3月の引越し料金相場

【2022年版】3月の引越し料金相場と安くする方法を徹底解説!

本日のお悩み
  • 3月に少しでも安く引越ししたい!
  • 3月の引越しの料金相場を知りたい!
  • 3月で引越し料金が安い日はズバリいつ?
ひこしお
引越し業界人の「ひこしお」です。
今回は、3月の引越し料金相場についてお応えしていきます。

転勤や入学に伴い引越しが集中する3月は、年間を通じて最も引越し件数の多い時期です。

注意点3月は、見積もりを依頼するタイミングや業者の選び方次第で、引越し料金が大きく変動する時期です。

そこで今回は、

  • 3月の引越し料金相場
  • 3月に安く引越しする方法
  • 2022年3月のカレンダー特性

などを徹底解説していきます。

2022年(令和4年)3月のカレンダー特性も踏まえ、少しでも安く引越しする方法を見ていきましょう。

2022年3月の引越し料金相場を徹底解説!

3月は文字通り「引越し繁忙期」であり、年間を通じて料金相場が最も高騰します。

下の表は、業界人の筆者の経験の下、平均的な引越し料金相場を月別でまとめたものです。

単身2人家族3人家族4人家族
1月43,000円70,000円90,000円125,000円
2月50,000円85,000円100,000円150,000円
3月60,000円120,000円150,000円200,000円
4月55,000円110,000円130,000円160,000円
5月50,000円85,000円105,000円130,000円
6月50,000円85,000円100,000円120,000円
7月48,000円80,000円150,000円140,000円
8月45,000円80,000円95,000円140,000円
9月50,000円90,000円120,000円150,000円
10月45,000円80,000円100,000円130,000円
11月48,000円75,000円110,000円130,000円
12月45,000円80,000円100,000円125,000円
3月は単身・家族タイプともに、突出して料金が高くなっていますね。

この表は、あくまで3月の平均的な料金相場です。

注意点3月は時期によっても、大きく費用相場が異なります。
ひこしお
3月の時期ごとに、さらに詳しく見ていきましょう。

3月の時期でも異なる引越し料金相場!

3月は上旬・中旬・下旬によって、引越し料金の相場が大きく変動します。
どのタイミングで引越し料金が安くなるのか気になります。
ひこしお
それぞれ詳しく見ていきましょう。

3月上旬の引越し料金相場!

3月上旬は、引越し件数に若干の余裕があり、月内で最も料金が安い時期です。
料金相場の目安はどのくらいですか?
ひこしお
上でご紹介した3月平均値の70〜80%とイメージしてください。

3月上旬でも、他の月と比較すれば、引越しの費用は割高です。

それでも3月全体の平均値と比較すれば、上旬が最も安いタイミングになることは間違いありません。

ひこしお
3月に引越し予定の方は、まず「上旬」を狙うことをおすすめします。

3月中旬の引越し料金相場!

3月中旬の引越し料金相場は、上の料金テーブル相当の価格が目安です。

3月も中旬に差し掛かると、引越し件数が爆発的に増え初め、引越し業者もパンク寸前になります。

注意点需要過剰・供給不足の図式が成立し、引越し料金を高額に設定しても、お客様を獲得できてしまいます。

特に3月に入ってから見積もりを取る方は要注意です。

3月上旬のタイミングでは、中旬のスケジュールは、ほぼ予約で埋まっています。

そこに新規で契約を申し込むと、より高い料金を設定されてしまいます。

ひこしお
3月中旬に引越し予定の方は、少しでも早いタイミングで見積もりを依頼することをおすすめします。

3月下旬の引越し料金相場!

3月下旬の引越し料金は、月内でも最高水準に高いです。

費用の目安は、上の3月平均値の120~140%相当とイメージください。

3月も下旬になると、繁忙期を通り越して、パンク状態になります。

ひこしお
日付が変わるまで作業を続けることも日常的な光景です。

それでも現場を回り切れず、他支社に協力を要請したり、お客様と相談して日程変更することも決して珍しくありません。

お客様の中には、引越し業者が見つからず、「引越し難民」が生じてくるのもこの時期です。

こうした状況ですから、当然、引越しの費用も爆発的に高騰します。

可能な限り、3月下旬の引越しは避けた方が懸命ですね。

日付でも変わる3月の引越し料金相場!

3月は、時期だけでなく、日付毎の料金変動も大きい月です。

引越しの日程に余裕のある方は、日付も上手に選択して、3月の引越しを乗り越えていただければと思います。

ひこしお
2022年3月のカレンダー特性を紐解いていきましょう。

2022年3月の引越し料金が安い日にち!

以下に該当する日付は、同じ3月でも引越し料金が安い傾向があります。

  • 仏滅
  • 月曜日から木曜日までの平日

それぞれ解説していきます。

仏滅

縁起を担ぐ方は「仏滅」を避けて引越しするため、仏滅は料金が安くなる傾向にあります。

「六曜」暦において、「仏滅」は最も縁起が悪い日です。

縁起を気にする方は年々と減少傾向ですが、それでも一定数のお客様は、仏滅を避けて日付指定しています。

また会社の引越しは、仏滅を避けて行うことが一般的です。

繁忙期の3月でも、仏滅は比較的引越し件数が少なめで、それだけ料金も安く設定されがちです。

縁起を気にしないなら、敢えて仏滅を狙うのもアリかもしれませんね。
    参考 2022年3月の仏滅

  • 3月5日(土曜日)
  • 3月11日(金曜日)
  • 3月17日(木曜日)
  • 3月23日(水曜日)
  • 3月29日(火曜日)

月曜日から木曜日までの平日!

引越し業界にとって3月は、平日と休日の区別がないほど忙しいですが、それでも平日の方が若干の余裕があります。

平日でも金曜日は引越し件数が増えるため、狙い目は月〜木曜日です。

どうして金曜日は件数が多いのですか?
ひこしお
金曜日に引越しして、土日に荷物を整理する方が多いからです。

3月上旬の月〜木曜の平日は、料金相場も安くなりやすいタイミングですので、積極的に狙っていきましょう。

2022年3月の引越し料金が高くなりやすい日!

下記に該当する日付は、3月でも突出した料金高騰が予想されるため、見積もりの際は注意しましょう。
  • 3月19日〜21日
  • 大安

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3月19日〜21日

3月19(土)〜21日(月)は「下旬」「3連休」要素で引越し料金が暴騰!

3月19〜21日は、下旬要素として、引越し料金の高騰が容易に想像できます。

また2022年3月21日(月)は、春分の日に位置付けられており、土日と合わせて3連休です。

3連休は引越しの予約が集中しやすく、それだけ料金も暴騰しやすいです。

見積もりのからくり的にも、日曜・祝日は料金が高く設定されます。

可能な限り、3月19〜21日の3連休は避けた方が良さそうですね。

大安

六曜で最も縁起の良い「大安」は、引越しにも人気のある日付であり、予約が集中します。
結婚式も大安に行う方が多いですよね。
ひこしお
引越しもそれに似た傾向があります。

繁忙期の3月は、どの日付も予約が飽和状態になっています。

そんな状況下でも「大安」希望で見積もりを取る方が一定数いらっしゃいますので、料金が暴騰するのも仕方ありません。

注意点縁起に興味のない方は注意が必要です。

日付指定した日が、たまたま「大安」だった場合、3月の平均相場よりも割高の費用が発生する可能性が高いです。

2022年3月の大安日をまとめていますので、チェックしておきましょう。

    参考 2022年3月の大安

  • 3月6日(日曜日)
  • 3月12日(土曜日)
  • 3月18日(金曜日)
  • 3月24日(木曜日)
  • 3月30日(水曜日)

3月の引越し料金を安くするためのポイント!

年間を通じて最も引越し料金の高騰する3月は、見積もりの取り方を誤ると、相当高額な費用を請求される恐れがあります。

3月の引越しを乗り越えるためには、以下の点がポイントです。

  • 少しでも早く見積もりを取る
  • 「引越し一括見積もりサイト」を利用する
  • 複数の候補日を設ける
ひこしお
それぞれ詳しく見ていきましょう。

少しでも早く引越しの見積もりを取る!

同じ3月の引越しでも、早いタイミングで見積もりを依頼することで、ある程度は費用を抑えることができます。

引越し業界では、早いタイミングで見積もりを取るほど、料金も安くなる傾向があります。

引越し業者の多くは、引越し予定日の3ヶ月程度前から見積もりを受け付けるケースが多いです。

check3月の引越しは、12月から見積もりを開始しています。

12月のタイミングで3月の見積もりを依頼すれば、まだ予約が埋まっていないため、月平均よりも料金を抑えてくれる可能性が高いです。

ひこしお
3月に引越し予定の方は、日程が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

引越し一括見積もりサイトを利用する!

引越し料金が高騰する3月の引越しを乗り切る上で、「引越し一括見積もりサイト」は必須ツールです。
参考引越し一括見積もりサイトとは、

  • 引越しの日程(大体で可)
  • 住所(大体で可)
  • 荷物の量(省略可)
  • オプションの有無(洗濯機の脱着など)

などの情報を入力するだけで、同時に複数の業者へ見積もりを依頼できるサービスです。

それぞれの業者の見積もりを比較できるため、最安値の業者を簡単に探し出せます。

ひこしお
3月の引越し費用を少しでも安くするためには、複数の業者へ見積もりを依頼することは必須です。
引越し一括見積もりサイトは、そんなニーズを簡単に叶えてくれるのですね。

引越し一括見積もりサイトは、引越し予定日の3ヶ月前から利用できるサービスが多いです。

以下に、おすすめなサービスを2つご紹介しているので、ニーズに合う方をご活用くださいね。

引越し侍

引越し侍

3月の引越し料金を少しでも安くしたい方は「引越し侍」の一択です。

引越し侍は、提携業者数320社以上と圧倒的に多く、それだけ低プライスを提示する業者が見つかる可能性の高いサービスです。

大手から地場密着の中小引越しセンターまで幅広くカバーしているため、きっと3月の相場よりも安く引越しできる業者が見つかります。

利用実績もトップクラスで、テレビCMでもお馴染みのサービスですので、信頼性の観点からもおすすめですよ。

SUUMO引越し見積もり

SUUMO引越し見積もり

引越し業者とのやり取りをメールで済ませたい方は「SUUMO引越し見積もり」の一択です。

SUUMO引越しは、業者とメールでやり取りできる唯一のサービスです。

年度末でもある3月は、仕事の都合もあり、引越し業者からの電話を不便に感じる方も多のではないでしょうか。

SUUMO引越し見積もりは、仕事の休憩時間や電車の中など、時や場所を選ばずにサクッと利用できます。

SUUMOブランドで信頼できる点も、安心して利用できるポイントです。

複数の候補日を設ける!

同じ3月でも、引越し業者の繁忙度合いは日付ごとに異なります。

3月の中でも、「激務」の日もあれば「超絶激務」の日もあります。

引越し候補日が「超絶激務」の日に該当すれば、それだけ料金も高くなりそうですね。
checkお客様の立場からは、業者の日付ごとの繁忙度合いは判断できないので、複数の候補日を提示しましょう。

引越し業者も「3月◯日なら△△円でいけます!」なんて感じで、平均相場よりも安い料金を提示してもらえる可能性が上がります。

ひこしお
もちろん引越し候補日は、上にある「3月の安い日」から選ぶこともポイントです。
大安以外の月〜木曜の平日や、仏滅が狙い目でしたね。

引越し業者の3月の作業レベル!

引越し業者の3月の作業レベルは、残念ながら、それほど高くありません。
引越し料金が高いのに、作業レベルが下がるのは不条理ですね。

引越し業者の作業レベルは、下記の要因で決まります。

  • 社員の割合
  • アルバイトの熟練度
  • 繁忙度合い

3月のそれぞれの状況を見ていきましょう。

3月の社員割合!

3月の社員割合は、年間を通じて最低レベルです。
参考社員割合とは、作業員における社員の割合を指します。

例えば4人現場で社員が2人・アルバイト2人の場合、社員割合は50%です。

当然ですが、社員の割合が高いほど、サービスのレベルも向上します。

注意点繁忙シーズンでもある3月は、社員だけでは現場を回りきれないため、大量のアルバイトや派遣スタッフを雇い入れます。

また引越し業者のトラックだけでは現場を回りきれず、運送業者からトラックとドライバーをレンタルすることも珍しくありません。

ひこしお
3月は慢性的な人手不足で、必然的に社員の割合は低下してしまうのです。

3月のアルバイトの熟練度!

3月は、引越し経験の乏しい不慣れなアルバイトを大量に起用します。

アルバイトには、新人もいれば、ベテランもいます。

当然、新人よりもベテランスタッフの方が、荷物の扱い方などのサービス品質が高いです。

注意点3月は慢性的な人手不足のため、新人のアルバイトや派遣スタッフを大量に起用する必要があります。

また繁忙期の3月は、アルバイトが定着しづらい月でもあります。

引越しのアルバイトは激務で有名ですが、3月は、ベテランスタッフでも悲鳴が出るほど大変です。

このため新人アルバイトの多くは、1〜3日程度で辞めてしまい、定着しません。

その結果、また新人アルバイトを雇用するという悪循環に陥っています。

このように3月は、不慣れなアルバイトや派遣スタッフがたくさんいる状況と言えます。

3月の繁忙度合い!

ご存知の通り、3月は年間を通じて最も忙しい時期であり、引越しスケジュールがカツカツに詰まっています。

残業時間は軽く100時間を超え、労基から警告が来ることすらあります。

こうした状況で引越しをするわけですから、作業員はピリピリしていますし、疲労で物損も起こりやすいです。

また3月は、長距離便や混載便で、荷物の配送間違いのミスが発生しやすい時期でもあります。

会社の倉庫では、何件ものお客様の荷物を同時に10tトラックに積み替えているため、配送事故が起きやすいのです。

物損や荷物の配送トラブルを避けるためにはどうすれば良いですか?
ひこしお
信頼性のある業者を利用したり、万が一のトラブルにも対応してくれる業者を利用しましょう。

3月に引越し予定の方は今すぐ見積もりを依頼しよう!

3月の引越し料金の相場や、費用を安くする方法はご確認いただけましたか。

ポイントをまとめると、次のようになります。

  • 3月の引越し料金は、年間を通じて最高値水準
  • 3月に引越しする際は、見積もりの取り方が重要
    • 少しでも早く見積もりを依頼する
    • 「引越し一括見積もりサイト」で複数の業者に依頼する
    • なるべく上旬に引越しを終わらせる
    • 料金の安い日から複数の候補日を設ける
注意点繰り返しになりますが、3月は引越し件数が爆発的に増えるため、料金も大暴騰します。

こうした混乱に巻き込まれないためにも、引越しが決まったら、一刻も早く見積もりを取ることをおすすめします。

ひこしお
引越し一括見積もりサイトを利用して、複数の業者に見積もりを取ることも大事なポイントです。
私も今すぐ「引越し侍」で見積もりを依頼しようと思います。