引越しでの冷蔵庫の運び方

引越し屋が冷蔵庫の運び方を徹底解説!部屋移動から階段作業までの全知識!

この記事で解決できること
  • 引越しに向け冷蔵庫の運び方を知りたい!
  • キッチン内で冷蔵庫の場所を移動したい!
  • 粗大ゴミで処分する冷蔵庫を屋外に運搬したい!

ひこしお
引越し作業員の「ひこしお」です。
本日は、冷蔵庫の運び方について詳しく解説していきます。

引越し作業の中でも冷蔵庫の搬入出は、最難関作業の一つです。

注意点誤った運び方で冷蔵庫を運搬すると、本体に傷をつけたり、外壁を凹ませるなどの被害が生じる可能性もあります。

自分で引越しされる方は、正しい冷蔵庫の運び方をマスターしてから、作業していただければと思います。

また冷蔵庫を引越しする際は、ある程度の事前準備も必要です。

ひこしお
この記事で、冷蔵庫の運び方や準備をまとめて確認していきましょう。

冷蔵庫を運搬する前の事前準備!

引越しで冷蔵庫を運搬する際は、事前に次のような準備を済ませる必要があります。

  • 冷蔵庫の中身を空にする
  • 電源を前日に切って水抜きする
  • 引越しの助手を用意する
  • 建物に簡易養生をする
ひこしお
どれも欠かすことのできないポイントですので、詳しく解説していきます。

冷蔵庫の中身を空にしよう!

引越し作業中に冷蔵庫に中身が入っていると、中身がグチャグチャになったり、冷蔵庫のプラスチック容器が破損する恐れがあります。

引越しの前は、冷蔵庫の中身をクーラーボックスに移すなどして、荷造りを済ませておきましょう。

check引越しに向け、食材の購入量を調整することもポイントです。

冷蔵庫の中身の整理方法は『知らないと危険!引越しで冷蔵庫の荷造りが必要な理由と事前準備のポイント!』でまとめているので、併せてご確認くださいね。

冷蔵庫の電源を前日に切って水抜きしておこう!

冷蔵庫の水抜きが不十分だと、正しい運び方をしても、作業中に本体から水漏れが発生します。

冷蔵庫の冷却装置には、結露した水蒸気が霜状に凍って付着しています。

引越しの前日に冷蔵庫の電源を切ることで、この霜が溶け出し、本体背面の蒸発皿に水分が集まります。

ひこしお
冷蔵庫を運搬する時は、この蒸発皿に溜まった水分を捨ててくださいね。

冷蔵庫の電源を切り忘れると、運搬中に水漏れが発生したり、水分で本体の重量が上乗せされるなどして、良いことはありません。

冷蔵庫の水抜き方法は『知らないと大変!引越しで冷蔵庫の水抜きが必要な理由と方法!』で詳しく解説していますので、不安な方はご参考にしてくださいね。

引越しの助手を準備しよう!

冷蔵庫の運搬には、最低でも2人の作業員が必要です。

冷蔵庫の重量は、概ね次の通りです。

  • 単身サイズ 40kg前後
  • 3ドアサイズ 60〜70kg
  • 4ドアサイズ 80kg前後
  • 5ドアサイズ 90kg前後
  • 6ドアサイズ 100kg前後
ひこしお
冷蔵庫の重量は、扉の内側に記載されているケースが多いです。

冷蔵庫の運び方を熟知している引越し業者の作業員でも、2名運搬が基本です。

引越しに不慣れな場合は、2人に限らず、3人・4人と、人手は多いに越したことはありません。

ひこしお
冷蔵庫のサイズに応じて、引越しを手伝ってもらう助手を確保しておきましょう。

建物に簡易養生しよう!

重量家電の冷蔵庫を外壁にぶつけると、簡単に凹み傷ができます。

引越し料金を節約しようと自分で作業しても、建物に傷をつけると、高額な修繕費用を請求される恐れもあります。

注意点冷蔵庫の運び方が不明瞭な状態で作業を行えば、それだけ物損のリスクも高まります。

自分で引越した時の失敗談としても、冷蔵庫に関する物損は多いです。

ひこしお
冷蔵庫の運び方に精通している引越し業者も、作業前に養生を施します。

養生をすることで、建物や冷蔵庫の本体を、傷から守る効果を期待できます。

check自分で引越しする際も、壁にダンボールなどのクッション材を当てるなどして、簡易養生しておきましょう。

自分で養生するときのポイントは『引越しの養生とは?自分で養生する時のポイントや費用はどのくらい?』でまとめていますので、詳細はこちらでご確認ください。

引越し屋が冷蔵庫の運び方を徹底解説!

この章では、引越し作業員である筆者が、冷蔵庫の正しい運び方を徹底解説していきます。

冷蔵庫の運搬方法は、以下2点に分けて整理すると良いです。

  • 水平方向の運搬
  • 垂直方向の運搬
ひこしお
それぞれ運び方を詳しく解説していきます。

冷蔵庫の水平方向の運び方!

冷蔵庫を水平方向に運搬する際は、正常に立てたまま運ぶことがポイントです。

「部屋」と「屋外」では、運び方が次のように異なります。

  • 部屋内の移動は毛布で滑らせる
  • 屋外の運搬は台車を活用する

それぞれ確認していきましょう。

部屋内の移動は毛布で滑らせる!

冷蔵庫の下に毛布を敷けば、重量のある冷蔵庫でも簡単に移動できます。

冷蔵庫を直接持って運ぶよりも、毛布で滑らせた方が、壁などにぶつけるリスクを回避できます。

またこの運び方は、床の傷を防止する効果も期待できます。

注意点床の上にゴミがあると、毛布で滑らせた際に、フローリングに傷がつきます。

床が綺麗になっていることを確認してから、毛布を滑らせましょう。

冷蔵庫の下に毛布を敷く手順は次の通りです。

  • 冷蔵庫を後ろ側に倒し、毛布を2/3程度差し込む
  • 冷蔵庫を前側に倒し、上で差し込んだ毛布を引っ張る

この方法なら、冷蔵庫を持ち上げなくても、簡単に本体の下に毛布を敷けます。

ひこしお
毛布は半分に折り畳むと、サイズ的にちょうど良いですよ。
この運び方なら女性の私でもできそうです。

屋外の運搬は台車を活用する!

冷蔵庫を台車に乗せれば、一人でも簡単に運搬できます。

自分で引越しする方にとって、台車は必須アイテムの一つです。

ホームセンターなどで販売していますので、ダンボールを購入するついでに、台車も準備しておきましょう。

冷蔵庫を台車に乗せる手順は次の通りです。

  • 冷蔵庫を後ろ側に45度程度たおし、台車を差し込む
  • 台車を押さえながら、冷蔵庫を起こす
注意点重量のある冷蔵庫を直接持ち上げて台車に乗せるのは、難易度が高いので、こちらの方法をおすすめします。

冷蔵庫の垂直方向の運び方!

階段作業など冷蔵庫を垂直方向に運ぶ際は、本体を斜めに倒しながら運搬します。

引越し業者のスタッフなら、冷蔵庫の上側と下側で、1人ずつ持って運びます。

ただこれは、冷蔵庫の階段作業に慣れている引越しスタッフの運び方です。

引越し経験のない方は、上と下で2人ずつ、計4人で階段作業をした方が安全です。

注意点冷蔵庫を倒すときは、必ず背中側に倒しましょう。

面側に倒すと、扉が開いたり、中のプラスチック棚が飛散するリスクがあります。

階段の踊り場では、冷蔵庫を斜めにした状態だと、幅的に通れないケースが多いです。

その際は、冷蔵庫を一旦正常に戻して、垂直のまま持ち上げて運ぶ必要があります。

ただこの作業は、難易度的に非常に難しいため、基本的にはおすすめしません。

注意点垂直方向に持ち上げた際にバランスを崩すと、外壁や冷蔵庫本体に傷をつけてしまいます。
ひこしお
階段作業を伴う場合は、自分で対応できるか再確認してくださいね。

冷蔵庫の運び方が難しいと感じたら引越し業者に依頼しよう!

見積もりの取り方次第では、引越し料金をかなり抑えることもできます。

引越し料金を節約するために自分で冷蔵庫を運んだはいいものの、壁や本体に傷をつけては大変です。

注意点特に外壁に傷をつけると、高額な修繕費用を請求されるリスクもあります。

もちろん、自分で引越しをすることは、素晴らしい行動力と思います。

ただ冷蔵庫の運び方に不安を抱えている方は、引越し業者に見積もりだけでも依頼してはいかがでしょうか。

check「引越し一括見積もりサイト」を利用すれば、驚くほど格安料金が提示されることも珍しくありません。
「引越し一括見積もりサイト」とは何ですか?
ひこしお
簡単な引越し情報を入力するだけで、同時に複数の業者へ見積もりを依頼できるサービスです。

引越し一括見積もりサイトの詳細はこちら

それぞれの引越し業者の料金を比較すれば、最安値の業者を簡単に探し出せます。

特に「引越し侍」は、テレビCMもやっているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

「引越し侍」は、利用実績も国内トップレベルで安心して利用できるサービスです。

ひこしお
もちろん無料サービスですので、お試し感覚で、見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

引越しの前に冷蔵庫の運び方を再チェックしよう!

冷蔵庫の運び方はご確認いただけましたでしょうか。

冷蔵庫の運び方のポイントをまとめると、次のようになります。

  • 屋内移動は毛布を活用
  • 外通路やエレベーターは台車を活用
  • 階段は冷蔵庫を斜めにして運搬
  • 階段の踊り場は正常にして運ぶ
ひこしお
引越し作業員も、基本的には上の手順で冷蔵庫を運搬しています。

ただ冷蔵庫を壁にぶつけてしまうと、建物の修繕費用を請求される恐れもあり、注意が必要です。

特にファミリーサイズの大型冷蔵庫の場合、正しい運び方をしても、物損のリスクがあります。

ひこしお
冷蔵庫の運び方に不安な方は、思い切って引越し業者に依頼するのもおすすめです。
無料の「引越し侍」で、見積もりだけでも取ってみようと思います。