自分で引越する時も養生は必要か

引越しの養生とは?自分で養生する時のポイントや費用はどのくらい?

  • 2019年7月22日
  • 2019年8月24日
  • 荷造り
  • 1019view

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しには基本的に養生が必要になります。ところで「養生」という言葉は当たり前の業界用語として使われていますが、始めて聞いた方にとっては、その意味や役割が難しいですよね。

そこで今回の記事では
  • 養生の意味や役割
  • 自分で養生する必要性はあるか
  • 自分で養生するときのポイント
  • 養生パネルの料金
について詳しく解説していきます。

引越しと養生は切っても切れない関係にあります。引越し当日の前にぜひご確認していただきたい内容ですので、参考になさってくださいね。

引越しで使う養生の意味と役割を徹底解説!

そもそも養生とは何を指しているのでしょうか。また養生にはどのような役割があるのでしょうか。本章では、引越しで必要となる養生について詳しく解説していきますので、早速チェックしてみましょう。

養生とは?

養生とは「プラスティック素材の薄いパネルなどを建物に取り付ける作業」のことを指しています。引越現場を一度でも見たことのある方なら、なんとなくイメージできるのではないでしょうか。また工事中のビルやオフィスも養生されていることが多いです。

もし引越しの際に「養生」という単語が出てきたら、「あれだな!」と思い浮かべてくださいね!ちなみに養生に使用する材料のことを、業界用語で「パネル」「プラスティックパネル」「プラベニ」などと呼んでいます。

養生の役割!

養生には大きく2つの大切な役割がございます。ご自分で養生するかご検討されている方には特に大切な内容ですので、ぜひご確認してくださいね。

建物の破損防止!

養生には、建物を破損から守る役割がございます。引越しの際は、冷蔵庫や食器棚、タンスのような大型家電・家具を移動することになります。家具や家電が建物にぶつかってしまうと、建物に傷がついてしまいます。養生には衝撃から建物を守る大切な役割がございます。

ちなみに引越業者が建物に傷を付けてしまった場合、その業者に損害賠償請求がいくこともあります。ご自分で引越しされる場合、作業中に付けてしまった建物の傷の修理代を請求されることもありますので、養生はぜひともしていただければと思います。

荷物の傷防止!

養生には荷物を傷から守る役割もございます。お荷物を壁にぶつけてしまった時に、養生がその衝撃を緩和してくれるのです。

ちなみに引越業者の場合「ジャバラ」という専用の布を家具・家電に巻いて作業を行いますので、荷物は養生とジャバラの2重で守られることになります。

ただご自分で引越しされる場合、ジャバラなどの専用資材を持っていないかと思います。そこで家具や家電を傷からお守りするためにも、養生は必須と言えそうですね。

引越しの養生は自分でセットする必要があるの?

引越しの養生は、ご自分で用意、セットする必要があるのでしょうか。これに関しては、業者に応じて答えが若干異なります。もちろんご自分で引越し作業する場合は、当然ですが自分で養生する必要があります。

この章では引越し作業の主体毎にご説明していますので確認してみてくださいね。

大手引越業者の場合!

大手引越し業者に見積もりをお願いした場合、見積書に「養生」という項目がないことが大半です。このため「養生は自分でしないといけないの?」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

どうぞご安心してください。大手の引越業者の場合、養生費用は基本料金に含まれていますので、業者がしっかり対応してくれます

自分で養生を用意・セットする必要は一切ございませんので、安心して引越し当日をお待ちくださいね。

Point
大手引越し業者はサービスで養生してくれる!

個人事業者に引越しをお願いする場合!

お荷物が少ない場合、引越業者ではなく、「赤帽」や個人事業者に作業をお願い予定の方もいらっしゃるかと思います。こうした業者の場合、見積書に「養生費用」が含まれていないと、養生が追加料金になる可能性があります。養生代だけで1〜2万円の追加費用が発生するケースも珍しくないので、見積もりの際は養生費用を確認しておきましょう。

ただもしご自分で養生の準備ができる場合は、その分の費用を節約できる可能性もあります。こちらも見積もりの段階で確認してみてくださいね。

Point
引越し業者以外だと養生に追加費用が発生することも!

自分で引越しする場合!

自分で引越しするときは、物件にもよりますが養生は義務でない可能性もあります。養生の必要性をしっかり確認したい場合は、その物件の不動産管理者に問い合わせてみると教えてくれます。

ただ養生の必要性が無いといっても、養生せずに建物に傷を付けてしまった場合、退去時に高額の修理費用を請求されてしまう可能性もあります

意外かもしれませんが、冷蔵庫などの大型家電を建物にぶつけてしまうと、簡単に壁に穴が空いてしまいます。引越し作業に慣れていないからこそ、ぜひとも養生を施してから作業していただければと思います。もちろんこの場合は、ご自分で養生パネルをセッティングする必要がります。そこで次章では、重点的に養生した方が良い箇所をご説明していきたいと思います。

Point
自分で引越しするときは養生の義務が無いことも!
ただ物損事故の可能性もあるので養生を推奨!

引越しを自分で行う際に養生すべき箇所はココ!

引越しの際は、建物のどこに養生を施せば良いのでしょうか。もちろん建物全体に養生をするのが理想ですが、現実的ではありませんよね。この章では引越し業者が養生する箇所を中心にご紹介していきますので、ご自分で引越しを予定されている方はぜひご参考にしてくださいね。

玄関周りは養生必須!

玄関周りは必ず養生した方が良いです。お荷物の搬入出は、全て玄関を通ります。冷蔵庫やタンスなどの背丈の高いお荷物の場合、斜めにしないと玄関を通せないケースもございます。

慣れない作業でうっかり壁に傷を付けてしまっては大変です。特に玄関周りは傷を付けてしまいやすい箇所になりますので、ぜひとも養生対策を施してくださいね。

ドア周りも養生!

お部屋内のドア周りも養生をした方が良い箇所と言えます。当然ですがドアにはドア枠が付いており、背丈、幅が狭くなっています。うっかりドア枠に荷物をぶつけてしまっても傷が付かないように、しっかり養生していただければと思います。

ドアに傷を付けてしまうと退去費用が高くなってしまいますので、くれぐれもお気をつけくださいね。

エレベーターも養生!

引越業者は、基本的にエレベーター内とその出口付近にも養生を行います。業者は台車を使用してエレベーターにたくさんの荷物を入れますので、養生で傷対策を施しているのです。

またエレベーター内には、鏡が付いていることも多いです。ご自分で作業される際は、うっかり鏡を割ってしまわないように、くれぐれも注意しましょう。特にエレベーターに大きなお荷物を入れる予定の方は、せめて鏡の前だけでも養生されることをおすすめいたします。

その他養生が必要な箇所!

引越業者は、マンションのエントランス、通路、お部屋内の階段などにも養生する場合があります。ただこれらの箇所全てにご自分で養生するのは、いささか大変ではないでしょうか。

そこで不動産や大家さんに養生の範囲を相談してみるのも一つの方法です。その物件にあった養生対策を施して、ご自分でのお引越を成功させてくださいね。

自分で養生する時の料金はどのくらい?

ご自分でお引越しをする場合、養生に必要な値段は気になりますよね。養生パネルはAmazonなどで購入することも可能ですし、また業者からレンタルすることもできます。この章では、養生に必要な費用について詳しくみていきましょう。

養生パネルを購入する場合!

一般的に引越し業者が使用している養生パネルは、1枚1,000円程度で販売されています。ちなみに1枚のサイズは、大体ですが縦200cm×横100cm程度です。

1回のお引越しで使用するパネルの枚数は、状況にもよりますが5〜10枚程度です。つまり1回のお引越しにつき、養生パネルの代金は5,000円〜10,000円も発生する計算です。

養生パネルの費用を少しでも抑えたいという方は、Amazonなどを通じて簡易的な養生シートを購入されるのもおすすめですよ。

養生パネルをレンタルする場合!

世の中には、養生パネルをレンタルしてくれる業者も存在します。ただ残念ながら、レンタル代金も1枚1,000円前後と高めに設定されており、新品を購入するのと大差ありません。

またレンタルの場合は、破損時に別途費用が発生することもあり、かえって高くなってしまう場合もあるようです。強いてレンタルのメリットを挙げるとするならば、引越した後に養生パネルの保管場所や処分費用に困らないことでしょうか。

養生の代わりにダンボールを使用する場合!

養生シートは新品でもレンタルでも高額な料金が発生してしまいそうです。そこでおすすめな方法が、ダンボールを養生代わりに使用する方法です。ダンボールにもクッション作用がありますので、建物や荷物の傷防止効果を期待できます。ダンボールなら何でも構いませんので、長方形に引き裂いて、養生パネルの代わりに使用します。

ダンボールはAmazonで1枚100円以下で調達できますし、スーパーから無料でいただける場合もございます。ご自分で引越しを予定されている方は、ぜひダンボールによる養生対策もご検討してみてくださいね。

またダンボールを無料で調達する方法は『引越しのダンボールは節約できる!無料で調達する方法や注意点を徹底解説!』でご紹介していますので、こちらもご参考にしてみてくださいね。

自分で養生するのは大変なので引越し業者を活用しよう!

いかがでしたでしょうか。引越しの際は、建物や荷物を傷から守るためにも養生は必須と言えます。ただご自分で養生するのは大変ですし、パネルの購入費用も高額な料金が発生してしまいました。

そこで引越しの際は、養生をサービスで対応してくれる引越し業者を利用されることを強くおすすめいたします。もちろんご自分で引越しして費用を節約したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。ただ万が一にも壁に傷をつけてしまうと、高額の修理費用を請求されてしまう可能性もあるのです。

また「引越し一括見積もりサービス」を使用して複数の業者に見積もりを取れば、驚くほど安い引越し業者を見つけることも可能です。ご自分で引越しするよりも割安になる可能性も十分ありますので、ぜひ見積もりを取ってみてくださいね。