引越しでチップはいつ渡せば良いのか

引越しでチップを渡すのはいつ?作業員のやる気を上げる理想のタイミング!

  • 2019年7月20日
  • 2019年8月21日
  • コラム
  • 202view

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの際は、通常料金とは別にチップを渡す方もたくさんいらっしゃいますよね。引越しでチップを渡そうか検討しているが、いつご祝儀を渡せば良いか迷っている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回のコラムでは、
  • 引越しでいつチップを渡すべき?
  • チップを渡しやすいタイミング
  • 経験的にいつチップを受け取ることが多いか
について詳しく解説していきます。

次回のお引っ越しでチップを渡そうと思われている方は、ぜひご参考になさってくださいね。

チップは引越し業者全員に直接手渡ししよう!

いつ引越し業者にチップを渡すかをお話する前に、ぜひお伝えしたいことがございます。チップを渡す場合は「メンバー全員に手渡しする」ことをおすすめいたします。

お客様の中には、引越しの現場責任者にチップをまとめて渡される方もいらっしゃるかと思います。実例としても、現場責任者に引っ越しの料金を支払う際に、チップも一緒に渡すケースが多いです。ただこの場合、責任者がチップを全額ポケットマネーにしてしまう可能性があります。これではチップをお渡した意味も半減してしまいますよね。

このような事態を未然に防ぐためにも、作業員全員にチップを直接手渡しされることをおすすめいたします。そこで次章では、いつなら引越しメンバー全員にチップを渡しやすいかに焦点を絞って、チップを渡すタイミングをご紹介していきたいと思います。

Point
チップは作業員一人ひとりに手渡ししよう!

引越しでチップを渡すタイミングを徹底解説!

引越し作業は、短くても2〜3時間、長ければ丸一日かかってしまいます。それだけにいつでもチップをお渡しできると思われるかもしれませんが、作業メンバー全員が集まるタイミングは意外と限られています

この章では、引っ越し業者全員にチップを渡しやすいタイミングを詳しくご紹介していきます。

引越しの作業前にチップを渡す!

引越し業者の大半は、作業開始前にメンバー全員が挨拶と状況確認を兼ねて、お客様のお部屋まで伺います。この瞬間はメンバー全員が集まる数少ないタイミングの一つです。この時に「本日は宜しくお願いしますね」とチップを一人ずつ手渡しすれば、極自然にチップをお渡しできます

実際の現場でも、このタイミングで「ほんの気持ちですがお昼代に使ってください」などとチップを手渡ししてくれるお客様もたくさんいらっしゃいます。まさにお客様の「お気持ち」がチップに込められていると痛感し、作業に精が出てしまいます。

Point
引越し作業前はチップを渡す理想的なタイミング!

旧邸から新居への移動前後にチップを渡す!

荷物の積み込みが終わり、新居へ移動する前、また新居へ到着した瞬間もメンバー全員にチップを渡しやすいタイミングと言えます。ただ実体験としては、このタイミングでチップを頂いた経験はほとんどありません。

その代わりに、荷物の積み込みが終了した段階で飲食品の差し入れをいただけることは多いです。積み込みが一段落して引越しスタッフも疲れていますので、このタイミングで飲料水を差し入れすれと凄く喜んでくれますよ。飲食品の差し入れをいつ渡そうか迷われている方がいらっしゃいましたら、新居への移動前に渡されてはいかがでしょうか。

Point
飲食品の差し入れは新居への移動前に渡すのがおすすめ!

引越し作業終了後にチップを渡す!

引越しが終了したタイミングも、作業メンバー全員が集まっています。感覚的にはこのタイミングでチップを頂くケースが最も多い印象を受けます。「今回の引っ越しが1番早くて丁寧だった。感動した。ありがとう!」とチップを頂いた経験もございます。

このタイミングでチップを渡すメリットは、作業に満足した場合の「ご祝儀」としてチップを渡せることです。もし作業に不満がある場合は、無理にチップを渡す必要はございませんね。

Point
作業後にチップを渡すお客様が一番多い!
作業を見てからチップを渡すか判断できる!

チップを渡すタイミングは引越し作業前がベスト!

チップを渡しやすいタイミングを見てきましたが、果たしていつチップを渡すのが理想的なのでしょうか。それはズバリ、引越しの「作業前」です。

これには何点か理由がございます。そこで引っ越しの作業前にチップを渡すメリットをみていきましょう。

チップは作業員のカンフル剤!?

引越し業者といえど人間です。作業開始前にチップを渡せば、引越しスタッフのやる気もみなぎり、作業も丁寧になる可能性があります。特にアルバイトの作業員なら、なおさらこの傾向が当てはまるのではないでしょうか。

もちろん、チップを作業員のカンフル剤として渡すわけではないかと思います。ただ料金とは別にチップというお金を渡すのですから、少しでも作業員には気合いを入れてもらいたいです。そのためにもチップは絶好の動機付けになりますよ。

Point
チップを渡す最もおすすめなタイミングは作業前!
引越し作業が丁寧になる効果も期待できる!

追加料金が無料になることも!?

引越しの際は、必ず事前に見積もりがあります。ただ見積もりの際に、お荷物の申告に漏れがあった場合は、当日に追加料金が必要になることもあります。例えば、お荷物に自転車を入れ忘れてしまい、追加料金を請求されるケースがございます。またダンボールが不足すると、追加ダンボール料金を請求する業者もあります。

このような場合でも、引越し作業前にチップを渡しておくと、少額の追加料金ならサービスしてくれるケースもあります。チップをいただいていることもあり、追加料金の話はしづらいのです。

もちろん引っ越し業者の会社方針や現場責任者のさじ加減にも影響されるため、必ずサービスになる訳ではございません。ただチップにはこのようなパワーがあることも触れておきました。

Point
チップパワーで追加料金がサービスになることも!

作業終了後にチップを渡すのはおすすめできない!

実際の現場では、引っ越しの作業が終了してからチップを頂くケースもたくさんございます。ただ個人的には、このタイミングでチップを渡すことはあまりおすすめいたしません。

引越しの作業がひと段落すると、現場責任者を除いてトラックに戻ってしまいます。このためメンバー全員にチップを手渡しするチャンスがなくなってしまうかもしれません。もちろん一軒家でしたら側にトラックが停まっているので問題ありませんが、マンションの上層階にお住いの方がトラックまで行くのは面倒ですよね。

お会計の際に現場責任者にまとめてチップを渡すという選択肢もございますが、冒頭でご紹介した通り、責任者のポケットマネーになってしまう場合もあります。また作業終わりにチップを渡しても、作業員のやる気アップに繋げることはできません

作業内容に満足した時のご祝儀としてチップを予定されている方を除いて、作業終了後にチップを渡すのは理想的なタイミングでは無いかもしれませんね。

Point
予めチップを渡すつもりなら作業終わりは避けよう!
ご祝儀としてチップを渡す場合はおすすめなタイミング!

引越し前にチップを渡して気持ちよく作業してもらおう!

いかがでしたでしょうか。引っ越しの際に、いつチップを渡せば良いかイメージが湧きましたでしょうか。

チップを渡しやすいタイミングは、作業前、移動中、作業後の3つです。この中で最もおすすめなタイミングは作業前でしたね。また作業員にチップを渡す場合は、一人ずつ手渡しすることも大事なポイントです。

せっかくチップを渡すのですから、タイミングを見計らって、業者に張り切って作業してもらいましょう

関連記事

引越し作業員の「ひこしおです。引越現場ではお客様からチップをいただけるケースがあります。世間一般的にも、「引越しはチップを渡すもの」といった風潮があるのかもしれ[…]

引越しでチップは必要か