引越しでのバッグの荷造り

引越しでバッグの傷・型崩れ防止!カバンの梱包方法やコツまとめ!

  • 2019年8月10日
  • 2021年6月4日
  • 荷造り
  • 4682view
ひこしお
引越し作業員の「ひこしお」です。

引越しでバッグの荷造りに不備があると、

  • 汚れや傷がつく
  • 型崩れを起こす
  • 運搬を断られる

といった危険性があります。

そう言われても、バッグの荷造り方法なんてイメージできません。

そこで今回は、引越しでバッグを荷造りする方法やコツを詳しく解説していきます。

冒頭では、バッグの荷造りの必要性についても触れています。

ひこしお
バッグを荷造りする際のお役立ち情報が盛り沢山ですので、ぜひご参考にしてくださいね。

引越しではバッグを箱に梱包する必要がある!

稀にですが、バッグが箱に梱包されていない引越し現場に遭遇することがあります。

「梱包付きプラン」を除き、ご自分で引越し前にカバンの荷造りを済ませておく必要があります。

ひこしお
まずは、バッグを荷造りする必要性について確認していきましょう。

バッグの汚れ・型崩れ対策!

バッグの荷造りを怠ってそのまま引越しすると、カバンが汚れてしまいます。

ひこしお
引越し作業をしていると、手に埃やゴミが付着してしまうものです。
その手でバッグを直接触ったら、汚れが付いてしまうのも当然ですね。

またバッグの荷造をしていないと、カバンが型崩れする危険性もあります。

注意点引越しは、トラックに荷物を積み重ねて運搬します。

バッグの上に荷物を重ねて積まれると、カバンの型が崩れてしまいます。

ひこしお
バッグを箱に荷造りしておけば、汚れや型崩れの問題を簡単に解決できます。

バッグを荷造りしないと引越し業者が運んでくれないこともある!

引越業者によっては、荷造りされていないバッグの運搬を断るケースもあります。

未梱包のカバンは、上記のようなトラブルに繋がりやすいので、運んでくれない場合もあるのです。

注意点引越しの契約では、「小物類の荷造りは、お客様が対応する」ことになっています。

このため荷造りされていないカバンの運搬を断られても、文句は言えません。

引越当日に、作業員から「ダンボールに梱包されていないバッグは運べません!」なんて言われては大変ですよね。

ひこしお
こうしたトラブルにならないためにも、しっかりとカバンの荷造りを済ませて引越し当日に備えましょう。

引越しでバッグは何に梱包すれば良いの?

バッグを荷造りときは、下記のいずれかの方法がおすすめです。

  • 専用化粧箱に梱包する
  • ダンボールに梱包する
ひこしお
それぞれの梱包方法について解説していますので、荷造りのご参考にしてくださいね。

バッグは購入時の化粧箱に梱包するのがベスト!

バッグ購入時の化粧箱は、サイズ的にカバンとぴったりですので、引越しで搬送する時の衝撃からカバンを守ってくれます。

バッグの荷造りでは、カバンを購入した時の専用化粧箱に梱包することが理想です。

トラックに積み込む際も、バッグの専用化粧箱は上部に乗せますので、他の荷物の重さでカバンが型崩れするリスクもありません。

ひこしお
エルメスやヴィトンなどの化粧箱だと、作業員も心理的に慎重になって、より丁寧に積み込み作業してくれるかもしれません。

また専用化粧箱を使用すれば、荷物の中身を一目で判断できます。

引越し先で荷物を開梱する時も、簡単にバッグの所在を確認できそうですね。

カバンの専用化粧箱がない場合はダンボールに梱包しよう!

バッグを購入したときの箱を処分してしまった方は、

  • 引越し業者から提供されるダンボール
  • ご自分で調達したダンボール

のいずれかにカバンを梱包しましょう。

この際、ダンボールの底は、ガムテープで「十字張り」してくださいね。

詳しくはダンボールの組み立て方をご参考にしてください。

ひこしお
いずれの場合でも必ず、忘れずにダンボールに「バッグ」と表記してくださいね。

「バッグ」と記入しておけば、トラックの上段に積み込んでもらえる可能性が高くなります。

新居で荷解きする時も、カバンの所在を一目で確認できますね。

バッグの型崩れを防ぐ荷造りのコツ!

バッグの梱包時にちょっとした一手間を加えることで、型崩れをより一層防げます。
ひこしお
バッグを荷造りするワンランク上のコツを見ていきましょう。

バッグのサイズに適したダンボールを選ぼう!

引越し業者から提供されるダンボールは、大きいサイズと小さいサイズの2種類あることが一般的です。

そこでカバンの大きさとぴったり合うサイズを活用することがコツです。

こうすることで、引越しの運搬中にダンボールの内部でバッグが暴れるのを防げ、型崩れの原因を未然に防止できます。

ひこしお
ご自分でダンボールを調達する場合も、カバンの大きさに少しでもとフィットするサイズの箱を活用してくださいね。

バッグの中に緩衝材を詰めよう!

バッグの中にも緩衝材を詰めれば、より一層カバンの型崩れを防げます。

引越し業者から「プチプチ」や「クレープ紙」などの緩衝材の提供がある場合は、それを活用すれば問題ありません。

ひこしお
緩衝材がない場合は、100均のプチプチや新聞紙を活用しましょう。
注意点新聞紙は湿気でインク漏れする危険性もありますので、不安な方は避けた方が無難と言えます。

全部のバッグに緩衝材を詰めるのが面倒な方は、特に大切なカバンにだけ緩衝材を詰めてはいかがでしょうか。

バッグと箱の隙間を埋めよう!

カバンとダンボールとの間に隙間があると、引越しの運搬中に箱の中で暴れてしまいます。

バッグをダンボールに梱包しただけでは、カバンと箱の間に隙間が生じています。

そこでカバンとダンボールとの隙間に緩衝材を敷き詰めて、この隙間を埋めましょう。

緩衝材は引越し業者から提供される「クレープ紙」や「プチプチ」、あるいは新聞紙でも問題ありません。

ひこしお
荷造りで大きな効果のある大事なポイントですので、一手間加えてあげてくださいね。

ダンボールの蓋は強引に閉じない!

背丈が大きく、箱に収まり切らないバッグは、ダンボールの蓋を開けたままで問題ありません。

注意点背丈の入りきらない大きなカバンがある場合は注意が必要です。

もし強引にダンボールの蓋を閉じてしまうとカバンが型崩れしてしまいます。

見積もりの際に「ダンボールの蓋は閉めて荷造りしてください」と説明されているのですが、大丈夫でしょうか。
ひこしお
引越し当日の作業員に「ダンボールの蓋が閉まらないのでこのまま運んでもらえませんか?」とお願いすれば、特に問題なく対応してくれますよ。

複数のバッグを1つのダンボールに梱包するコツ!

1つのダンボールに複数のバッグを梱包する時は、カバンが互い違いになるように入れましょう。

基本的にカバンは、底面が幅広く、上部に行くほど幅薄の設計になっています。

互い違い梱包すれば、カバンに余計な負担をかけることなく荷造りできます。

またカバンとダンボールの隙間が少なくなるので、型崩れを防ぐ効果も期待できます。

注意点1つのダンボールに1個のバッグしか梱包しないのは、スペース的にも勿体無いです。

カバンにダンボールを使いすぎてしまうと、他の小物の荷造りに使う箱が足りなくなってしまう可能性もあります。

ひこしお
バッグに傷がつかないように、隙間に緩衝材を入れて荷造りすることも大事なコツですよ。

バッグに荷物を詰めてダンボールを節約!

バッグに小物などの荷物を収納してからダンボールに梱包すれば、ダンボールの数を簡単に節約できます。
化粧用具や文房具などの荷物をバッグに詰めれば、面倒な小物の荷造りも簡単に済みそうですね。

引越しではダンボールの数に限りがありますので、荷造りに使う箱数はできる限り少なくしたいところです。

ひこしお
ダンボールの数が足りない時の裏技としても大活躍しますので、頭の片隅に入れておきましょう。

注意点バッグに貴重品の荷造りをすることは絶対に厳禁です。またこのテクニックは、バッグをダンボールに梱包することが前提です。

むき出しのままでは引越し業者が運搬してくれない可能性もありますので、注意してください。

少し上級テクニックになりますが、簡単にダンボールを節約できるコツですので、ぜひご参考にしていただければと思います。

ひこしお
それでもダンボールが不足する場合は、スーパーや家電量販店などの箱を利用するのもおすすめです。

詳しくは『引越しのダンボールは節約できる!調達方法や注意点をプロが徹底解説!』で解説していますので、併せてご参考にしてくださいね。

引越しでは必ずバッグの荷造りをしよう!

いかがでしたでしょうか。バッグを荷造りする必要性や、梱包のコツはご確認いただけましたでしょうか。

バッグを荷造りするときのコツは、

  • 専用化粧箱やダンボールを準備して、
  • プチプチや新聞紙などの緩衝材を活用し、
  • カバンと箱の間の隙間をなくす

ように梱包することがポイントです。

引越し業者の梱包スタッフも、このように箱詰めしていますよ。

カバンの荷造りを怠ると、

  • 傷や型崩れの原因になる
  • 運搬をお断りされる

といったリスクが伴います。

お気に入りのカバンの型が崩れないように、しっかり荷造りしようと思います。
ひこしお
ぜひ万全の準備で引越し当日を迎えてくださいね!
関連記事

引越しの荷造りの中でも靴の梱包方法は難しいかと思います。ダンボールへの収納が甘いと、靴の型崩れや傷の原因となってしまいます。大切な靴をトラブルなく無事に引っ越しするためには、どのように荷造りすれば良いのでしょうか。そこで今回は、[…]

靴の荷造り