引越しでの棚の荷造り方法

本棚やカラーボックスの荷造りを総まとめ!棚の荷物を上手に梱包するコツ!

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの際、本棚やカラーボックスの荷造りはどこまで自分で対応すれば良いのでしょうか。また棚の荷物を上手にダンボールに梱包するにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回の記事では、
  • 本棚の荷造り方法とコツ!
  • カラーボックスの荷造り方法とコツ!
  • 棚を格安で処分する方法!
について詳しく解説していきます。

どのご家庭にも必ず1つは棚があるかと思います。棚の荷造りを済ませておかないと引越し当日に面倒なトラブルになる可能性もありますので、ぜひチェックしてくださいね。

引越しで本棚を荷造りする方法!

まずは本棚の荷造りから確認していきましょう。本棚の場合、引越しプランにもよりますがお客様で荷造りを進めておかないと、当日に運搬してくれない可能性もあります。本棚の荷造りをうっかりしてしまわないように、ぜひご確認してくださいね。

本棚から本を取り出して梱包する!

本はとても重いため、本が入ったままの状態で本棚を運搬することはできません。そこで本棚から本を取り出し、ダンボールに梱包する必要があります。

ダンボールに本を梱包する場合は、できる限り小サイズの箱を選択するようにしてください。大サイズに本を入れてしまうと重くなり過ぎてしまうからです。もちろんお任せ引越しプランの場合は引越し業者のスタッフが梱包しますので、ご自分で荷造りする必要はありませんよ。

またダンボールの底が抜けてしまわないように、底はガムテープで「十字貼り」にして組み立てます。詳しいダンボールの組み立て方は『引越しのプロ直伝!ダンボールの正しい作り方と組み立ての注意点を総まとめ!』で特集していますので、こちらもご参考にしていただければと思います。

Point
必ず本棚から本を取り出してダンボールに梱包する!

本棚の小物類を梱包する!

本棚に小物類も置いているケースも多いですよね。こうした小物も全てダンボールに梱包する必要があります。

本棚をトラックまで運ぶ際は、本体を斜めにして持ち運ぶ可能性があります。本棚に小物がある状態では運搬できませんので、しっかりと引越し当日までに荷造りを済ませておきましょう。

また小物類を無作為にダンボールに詰めてしまうと、箱の中でバラバラになってしまいますよね。そこで小物類は小単位でビニール袋に入れるなどして荷造りすることがコツです。

小物の詳しい梱包方法は『収納場所別!引越し作業員が勧める小物の上手な荷造り方法とコツ!』でまとめています。小物の荷造りに手間取ってしまわないように、併せてご参考にしてくださいね。

Point
本棚の小物はビニール袋にまとめてダンボールに梱包する!

本棚の分解は引越しスタッフが対応する!

分解しないと運搬できないサイズの本棚もあるかと思います。こうした本棚の分解作業は全て引越し業者が対応しますので、お客様で分解する必要はありません。これは引越しプランに限らず、全てのプランに共通しています。

また同様に、本棚に取り付けられている棚板も、そのままの状態で問題ありません。こちらも引越し当日にスタッフが梱包して運搬しますので安心してくださいね。

ただ例外として、本棚の分解を自分で行う条件で値引き交渉している方もいらっしゃるかもしれません。この場合は、引越し当日までに本棚の分解を済ませておきましょう。

引越しでカラーボックスを荷造りする方法!

続いてカラーボックスを荷造りする方法を確認していきましょう。カラーボックスの梱包方法も基本的には本棚と同じですが、こちらも詳しく見ていきましょう。

カラーボックスの棚の荷物を梱包する!

カラーボックスの棚には、小物や化粧品など様々な荷物が収納されているかと思います。こうしたお荷物も、引越し当日までにダンボールに荷造りしておく必要があります。

カラーボックスの荷造りでは、新居で荷解きしやすいように、棚ごとにビニール袋にまとめてダンボールに梱包することがコツです。また化粧品などの液体物を荷造りするときは、引越しの最中に液漏れしても大丈夫なようにビニール袋に包んでから梱包しましょう。

引越しでは何かとビニール袋が重宝しますので、スーパーの袋は捨てずに保管しておきましょう。荷造りにあると便利なものは『完全版!引越しの荷造りに必要なものや道具を総まとめ!』でまとめています。引越しの準備をスマートに進めるためにもぜひチェックしてくださいね。

Point
カラーボックスの小物は棚ごとにビニール袋にまとめてダンボールに梱包!

カラーボックスの分解は不要!

ご自分でカラーボックスを分解する必要はありません。カラーボックスはサイズ的にも小さいですので、引越し業者も分解せずに運搬するケースが多いです。もちろん分解が必要なケースもありますが、引越し業者が対応しますので、お客様に作業が発生することはありません。

ただし単身パックで引越し予定の方は、カラーボックスを分解した方が良い場合もあります。単身パックは運送できる荷物の量が規定されています。

カラーボックスはかさばりますので、分解した方が他の荷物をたくさん運べる可能性が高いです。もちろんカラーボックスの棚にダンボールを収納できれば理想的ですが、デッドスペースを作らないために分解する方法もあるということをご紹介いたしました。

本棚やカラーボックスを処分する場合!

本棚やカラーボックスの荷造りを進めていくと、想像以上に傷んでいて処分したい気持ちになることもあるかと思います。引越し業者に処分してもらう選択肢もありますが、正直言って料金が割高なのでおすすめできません。そこで本棚などの家具を格安で処分する方法を見ていきましょう。

粗大ゴミとして処分する!

本棚などの家具を自治体に処分してもらう場合は、粗大ゴミの扱いになります。粗大ゴミの捨て方としては、自治体に予約を入れ、処理券シールを購入し、回収日に屋外に出す流れになります。粗大ゴミの処分方法は各自治体毎に若干異なりますので、詳細は各自治体のホームページなどを確認していただければと思います。

ただ本棚を粗大ゴミとして処分することはあまりおすすめできません。粗大ゴミとして処分する場合、ご自分で本棚を屋外に運び出す必要があります。本棚は分解しないと運搬できないケースも多いですし、分解しても運搬することは大仕事です。

このため本棚などの家具の処分は、次でご紹介する不用品回収業者を利用する方法をおすすめいたします。

Point
粗大ゴミは自分で屋外に出す必要があり大変!

不用品回収業者を活用する!

不用品回収業者を利用すれば、本棚の処分はもちろん、解体や運搬作業も全て対応してくれます。ご自分で本棚を運び出すことは大仕事ですので、不用品回収業者の存在は心強いですよね。

不用品回収業者を利用する場合は、いかに処分費用を安く抑えるかがポイントです。業者によって処分に必要な料金はバラバラですので、少しでも安価な業者を見つけたいところです。

ここではおすすめな不用品回収業者として「ECOクリーン」をご紹介いたします。安価な処分費用をモットーに、お客様からも高い満足度を得ているおすすめな業者です。Web見積もりなら最短30秒で料金を確認できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Point
不用品回収業者なら本棚の分解・運搬もお任せできる!



引越し当日までに棚の荷造りをしっかり終わらせよう!

いかがでしたでしょうか。完全お任せプランを除き、本棚やカラーボックスにある荷物はご自分で荷造りする必要があります。この荷造りが完了していないと運搬してくれない可能性もありますので、しっかりと対応するようにしてくださいね。

また棚の荷物をダンボールに入れるだけではバラバラになってしまいますので、ビニール袋に入れるなどして工夫して荷造りしましょう。ただし本棚の分解作業は引越し業者のスタッフが対応しますので、ご自分で準備しておく必要はありません。

それでは棚の荷物をしっかり荷造りして、万全の準備で引越し当日を迎えてくださいね!

関連記事

引越し作業員の「ひこしお」です。引越しの荷物は自分で運搬する予定だけど、タンスだけは業者を利用する方もいらっしゃいますよね。タンスは家具の中でも大型の荷物ですの[…]

タンスの引越しの料金相場