引越しでダンボールを節約

引越しのダンボールは節約できる!無料で調達する方法や注意点を徹底解説!

引越し作業員の「ひこしお」です。

引越しで追加のダンボールをお願いしたら料金を取られた!」なんてご経験はありませんでしょうか。そのダンボール代は無料にできる可能性があります。また引越しのダンボールを全て自分で調達して節約しようとご検討されている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回の記事では、
引越し業者のダンボール料金の相場
無料・格安でダンボールをゲットする方法
荷造りに必要なダンボールの数を節約するコツ
について詳しく解説していきます。

ダンボール費用を節約したいという方に盛りだくさんな内容ですので、ぜひご参考になさってくださいね。

引越業者のダンボール料金はどのくらい?

まずは引越し業者のダンボール料金から確認していきましょう。「ダンボール無料の業者に頼んでいるから大丈夫!」「見積もりにダンボールなんて書いてないよ?」という方にもお伝えしたい内容ですので、ぜひご確認してくださいね。

ダンボールの料金相場!

引越し業者のダンボール料金は、1箱あたり200〜300円が相場です。ファミリーパックでたくさんの箱を使用する場合は、単価を抑えてくれる業者もございます。

単身パックで必要になるダンボール数は、一般的に10〜15箱です。この場合の費用は、2,000円〜4,500円程度になります。ファミリーパックの場合、必要なダンボールは50箱程度になります。この場合は、20,000円〜30,000円が料金相場になります。

Point
引越し業者のダンボール代は200円〜300円/箱!
必要なダンボールは単身で15箱、家族世帯で50箱前後!

ダンボール無料のからくりに注意!

大抵の引越し業者は「ダンボール無料」を宣伝していますが、上記料金が基本料金に含まれていると思ってください。見積もりから「ダンボール」という項目を消すことによって、まるで無料であるかのように演出しているのですね>。

また「無料提供」されるダンボール数は上限が決められています。業者やパックにもよりますが、単身パックで15箱、ファミリーパックで30〜50箱程度が上限です。無料提供を上回るダンボールが必要な場合は追加料金の発生する可能性がありますので注意が必要です。

Point
”ダンボール無料”は基本料金に折り込み済みのため!
追加ダンボールには料金が発生する可能性大!

自分でダンボールを調達して節約するコツと注意点!

引越し業者のダンボール費用は意外と高いことが判明しました。それでは自分で箱を調達すれば、費用を節約できるのでしょうか。この章では、自分でダンボールを調達する方法やコツ、注意点をご説明していきます。

大前提!引越し業者のダンボールは強度が強い!

引越業者のダンボールは高いですが、これには理由があります。引越のダンボールは厚手に作られいて、重いものを運ぶだけの強度を確保しているのです。

トラックで荷物を運ぶ際は、ダンボールを5箱くらい重ねて積み込みます。箱の強度が弱いと箱が潰れてしまい、大切なお荷物に被害が出てしまいます。また引越し用のダンボールは雨天でも利用できるだけの強度も備わっています。

引越しの際は、できる限り業者から提供される専用のダンボールを使用した方が良いことは間違いありません。

Point
引越し業者のダンボールは高価だけど強度も強い!

ダンボールを自前で調達して節約するコツ!

本や食器などの重量物を梱包する際は、強度の観点から引越業者のダンボールを使用されることを推奨いたします。とはいえ小物類などの軽い荷物を梱包する際は、どんな箱を使用しても問題ありません。トラックでも軽い箱は上に積み込みますので、箱が潰れてしまう心配もありません。

そこで節約のコツとして、重量物は引越業者から配布されるダンボールに梱包し、軽量な荷物は自分で用意した箱に詰める方法がおすすめです。

この方法はダンボールが不足してしまった時はもちろん、見積もりでダンボール数を少なめに設定して値引きを引き出すテクニックとしてもお使いいただけますよ。

Point
本や食器などの重量物は引越し業者のダンボールに梱包!
小物類などの軽量な荷物はどんなダンボールに梱包してもOK!
関連記事

引越しの荷造りで最も苦労する作業は小物類の梱包ではないでしょうか。小物は荷造りに時間が必要ですし、引越し先での整理整頓も大変かと思います。そんな小物の荷造りには[…]

引越しでの小物の荷造り

貧乏人の銭失いには気をつけよう!

引越し業者の中には、「ダンボール不要」と交渉すると値引きしてくれる業者もあります。とはいえ一般的なダンボールは強度が弱いため、全ての箱を自前で調達する節約方法はおすすめできません。格安でダンボールを用意しても荷物に被害が出てしまっては大変ですよね。

ダンボールが起因で引越しの最中に物損事故が起きてしまっても、引越し業者は責任を取ってくれません。

節約を意識しすぎる余り、貧乏人の銭失いになることのないように気をつけていただければと思います。

Point
過度なダンボールの節約は想定外の出費を招くことも!

無料・格安でダンボールを調達する方法!

引越し用のダンボールはどのように調達すれば良いのでしょうか。ダンボールを無料で調達する方法はたくさんあります。ここではおすすめな方法を掲載していきますので、引越し料金を節約するご参考になさってください。

引越し業者から中古ダンボールをもらう!

真っ先におすすめしたい方法は、引越し業者から中古のダンボールをもらう方法です。これなら重量物でも安心して詰め込むことができます。

引越業者は荷解きが終わったお客様からダンボールを回収するサービスを行っています。このため業者は中古のダンボールを大量に所有しているのです。この中古ダンボールを節約で利用しない手はありませんね。中古ダンボールは無料で提供してくれる可能性がありますので、見積もりの際に相談してみましょう。

Point
引越し業者の中古ダンボールは無料でもらえる可能性あり!

スーパーからダンボールを無料で調達する!

「スーパーからダンボールをもらえる」という噂を聞いたことはありませんでしょうか。実際にダンボールを無料でいただけるスーパーは結構あります。これを上手に活用すれば、ダンボール料金を節約できそうですね。

ただしスーパーのダンボールは野菜などが梱包していた関係上、汚いことも多いです。狙い目としては、ペットボトルや缶が入っていた綺麗な箱を探してみましょう。

飲料水のダンボールは細長形状で使い勝手が悪いと思われるかもしれませんが、小物を梱包するときに大活躍してくれますよ。ダンボールに持ち手に穴が気になるときは、表裏から養生テープを貼って対策してくださいね。

もちろんスーパーのご迷惑にならないように、お店が空いている時間に交渉してくださいね。

Point
スーパーは無料でダンボールをいただける可能性大!
狙い目は飲料水が入っていた清潔感のある箱!

ネット通販やホームセンターで購入する!

中古のダンボールは嫌だ!という方は、ネット通販やホームセンターで購入する方法がおすすめです。この際の相場は1箱100円〜150円程度です。引越し業者の相場より安く購入できるため、料金の節約に繋げることができそうですね。

但し強度は劣りますので、重量物を詰め込むことは避けましょう。ちなみに箱のサイズはSサイズとMサイズがおすすめです。Lサイズは引越しには不向きですので、購入する必要はありません。

Point
ホームセンターなら格安でダンボールを購入できる!
サイズはSとMの2種類がおすすめ!
関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの荷造りをする際は、ダンボールをたくさん組み立てますよね。ところでダンボールの作り方に自信はありますでしょうか。引[…]

ダンボールの組み立て方法

荷造りの量を減らせばダンボールを節約できる!

ここまで追加ダンボールの購入費用を節約するコツをご紹介してきましたが、使用するダンボールの数を減らすことでも節約できますよね。そこでダンボールの数を少しでも少なくする方法をご紹介していきます。

ダンボールが一杯になるまで荷造りするコツ!

引越し現場では、箱の半分くらいしか荷物が入っていないのに蓋の閉じられたダンボールを頻繁に見かけます。割れ物やいびつな形状の荷物を梱包するときは仕方のないことかもしれません。とはいえ梱包方法次第では、まだまだ箱に荷物を詰め込むことは可能です。

荷造りのコツとしては、ダンボールの下側に形のあるものを詰め込み、その上に割れ物や不規則な形状のものを梱包するようにしましょう。

例えば書斎を荷造りするときは、「本は本」、「置物は置物」といった感じで梱包するのが普通ですよね。ただ置物は形が悪いですので、箱に詰め込むことができません。

そんなときはダンボールの下側に本を詰め込み、上側に置物を梱包するなど工夫してみてくださいね。箱詰めする荷物の順番を工夫するだけで、驚くほどダンボールの数を節約できますよ。

Point
ダンボールは一杯になるまで荷物を詰め混む!
ダンボールに梱包する荷物の順番を工夫する!

不用品を処分して引越し料金を節約!

旧居の荷物は全て新居へ持っていくという気持ちは非常にわかります。ただその荷物は本当に全て新居で使用するものでしょうか。もし長いこと使用していない荷物がありましたら、思い切って処分することもご検討されてはいかがでしょうか。

荷物の量が減れば、ダンボール費用を節約できるだけでなく、作業料金を安く抑えることもできます。引越しは不用品を処分する絶好のタイミングとも言えます。ぜひこの機会にお荷物の整理もご検討してみてくださいね。

また家具や電化製品、パソコン、エアコン、布団、衣類、本などを処分する場合は、引越し業者よりも不用品回収業者に引き取ってもらった方が割安に住む可能性が高いです。

引越し業者も不用品回収業者に処分を依頼するのが普通ですので、割高になるのは当然ですよね。無料査定を実施している不用品回収業者もたくさんありますので、ぜひご活用してみてはいかがでしょうか。

Point
荷物の整理をすれば引越し料金も安くなる!
処分費用を節約するには不用品回収業者の利用がおすすめ!




引越しのダンボール費用を上手に節約しよう!

いかがでしたでしょうか。引越しのダンボール費用を節約する方法はご確認いただけましたでしょうか。

荷造りのダンボール全てを自分で調達する節約方法はおすすめできません。ただ無料提供されたダンボールが足りなくなってしまった場合は、追加分を自分で調達して購入費用を節約することはおすすめな方法です。ぜひ上手に節約して、引越し料金を少しでも抑えてくださいね!