引越しのキャンセル料金

引越しのキャンセル料金を徹底解説!費用が発生するのは何日前から?

引越し作業員の「ひこしお」です。急な事情で引越しをキャンセルしたいケースもあるかと思います。引越しのキャンセル料金はいくら程度が相場なのでしょうか。また引っ越し当日の何日前からキャンセル料金が発生してくるのでしょうか。

そこで今回は、引越しをキャンセルする場合の料金を詳しく解説していきます。また解約手数料とは別で、不要になったダンボールなどの資材の取り扱い方法にも触れていきます。引っ越しのキャンセルをご検討中の方はぜひご参考になさってくださいね。

引越しをキャンセルすると料金は発生する?

結論から申し上げますと、引越しをキャンセルする場合は解約手数料を請求される可能性があります。ただ引越し当日から余裕を持って業者と連絡を取れば、解約手数料を取られる心配はありません。そこでまずは、キャンセル料金に関する規定を確認していきましょう。

引越しのキャンセル料金には規定がある!

日本で引越し事業を行うためには、国土交通省に事業届けを提出する必要があり、「標準引越運送約款」において、引越しのキャンセル料金(解約料)が定義されています。以下、標準引越運送約款からの引用です。

第8章第21条(解約手数料又は延期手数料等)

当店が、解約手数料又は延期手数料を請求する場合は、その解約又は受取日の延期の原因が荷送人の責任によるものであって、解約又は受取日の延期の指図が見積書に記載した受取日の前々日、前日又は当日に行われたときに限ります。ただし、第三条第七項の規定による確認を行わなかった場合には、解約手数料又は延期手数料を請求しません。

2 前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。
一 見積書に記載した受取日の前々日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積運賃等(料金にあっては、積込み、取卸し、搬出、搬入、荷造り及び開梱こんに要するものに限る。次号及び第三号において同じ。)の20%以内
二 見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積運賃等の30%以内
三 見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積運賃等の50%以内

出典:国土交通省「標準引越運送約款」

ちなみに上記の「第三条第七項の規定」とは、「引越しの3日前までに見積もり内容に相違ないかお客様へ確認すること」を指しています。引っ越しの数日前に業者から確認の連絡があるのはこのためですね。

引越しのキャンセル料金一覧!

下の表は、上記約款にあるキャンセル料金を表でまとめたものです。ご覧の通り、引越し当日の3日前までにキャンセルを申し込んだ場合、料金が発生することはありません

キャンセル料金が発生するのは引越し2日前からです。また引越しまでの日数が少なくなればなるほど、キャンセル料金が高額になることが確認できます。引越しをキャンセルする場合は、1日でも早く業者と連絡を取ることが大切と言えますね。

ちなみに引越しのキャンセル料金に関しては、2018年6月に改定されています。もちろん上記料金が最新版ですが、ウェブサイトには古い料金規定がそのまま掲載されているサイトもありますので、ご注意してくださいね。

キャンセル日キャンセル料金
引越しの3日以上前0円
引越しの2日前見積もりの20%
引越し前日見積もりの30%
引越し当日見積もりの50%

引越しのキャンセル連絡は誰にすれば良い?

引越しをキャンセルする場合は、見積もりを出した人に連絡を取れば問題ありません。見積もりの際に受け取った名刺を探して、そこの電話番号に連絡を入れましょう。

もし写真見積もりなどで名刺を頂いていないケースがありましたら、契約書やホームページを調べて連絡先を確認してください。

上述の通り、引っ越しキャンセルの連絡は1日でも早く対応する必要がります。面倒臭いからと後回しにしていると高額のキャンセル料金を請求されてしまいますのでご注意してくださいね。

引越し業者から提供された資材はどうすればいいの?

引越しの際はダンボールや養生テープなどの資材が提供されますよね。引越しをキャンセルする際、このような資材はどうすれば良いのでしょうか。これには、「使用済」か「未使用」かで対応が異なってきますので、それぞれ確認していきましょう。

すでに使用してしまった資材!

ダンボールや養生テープなど、すでに使用済みの資材もあるかと思います。引っ越しをキャンセルする場合、使用済みの資材はお客様の買取りになってしまいます。

買取価格は引越し業者によっても異なりますが、ダンボール1箱あたり300〜400円、養生テープは300円程度が相場です。

ファミリータイプの引越しでは、ダンボールを50箱近く使用することも珍しくありません。もしすでに荷造りを済ませてしまている場合、ダンボール料金だけで20,000円近くも請求されてしまうのです。

未使用の資材!

引越し業者から提供されているが、まだ使用していない資材もあるかと思います。このような未使用の資材は、買い取る必要はありません。ただ未使用の資材は、引越し業者へ返却する必要があります。

返却方法は「郵送」と「引き取り」の2種類あります。

郵送で返却する場合、送料はお客様の負担になります。引き取りの場合、引き取り手数料を請求される可能性が高いです。引越し業者の中には、契約の段階でキャンセル時の引き上げ手数料を明記している業者もあります。

いずれにしても引越しをキャンセルした時点で業者から未使用資材に関する説明があるはずですので、その指示に従ってくださいね。

実施済みオプション料金は請求される!

引越し当日の3日以前にキャンセルをした場合でも、既に実施済みのオプションサービスの費用は請求されてしまいます

代表的なオプションサービスは、エアコンの取り外し作業です。既に作業が完了していれば、その費用を請求されてしまうのは仕方ありませんね。仮にエアコンを再び取り付けたい場合は、再度取り付け費用を支払う必要があります。

もちろん未実施のオプションサービスに関しては、基本的に解約料金を請求されません

但しこれは、引越し業者を通したオプションサービスです。ご自身で直接業者と契約しているサービスがございましたら、そちらの業者に確認してくださいね。

引越しのキャンセルは値引きの切り札!?

引越しのキャンセル理由としては、「会社からの急な辞令」「業者の評判が悪くて心配になった」「もっと安い業者が見つかった」などと様々かと思います。もし業者の評判が悪くてキャンセルしたい場合は、迷うことなく契約を解約することをおすすめいたします。

ただ解約理由が「価格」の場合、キャンセルを切り札に値引きできる場合もあります。引越し業者にキャンセルの連絡を入れると、その理由を聞かれます。その際に「他の業者の方が料金が安くて・・・」などと打ち明けると、値引きしてくれる可能性が高いです。

引っ越し業者からみても、契約キャンセルは絶対に避けたいところです。キャンセルを切り札に値引き交渉を取ってみる方法もありますので、ご参考にしていただければと思います。

引越しのキャンセルはすぐに連絡しよう!

いかがでしたでしょうか。引越しをキャンセルした場合の料金はご確認いただけましたでしょうか。引越しの契約をキャンセルする場合、当日2日前から料金が発生してきますので、3日以前に見積もり担当者に連絡を入れることがポイントになりました。

ただし3日以前に連絡を入れた場合でも、ダンボールなどの業者の資材は有料となる場合もあります。また未使用のダンボールでも変換手数料が発生する場合がありますのでご留意してくださいね。

引っ越しのキャンセルは1日でも早く業者と連絡を取ることが重要ですので、すぐに対応してくださいね!

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。綿密な計画を立てていた引越しのスケジュールですが、やむを得ない事情により延期になってしまうケースもあるかと思います。この時に気に[…]

引越し延期の料金