冷蔵庫から水抜きする方法

知らないと大変!引越しで冷蔵庫の水抜きが必要な理由と方法!

  • 2019年7月27日
  • 2019年8月17日
  • 荷造り
  • 257view

引越し作業員の「ひこしお」です。冷蔵庫を引越しする際は「水抜き」という事前準備が必要です。実際に引越し作業をしていると、水抜きされていない冷蔵庫を頻繁にお見かけします。水抜きは引越しの前日からお客様に準備していただく必要がございますので、当日に業者が対応するには限界があります。

そこで今回は、引越しに向けて準備しておくべき冷蔵庫の水抜きに付いて詳しく解説していきます。水抜きの基本作業手順はもちろん、水抜きの意味や怠った場合の注意点など幅広い内容を掲載していきますので、冷蔵庫を引越しされる予定の方はぜひご確認してくださいね。

冷蔵庫の水抜きとは?

冷蔵庫の水抜きという言葉を初めて聞かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。冷蔵庫を使用していると余計な水蒸気が発生し、やがて水分が蓄積していきます。この水分は冷蔵庫に取り付けられている「蒸発皿」に集約される構造になっています。引越しの際は蒸発皿から水を抜く必要があり、この作業を水抜きと言います。

蒸発皿の設置箇所は、冷蔵庫の下側や背面側に付いているケースが多いです。詳しくは冷蔵庫の取扱説明書に記載されていますので、余裕があればそちらをご覧いただければと思います。見積もりで引越し業者から「水抜き」の説明を受けなかったとしても、この作業は必ず実施していただきたいと思います。

ちなみに冷蔵庫の他、洗濯機も水抜きが必要になります。洗濯機の水抜き方法は『引越し前に洗濯機から水抜きする方法!ドラム式洗濯機にも対応!』で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご確認くださいね。

冷蔵庫の水抜きを怠ると大変なことに!?

冷蔵庫の水抜きをしないと引っ越し当日に大変なことになってしまうケースもあります。水抜きをしていない冷蔵庫にはどのようなリスクがあるのかを見ていきましょう。

冷蔵庫から水が溢れて床がビシャビシャに!

引越しで冷蔵庫を運搬する際は基本的に斜めにして運びます。蒸発皿に水が残っていると冷蔵庫から水が溢れてしまうのです。

実際の引っ越し現場でも、お部屋のフローリングが水浸しになってしまうケースもあります。また新居へ搬入する際に水が溢れてしまっては最悪ですよね。

この際は基本的にお客様ご自身で清掃していただくことになります。フローリングならまだ清掃しやすいですが、絨毯や畳が水浸しになってしまっては、掃除するのも大変ですよね。引っ越し当日に面倒な事態を回避するためにも、しっかりと水抜きをしていただければと思います。

重い冷蔵庫は運搬が大変!

水抜きのされていない冷蔵庫は、重量が非常に重くなっており、引越し屋泣かせの冷蔵庫と言えます。特に階段の上げ下げが必要な場合は、修羅場といっても過言ではありません。

引っ越しのお荷物は重くなればなるほど取り回しが難しくなるため、運搬中に壁にぶつけてしまうなどのリスクも上がります。もちろん引っ越し作業中に生じた物損事故は、業者が補償します。とはいえ面倒な手続きもありますので、物損事故は避けるに越したことはありません。引越し屋にスムーズに運搬してもらうためにも、冷蔵庫から水抜きをしておきましょう。

引越し作業中に物損事故が起きてしまった時の対応は『ストップ泣き寝入り!引越し業者から物損事故を補償させるマル秘テクニック!』でまとめています。万が一に備えてこちらも併せてチェックしてみてくださいね。

冷蔵庫の水抜きする方法を徹底解説!

それでは冷蔵庫から水抜きする方法を詳しくご紹介していきます。水抜きといっても、特段と面倒臭い作業や料金が発生するわけではありません。通常の引越し準備の範囲内で簡単に実施できますので、ぜひ対応していただければと思います。

冷蔵庫の中身を取り出す!

まずは冷蔵庫の中身を全て取り出しましょう。引越しの際は基本的に中身を全て取り出しますので、特別な作業が発生するわけではありませんね。冷蔵庫から取り出した中身は、保冷剤の入れたクーラーボックスや発泡スチロールに入れて保管しておきましょう。

また自動製氷機に入れている水や、冷凍庫の氷も忘れずに取り出してくださいね。

冷蔵庫の電源を抜く!

水抜きをするためには、冷蔵庫の電源を抜く必要があります。このタイミングは「霜降り機能」の搭載有無に応じて異なってきます。そこで霜降り機能の説明も交えながら、水抜きの方法を詳しくご紹介していきますね。

冷蔵庫の霜降り機能とは?

霜降り機能とは、冷蔵庫内に発生してしまった霜を自動で溶かす機能のことです。

旧型冷蔵庫の場合、冷凍室にびっしり霜が付いている場合もあります。霜降り機能が付いていると、この霜を自動で溶かし、蒸発皿へ水を流してくれるのです。とはいえ、最近の冷蔵庫はこの機能が標準装備されています。余り難しく考えず、冷蔵庫に霜が溜まっていなければ、霜降り機能搭載と考えていただければと思います。

霜降り機能の無い冷蔵庫の場合!

霜降り機能が付いていない冷蔵庫の場合、引越しの2日前から電源を抜くようにしましょう。冷蔵庫の中に溜まってしまった霜を完全に溶かし、蒸発皿へ流す必要があるからです。また余裕があれば、冷蔵庫に付着している霜を取り払ってあげるようにしましょう。

霜降り機能の搭載した冷蔵庫の場合!

霜降り機能が搭載されている冷蔵庫の場合は、引越しの前日に電源を抜くようにしましょう。霜を溶かす必要がありませんので、前日にコンセントを抜けば十分に間に合います。

大半のお客様の冷蔵庫には霜降り機能が塔脚されているはずですので、引越し前日にコンセントを抜いてあげれば問題ないですよ。

蒸発皿の水を取り出す!

引越し当日の朝になったら、蒸発皿に溜まっている水分を取り除きます。蒸発皿を取り出すと勢い余って水が溢れてしまう場合もあります。冷蔵庫の周りに不要なタオルを敷いておくと安心して作業できますよ。

もし蒸発皿の場所が分からなかったり、自分では取り出すことのできない場合は、引越し業者に作業をお願いしましょう。この位の作業内容でしたら追加料金を取られてしまう心配は殆どないです。念のため見積もりの段階で水抜き作業をサービスしてくれるか業者に聞いてみると良いかもしれませんね。

冷蔵庫から水抜きして引越し当日に備えよう!

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫の水抜きの意味や作業方法はご確認いただけましたでしょうか。冷蔵庫を使用していると、自然と不要な水が溜まってしまいます。引越しの際はこの水を取り除いてあげる必要があるのです。

最近の冷蔵庫は霜降り機能が標準装備されていますので、基本的には引っ越し前日に電源を抜いていただければ問題ありません。お客様で蒸発皿からの水の取り出し方法が分からない際は、当日に作業員に対応してもらいましょう。

冷蔵庫の水抜きを怠ってしまうと床がビショ濡れになってしまいますので、引越し前に忘れずに対応してくださいね!

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越し現場によっては冷蔵庫を2階から吊り上げて搬入する場合があります。吊り上げ作業が必要となると、気になるのがその料金相[…]

引越しで冷蔵庫を吊り上げる時の料金