洗濯機の水抜き

引越し前に洗濯機から水抜きする方法!ドラム式洗濯機にも対応!

  • 2019年7月27日
  • 2019年8月17日
  • 荷造り
  • 143view

洗濯機を引越しする際は、お客様側で水抜きという事前準備が必要になります。とはいえ、見積もりで「お引っ越し当日までに洗濯機の水抜きを済ませておいてください!」なんて言われても、どうすれば良いか準備に困ってしまいますよね。

そこで今回は、引越しで洗濯機から水を抜く方法について詳しく解説していきます。洗濯機の水抜き作業は、5分もあれば簡単に実施できます。

洗濯機からしっかりと水を抜いて、安心して引越し当日を迎えてくださいね!

引越しで洗濯機の水抜きをするのはどうして?

引越しでは必ず洗濯機の水抜きを行う必要があります。

洗濯機を使用する際は、大量の水を使用しますよね。この水の一部は洗濯浴槽の中に残っています。そこでこの残留水を水抜きしてあげる必要があります。

水抜きの作業はとても簡単で、初心者の方でも5分もあればできます。もちろん取扱説明書を探し出す必要もありません。水抜きの手順は後半で詳しく解説していますので、しっかり確認してくださいね。

洗濯機を水抜きせずに運搬すると悲惨なことに!

もし洗濯機の水抜きをせずに引越しで運搬してしまうと、悲惨な事態になってしまいます。当然ですが水抜きしていない洗濯機からは水が溢れてしまいます。

実際の現場でも洗濯機と玄関までの間がビショ濡れになってしまうケースがあります。

引越しスタッフは作業中に靴下が濡れても普通は履き替えないため、別のお部屋のフローリングも汚れてしまいます。これでは退去するときのクリーニングが大変になってしまいますよね。

またトラックで洗濯機を運搬する際に水が漏れてしまうと、他のお荷物まで浸水してしまう可能性もあります。

このように洗濯機の水抜きをしないと「百害あって一利なし」ですので、是非とも忘れずに対応してくださいね。

洗濯機の水抜きをするタイミングはいつ?

洗濯機の水抜きは、引越し前の最後のお洗濯が終了した段階で行うのが一般的です。

基本的には引越し前日の事前準備の一部として水抜きを済まされる方が多いのではないでしょうか。

また引っ越し前日に洗濯機の水抜きを済ませておけば、当日の朝にバタバタする心配もありませんね。

何事も余裕を持って行動をすることが大切なように、洗濯機の水抜きは前日までに済ませてしまいましょう。

洗濯機の水抜き方法を徹底解説!

洗濯機の水抜きと聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、誰でも簡単にできますので安心してください。ここでは水抜きする方法をシンプルに解説していきますので、ぜひご参考になさってくださいね。

洗濯機の中身を空にする!

洗濯機の水抜きにあたり、まずは洗濯機の中身を空にする必要があります。あまりにも基本的なことのように聞こえますが、注意が必要なポイントです。

洗濯機の中に使用済みの衣類を入れる習慣のある方は特に注意していただければと思います。

うっかり洗濯機に衣類が入ったまま水抜きの作業を行うと、衣類が水浸しになってしまい、引越しが大変になってしまいます。

つまらない箇所で躓くことのないように、必ず洗濯浴槽が空になっているか確認してくださいね。

洗濯機の給水ホースの水抜き!

洗濯機が空になっていることを確認したら、給水側のホースから水抜きをしていきます。

やり方はとても簡単です。まずは給水蛇口をしっかりと閉じましょう。この状態で洗濯機の電源を入れ、スタートボタンを押します。すると給水ホースに溜まっている水が浴槽の中に出てきます。給水の時間は30秒も見ていただけたら十分です。

お洗濯コースを選ばないと作動しない場合は、「通常洗濯」や「浴槽洗濯」を選べば問題ありません。

洗濯機の排水ホースの水抜き!

続いて排水ホース側の水抜きを行います。こちらもやり方はとても簡単です。

洗濯機のコース選択ボタンで「脱水モード」を選択し脱水をかけます。こちらも1分程度のお時間を見ていただければ十分です。これで排水ホースの水抜きが完了しました。

洗濯機の浴槽を乾拭き!

脱水では洗濯浴槽の水分を完全に取り除くことはできません。そこで脱水が終わったら、雑巾などで浴槽を乾拭きしていきましょう。

特に洗剤入れや柔軟剤入れに大量の水が残留している場合もありますので、必ずチェックしてくださいね。

この作業が面倒くさいと感じる方でも、せめて柔軟剤入れに溜まった水だけは処理しましょう。

糸くずフィルターの水抜き!(ドラム式のみ)

ドラム式洗濯機の場合、上記の作業にプラスアルファーとして、糸くずフィルターの水抜きが必要です。これは洗濯中に発生した糸くずなどを取り除くためのフィルターです。

実際に洗濯機を見て確認していただければと思いますが、本体の左下付近にドレンやツマミが付いていると思います。これが糸くずフィルターです。

それを引っ張ったりツマミを回すと中から水が出てきます。もし不安な方がいらっしゃいましたら、念のため取扱説明書に目を通しておくと確実ですよ。

作業する際は洗濯機から勢いよく水が出てくる場合もありますので、予め洗面器などを準備してからツマミを回してくださいね。

また糸くずフィルターのパッキンなどが汚れていたら、この機会に掃除しておきましょう。

うっかり水抜きを忘れてしまった場合はどうすれば良いの?

引っ越し当日までに水抜きの事前準備を忘れてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。この際は引越し業者に「水抜きしてません」としっかり伝えましょう

洗濯機の水抜き作業は簡単に実施できるため、業者がその場で対応してくれるはずです。もちろん見積もり以上の費用が発生することも基本的にありません。

引越しスタッフが水抜きしてあるものと思い込んで作業してしまう可能性もありますので、必ず水抜きしていないことを伝えるようにしてくださいね。

洗濯機の脱着は業者に任せよう!

洗濯機を引っ越す場合、給水ホースや排水ホースを取り外す必要もありますが、こうした脱着作業は引越し業者に任せてしまいましょう。

もちろん見積もりには脱着料金も含まれた金額が提示されています。引越し作業員にホースの取り外しを依頼しても、追加料金が発生することはありませんので安心してくださいね。

もしご自分でホースを取り外す際は全て自己責任になります。ホースに傷を付けてしまっても、自己責任で修理する必要があります。また建物側の蛇口や排水口に損傷を与えてしまうと、賃貸契約に基づき原状回復費用を請求されることもあります。

業者に頼まずに自分で洗濯機を引っ越すなどの特別な理由がない限り、ホースは触らないようにしておきましょう。

洗濯機の水抜きを済ませて引越し当日を迎えよう!

いかがでしたでしょうか。引っ越し準備として洗濯機から水抜きする方法はご確認いただけましたでしょうか。きっと拍子抜けするくらい簡単だったではないでしょうか。

洗濯機には使用済みの水が溜まっています。洗濯機から水抜きをしておかないと、引越し中に水が漏れて大変なことになってしまいます。

引越し準備の中でも、洗濯機の水抜きはうっかりしやすいポイントです。ぜひ引越し前日までにしっかり対応して、万全の状態で当日を迎えてくださいね!

 

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。冷蔵庫を引越しする際は「水抜き」という事前準備が必要です。実際に引越し作業をしていると、水抜きされていない冷蔵庫を頻繁にお見かけ[…]

冷蔵庫から水抜きする方法