
私も「引越し侍」のサービスを利用させていただきます。

見積もりのからくりを知ったら次回の引越しに活かそう!

引越し業者毎に見積もりが大きく異なるからくりは、ご確認いただけましたでしょうか。

見積もりのからくりを簡単にまとめると、次のようになります。

  • 引越しの見積もりは「定価」と「値引き」で構成
    • 定価は、業者ごとの違いが少ない
    • 値引きは、業者ごとの違いが大きい
  • 引越し件数に余裕のある業者は、大幅値引きを期待できる
  • 見積もりのからくりを活かすなら「引越し一括見積もりサイト」
    • 1度の引越し情報の入力で、複数の業者に見積もり依頼
    • 引越し件数の少ない業者から、格安料金提示

引越し料金を安くできるか否かは、「値引き」に影響する部分がとても大きいです。

値引きを上手に引き出すためにも、上でご紹介した「引越し一括見積もりサイト」は必須サービスです。

ひこしお
特に「引越し侍」は、提携業者数が多くておすすめですので、ぜひご活用してくださいね。