引越しで洗濯機を設置する時の料金

知らないと大変!引越しで洗濯機を設置する手続きと料金相場!

今回のご相談
  • 引越し業者は洗濯機の設置までしてくれるの?
  • 取り付け料金がかかるとしたら、相場はどのくらいなの?
  • 洗濯機の取り付け料金を安くする方法を知りたい!

こんにちは、引越し作業員の「ひこしお」です。

ひこしお
私は営業経験もありますが、洗濯機の設置料金に関する質問はたくさんいただきます。

そこで今回は、

  • 引越し業社の洗濯機設置の扱い
  • 引越し業者に取り付けを頼んだ場合の料金相場
  • 自分で洗濯機を設置する際の注意点

などについて詳しく解説します。

注意点引越し業者が洗濯機をセッティングしてくれるものと思い込んでいると、思わぬ後悔に繋がってしまうかもしれません。
ひこしお
ご新居で慌てないためにも大切なポイントばかりですので、ぜひご参考にしてくださいね。

引越しでの洗濯機の設置はオプションサービス!

引越し業者は、洗濯機の運搬と設置を別料金として計算しています。

引越し業社はあくまで洗濯機を「運搬」することがメインであり、取り付けまでは行わないケースが多いです。

お客様のご要望で洗濯機の設置を行うときは、引越し業社が専門業社を手配して対応するため、別料金で計算されるのです。

注意点見積もりに洗濯機の取り付け料金が含まれていない場合、引越し当日に追加料金を請求される可能性が高いです。

厄介なことに、追加料金を支払っても、即日対応してくれない場合があります。

洗濯機の取り付けは水漏れのリスクがあるため、設置を外注に依頼する会社も多く、即日対応できない理由となっています。

ひこしお
もちろん洗濯機の設置費用を支払っているお客様へは、引越しとスケジュールを合わせて専門業者が手配されますので安心してくださいね。

洗濯機の設置を引越し業者に依頼した場合の料金相場!

洗濯機の設置料金は、

  • 縦型洗濯機 3,000円前後
  • ドラム式洗濯機 9,000円前後

が業界の相場です。

ドラム式の料金相場は縦型の3倍も高いのですね。汗
ひこしお
ドラム式は容積・重量ともに大きく、作業に時間を要するため、料金も割高に設定されています。

洗濯機の設置料金を格安にする方法!

新居での洗濯機のセッティングは欠かすことができません。できることならその費用は最小限に抑えたいところです。

洗濯機の取り付け費用を安くするためには、

  • 引越し一括見積もりサイト」を利用し、
  • 洗濯機の取り付けオプション付きで、
  • 同時に複数の業者から見積もりを受け取り、
  • 最も安い料金を提示した業者を選ぶ

ことがポイントです。

参考引越し一括見積もりサイトとは、

  • お名前
  • 引越しの荷物
  • 付帯作業(洗濯機の取り付け)

などの情報を入力するだけで、同時にたくさんの引越し業社へ一括で見積もりを依頼できるサービスです。

引越し一括見積もりサイトを使えば、それぞれの業者が洗濯機の取り付けにどの程度の料金を設けているか比較できますし、何より総額ベースで最安値の業者を見つけられます。

引越し一括見積もりサイトは何種類もありますが、おすすめなサイトはありますか?
ひこしお
おすすめなサイトを2つご紹介しますので、自分にぴったりなサービスを選んでくださいね。

引越し侍

引越し侍
洗濯機の取り付けまで含めた最安値の引越し業社を探したいという方は、「引越し侍」がおすすめです。

引越し侍は、登録している引越し業社の数が320社以上と圧倒的に多く、それだけたくさんの業者の見積もりを比較できます。

最大10社から見積もりをもらえますので、その中から一番安い業者を選んであげれば、最安値で引越しできることは確実です。

SUUMO引越し見積もり

SUUMO引越し見積もり

業者からの連絡はメールで欲しいという方は「SUUMO引越し見積もり」がおすすめです。

引越し一括見積もりサイトを利用すると、すぐに業者から電話がかかってきます。ただ時間帯などによっては、かえって迷惑に感じてしまうこともありますよね。

SUUMO引越し見積もりは、メールで業者とやりとりできる希少なサービスですので、メール派の方には絶好のサービスです。

自分で洗濯機を設置することはリスク大!

洗濯機の設置料金を節約しようと、ご自分でセッティングされる方もいらっしゃるかと思います。

洗濯機の取り付け料金を節約するために自分で設置した場合、

  • うまく設置できない
  • 洗濯機から水漏れする

といったリスクを伴いますので、基本的におすすめできません。

それぞれのリスクについて、もう少し具体的に見ていきましょう。

洗濯機をうまく設置できない!

基本的に洗濯機の取り付けは、給水ホースを蛇口につなぎ、排水ホースを排水口に繋げるだけです。

一見すると簡単に思えるのですが、いざ自分でセッティングしてみると、

  • 給水ホースと蛇口の形状が違う
  • 給水ホースの長さが足りない
  • 洗濯機を持ち上げないと排水ホースに繋げない
  • 排水ホースが洗濯機で潰れてしまう
  • 排水ホースの左右入れ替えが必要

といった面倒なケースに遭遇することも多々あります。

またドラム式洗濯機の場合、80kg以上ある本体を傾け、排水ホースを排水口に繋げる必要があります。洗濯機置き場は狭いことが多いので、ホースを繋げること自体も難しいかもしれません。

ひこしお
ドラム式洗濯機の取り付けは、専門スタッフが行っても大変です。汗

洗濯機から水漏れすると損害賠償の可能性も!

ご自分で洗濯機を設置した際に最も怖いリスクが水漏れです。

洗濯機から水漏れしてしまうと、高額な退去費用や損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。

ひこしお
以下に実際にあった水漏れのトラブル事例をご紹介しています。

ホースからの水漏れが原因でカビだらけに!

洗濯機のホースは経年劣化していきますので、状態によってはホースの取り替えが必要です。

取り付けを専門業社に依頼すれば、設置の際にホースの状態を見て、交換のアドバイスをしてくれるものです。

ただご自分で取り付けた場合は、もちろん自分でホースのチェックをする必要があります。

注意点経年劣化によるホースのヒビ割れを放置すると、将来的に水がにじみ出て、床や壁のクロスがカビだらけになってしまいます。

賃貸物件なら退去時に高額な修理費用を請求される可能性もあるので注意が必要です。

ひこしお
最近の新築物件は、洗濯機をクロスの上に直置きする仕様が多いので、排水ホースからの水漏れは致命的です。

直下フロアが水浸しに!

万が一にもホースが排水口から外れてしまうと、大量の水が漏れ出します。

専門スタッフが取り付けを行った場合、排水ホースと排水口が絶対に外れないように固定します。ただご自分でセッティングした際は、この固定が甘くなってしまうかもしれません。

注意点水漏れにすぐ気づけば元栓を締めるなどの対応を取れますが、洗濯機の稼働中は目を離していることが多く、気づいた時には床下や直下のフロアまで水浸しになっているかもしれません。

こうなってはクリーニング費用や、家財の弁償費用、ホテル代などの高額な料金を請求される可能性さえありますね。

ひこしお
実際に直下フロアまで水浸しになった例はございますので、注意してくださいね。

電源がショートする可能性も!

洗濯機から漏れた水が電源プラグに入り込むと、電気がショートします。

もちろん、洗濯機のコンセントは壁の上部に設置されていますので、電気がショートする可能性は低いです。

ただ給水ホースや排水ホースが外れて勢いよく水が吹き出し、コンセントに水が入ってしまうリスクは十分に想定されます。

注意点集合住宅などにお住いの場合、マンション全体が停電してしまう恐れもあります。

新居の近隣住民の方々に多大なご迷惑を掛けするだけでなく、高額な修理費用を請求されるリスクもあります。

自分では洗濯機の設置直後の水漏れに対応できない!

洗濯機をセッティングした直後に水漏れすることがあります。

プロの業者ならすぐに修理できても、ご自分で修理するには限界がありますよね。

引越し先の新居で洗濯機を使用できないと日常生活に悪影響が出てしまいますので注意が必要です。

給水ホース側からの水漏れ!

洗濯機の蛇口と給水ホースとの繋ぎ目から水漏れを起こす場合があります。

大抵は洗濯機のホース側のゴム部品に問題があるのですが、稀に蛇口の溝が破損している場合もございます。

いずれのケースにしても、ご自分で修理することは難しいですよね。

注意点蛇口に破損がある場合は要注意です。

取り付け業者から不動産管理会社に連絡してもらえば、物件の初期不良として無料で修理してもらう流れになります。

ただ自分で洗濯機の取り付けを行った場合、「設置の際に破損したのではないですか?」などと言われ、修理費用が有料になる可能性もあります。

配送ホースからの水漏れ!

排水ホース付近から水漏れを起こすケースも散見されます。

大抵は洗濯機の水抜きが十分にされておらず、内部に残留していた水が溢れ出したものです。

ただゴム部品の劣化や亀裂が起因とした水漏れもあります。専門業者なら代替え部品に交換するなどしてすぐに修理できます。

ただ自分でこの判断をするのは難しいですし、破損の修理できないですよね。

水漏れで業者を手配するくらいなら、初めからプロに取り付けを依頼した方が得策と言うことですね。

洗濯機の設置料金が高い背景には訳があった!

取扱説明書さえあれば、洗濯機の設置方法は特段と難しい作業ではありません。

ところが洗濯機の設置には、上述の通りの料金が設定されています。この理由はシンプルで、洗濯機から水漏れを起こしてしまうと、莫大な被害が出てしまうからです。

だからこそ料金を支払って引越し業者に設置を依頼する価値がありますよね。

「プロに任せておけば確実」という安心感をこの料金で買っているのですね。

見積もりで洗濯機の設置料金を確認しよう!

いかがでしたでしょうか。

簡単にまとめると

  • 洗濯機の取り付けは基本的にはオプションサービス
  • 設置料金の相場は、縦型で3000円、ドラム式で9000円前後。
  • 安く洗濯機を取り付けるなら「引越し一括見積もりサイト」は必須
  • 自分で取り付けるのはリスクが高い

といった感じですね。

洗濯機の取り付け費用を節約するあまり、新居でうまく設置できず、コインランドリーを使用するのでは本末転倒です。

ひこしお
洗濯機の取り付けは、プロの引越し業社へ依頼してくださいね。
早速、引越し侍で洗濯機の設置料金の安い業者を探してみようと思います。