引越しでの小物の荷造り

収納場所別!引越し作業員が勧める小物の上手な荷造り方法とコツ!

引越しの荷造りで最も苦労する作業は小物類の梱包ではないでしょうか。小物は荷造りに時間が必要ですし、引越し先での整理整頓も大変かと思います。そんな小物の荷造りには、ぜひとも意識していただきたいポイントがあります。

そこで今回は、引越しで小物を荷造りする方法を詳しくご紹介していきます。引越し作業員が現場で活用しているノウハウを踏まえつつ、誰でも簡単に真似できる梱包方法を詳しくご説明していきます。引っ越しで小物の荷造りにお悩みの方はぜひご参考になさってくださいね。

引越しで小物を荷造りするコツ!

小物を無造作にダンボールに詰め込むと、箱の中がグチャグチャになってしまい、引越し先で大変な目に遭います。そこで小物を簡単に荷造りでき、かつ新居でストレスなくスムーズに開梱できる方法をご紹介していきます。

小物は収納場所ごとにダンボールを作成!

小物の荷造りはどうしても面倒臭いですので、1個のダンボールに様々な小物をまとめて梱包してしまいがちです。とはいえ、これでは引越し先での整理整頓がとても面倒臭くなってしまいます。

そこで小物を梱包するときは、「洗面所」「キッチン」「書斎」のように小物の保管場所ごとにダンボールを作成しましょう。

小物は旧居でも新居でも同じような場所に収納するはずです。こうしておけば新居での荷物の開梱作業が格段とスムーズになりますよね。

「そのやり方では箱が勿体無い!」と思われた方は、ぜひ『引越しのダンボールは節約できる!調達方法や注意点をプロが徹底解説!』も併せてご確認なさってくださいね。

小物は袋に入れて梱包!

収納場所ごとに小物を梱包するだけではダンボールの中が煩雑になってしまいます。これでは引越し先での整理整頓が大変ですよね。

そこで小物はある程度のまとまり毎にビニール袋に梱包してからダンボールに詰め込んでいきましょう。たった一手間加えるだけで、ダンボールの中が散らかってしまう心配がありません。

また透明なビニール袋を使用すると、中身が判断できて開梱作業しやすくなります。透明ビニール袋はスーパーなどで無料で調達できますので、ぜひご活用してくださいね。

収納場所別!小物の上手な荷造り方法を徹底解説!

それでは小物の梱包方法を収納場所別でご説明していきます。引越し業者が荷造りする際に使用するノウハウやテクニックが満載ですので、ぜひご参考にしてくださいね。

キッチンの小物の荷造り方法!

小物の荷造りの中でも特に苦労するなのが、キッチン用品ではないでしょうか。キッチンには食器などの割れ物もありますので、荷造りにも注意が必要です。キッチンの小物を荷造りするときは、「食器」と「食器以外」で分けてダンボールに梱包するのがコツです。

食器の梱包方法!

食器は割れ物ですので、引越し業者から提供される梱包材や新聞紙に包んでからダンボールに詰めます。

食器やダンボールとの間に隙間ができてしまうと、食器が割れる原因となってしまいます。こうした隙間には緩衝材や新聞紙を詰めこむようにして、なるべく隙間を作らないように荷造りしていきましょう。

調理器具や調味料の梱包方法!

キッチンには食器以外にも、調理器具や調味料など様々な小物がありますよね。こうした小物をまとめてダンボールに入れてしまっては、箱の中がゴチャゴチャになってしまいます。

そんな時は、バラバラになりやすい調理器具を一式ビニール袋にまとめてからダンボールに詰め込みましょう。箸やスプーン・フォークも同様に、ビニールで一まとめにして箱に入れます。

また調味料類などの液体は引越しの搬送中で液漏れする可能性もあります。こちらも念のためビニールに入れてから箱詰めされることをおすすめいたします。

洗面所・浴室の小物の荷造り方法!

洗面所や浴室周りには、石鹸や歯磨きセット、お風呂用品など、引越し先ですぐに使用する必需品がたくさん保管されています。そこですぐに使用する小物を同じダンボールにまとめて荷造りすることが大事なコツです。またダンボールには「すぐ使用」などと記載し、どの箱に必要な物が入っているか判別できるようにしておきましょう。

この作業を怠ってしまうと、引越し先でお目当のアイテムを探すのにたくさんのダンボールを開ける必要があり、手間とストレスを感じてしまいます。

引越し業者に「このダンボールはすぐに開けたいです」と伝えておくと、分かりやすい場所に置いていただけます。もちろん通常のサービス範囲として追加料金なしで対応してくれますので、忘れずに伝えてくださいね。

書斎の小物の荷造り方法!

書斎には書籍やCD、DVD、卒業アルバムなどの小物が保管されているかと思います。こうした荷物は、現在レイアウトされている順番が崩れないようにダンボールに梱包していきましょう。

また本や紙を梱包するときは、原則として「小さいダンボール」を使用してください。大きいダンボールに本をパンパンに詰め込んでしまうと、引越し作業員が運びづらいですし、箱が底抜けする原因にもなります。

ただ卒業アルバムなどはサイズが大きいため、大きいダンボールを使用して問題ありません。この際は詰め込みすぎないように注意してくださいね。

本などの重量物を荷造りする際は、ダンボールの作り方も大切なポイントです。箱の強度を確保する組み立て方法は『引越しのプロ直伝!ダンボールの正しい作り方と組み立ての注意点を総まとめ!』で説明していますので、ぜひご確認してくださいね。

玄関周り・靴箱の小物の荷造り方法!

玄関周りや靴箱の中にも、意外とたくさんの小物が収納されているかと思います。そこでまずは、玄関荷物専用のダンボールを作りましょう。そして上でご紹介した荷造りのコツをもとに、小単位でビニール袋にまとめて箱へ詰めていきます。

搬送の途中で液漏れする可能性のある靴墨などは、必ずビニールに入れてくださいね。

また玄関にある靴の梱包方法は『靴の型崩れを防ぐ!引越しでの荷造り方法をプロが解説!』で詳細にまとめています。靴の梱包方法なんて知らない!なんて方がいらっしゃいましたら、ぜひご確認してくださいね。

引き出しの小物の荷造り方法!

引き出しには、特に細かい小物がたくさん収納されているかと思います。そこで冒頭でご紹介したコツのように、ビニールである程度のまとまりを作り、それからダンボールに詰める作業が重要になります。

またアクセサリーや時計のケースが残っている場合は、傷防止のためにケースに梱包してからダンボールに入れましょう。

なお、荷物の入った引き出しごと業者に運んでもらう方法はおすすめできません。このような運搬方法では、引き出しに傷が付いてしまったり、お荷物が紛失する原因となってしまいます。

引き出しの小物類は必ずダンボールへ荷造りするようにしてくださいね。

引越しで小物を荷造りするときの注意点!

小物を荷造りするときは、ぜひとも注意していただきたいポイントがあります。無事に引越しを終えるためにも大事な内容ですので、ぜひ目を通していただければと思います。

貴重品は自己管理!

引越し業者は「貴重品の自己管理」をお願いしています。貴重品はダンボールに梱包せず、必ず新居へ携帯するようにしてください。

もちろんお財布を箱詰めされる方はいらっしゃらないかと思いますが、普段使用していない通帳やカード、有価証券などは箱詰めしてしまいがちです。また印鑑や鍵も貴重品に該当します。

もし引越しで貴重品の紛失が生じても、引越し会社は賠償してくれません。貴重品の自己管理とは、極端に言ってしまえば、「引越し作業中に紛失が起きても引越会社に責任はない」ということなのです。

くれぐれも貴重品の取り扱いにはご注意するように意識してくださいね。

開梱作業に必要なものはすぐ開けられるように!

引越しの搬入作業が終了したら、ダンボールの開梱作業を初めていきますよね。そんな時に「カッターどこ?」なんて事態になっては大変です。

そこで荷物の開梱に必要な道具は、一式同じダンボールに入れて、すぐに取り出せるようにしておきましょう。ダンボールに「開梱用 玄関 すぐ取り出す」などと記載しておけば、玄関の一番取り出しやすい場所に置いてくれますよ。

またご自分で本棚や子供机の組み立てを予定している場合は、工具も同じ箱に入れておきましょう。

コツさえ掴めば小物の荷造りは簡単にできる!

いかがでしたでしょうか。引っ越しで小物を荷造りする方法やコツはご確認いただけましたでしょうか。

小物を荷造りする手順は、まず小単位でビニール袋に詰め、そして収納場所ごとにダンボールを作成して箱詰めすることです。また新居ですぐに使用する小物はまとめてダンボールに入れておくことも大事なコツでした。このように作業していけば、引越し先で荷物を開梱するときもスムーズに作業を進めることができます。

それでは難所の小物の荷造りをクリアして、無事に引っ越しを乗り切ってくださいね!